2018年04月20日

「決断力のリーダーシップ」講演会を企業の経営者、次期経営者対象に開催しました。 (東京中小企業投資育成株式会社主催)

昨日は「決断力のリーダーシップ」講演会を企業の経営者、次期経営者対象に開催しました。
(東京中小企業投資育成株式会社主催)

経営者、リーダーは正しい決断を下すことが重要です。

研修の目的として

1)決断力はトレーニングできるプロセスであることを理解する

2)決断力の8つの原則を理解する

3)決断したことは必ずやりとげるというコミットメント(決意)の重要性を理解する


1)決断力はトレーニングできるプロセスであることを理解する


ビジネス上効果的に決断力を実行するには4つのプロセスがあります。


  1. 情報収集(OBTAIN) 目標達成のために必要な情報収集をしてベストプラクティスを分析する

  1. 自分の軸を持つ(VERIFY) 分析結果を解釈し、自分(チーム)の軸を考慮し目標と戦略を決定する

  1. 伝達する(TRANSMIT) チームメンバーに目標と戦略を伝達しコミットメントを獲得する

  1. 行動(ACTION) 行動変革によりチームの目標達成の結果を出す


「決断力のマネジメント」とは単に物事を決定することではなく、チームメンバーを巻き込み、ビジネス目標達成という結果にコミットメントすることです。


そのためには4つのプロセスの理解と8つの原則、リーダー自らが最高ランクのコミットメントで行動変革する必要があります。


本講演では、その具体的ポイントを講義とワークショップで学んでいただきました。

決断力ストーリーマップ


またストーリーマップという研修内容を1枚の面白い漫画で表わした手法を使いました。


漫画を見ながら楽しく学べ、記憶効果、復習効果にも優れた画期的な研修手法です。

2)決断力の8原則を理解する


原則1 具測達一の明確な目標を持つ

原則2 ベストプラクティスを見つける

原則3 正しい決断を下す(Do The Right Thing)

原則4 長期的なビジネスに焦点をあてる(自分の軸を持つ)

原則5 目標と戦略を明確にメンバーに伝達する(OGSM)

原則6 決断したことは必ずやり遂げる(コミットメント)
原則7 目的志向を常に持つ
原則8 すべてはお客様のために

多くのビジネスリーダーが「決断力のリーダーシップ」を実践し業績をアップすることを期待しています。

   
東京中小企業投資育成株式会社
https://www.sbic.co.jp/main/company/









小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)決断力のマネジメント会社、団体紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年04月19日

『学ぶ。みがく。変わる。』かんき出版の誌面研修。『リーダー3年目の心得』

かんき出版の誌面研修『リーダー3年目の心得』を紹介します。

リーダー3年目の心得

〜忘れてはいけないリーダーの基本スキル〜

小森氏が担当するの研修テーマには、商談力/リーダーシップ/マネジメント/部下育成/決断力などがありますが、中でも中心となるのが「リーダー3年目からの教科書研修」です。小森氏の著書『リーダー3年目からの教科書』をテキストに用いるこの研修は、「リーダーシップ編」「メンバー育成編(OJT)」「マネジメント編」の3つのパートがあり、今回は、「リーダーシップ編」の内容をピックアップします。

この中でご紹介するスキルはリーダーが忘れてはいけない基本ばかり。小森氏の研修は、それを頭でわかるだけでなく、いかに実行するかにという点に重点を置いています。

“リーダー3年目”としていますが、中堅社員の方から一般管理職の方まで広い層の方々に有効な内容です。

どうぞ研修内容をご覧ください。

KIMG2411

リーダー3年目の心得

https://at-jinji.jp/expertcolumn/99

かんき出版の社員研修

https://at-jinji.jp/service/25/22





小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)リーダーシップとは?セミナー東京  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年04月18日

多くのビジネスパーソンは聞き上手(Good Listener)ではない。相手の話をしっかりと聞くことのできる人は非常に少ないと私は思っている。

多くのビジネスパーソンは聞き上手(Good Listener)ではない。相手の話をしっかりと聞くことのできる人は非常に少ないと私は思っている。

だからこそ私の「スベらない商談力」研修に多くのオファーがいただけるのだが。

では聞き上手(Good Listener)になるポイントは何であろう?

聞き上手になる3つのポイントは
.灰潺絅縫院璽轡腑鵑離廛蹈札垢鮓果的かつ正確にすること。

∀辰啓蠅ら与えられたメッセージは彼が与えようとした内容であることを確認すること。

A蠎蠅力辰鯤垢ことを楽しみ、相手の話を理解するすることに集中すること


image

具体的に聞き上手(Good Listener)になる3つのプロセスは

Hearing(相手の話を最後まで聞く)

このパートは相手の話を予想したり、自分は何を言うかを考えないで相手が何を言おうとしているかを理解することに集中することである。

Understand(相手の話を理解して確認する)

最後まで相手の話を聞いたら、自分の理解した解釈を相手に確認する。このパートは自分の意見を言うのではなく「あなたのポイントは〜〜〜ということですね。私はこのように解釈したのですが、それであってますか?」と相手の言いたいことと私が理解したポイントは合致しているかを確認すること。

React(反応する、返事する、行動を起こす)

相手の話を正しく理解した後はアクションする。例えば返事をする、意見を言う、行動する等。

以上の3つのプロセスHearing(聞く)、Understand(理解する)、React(返事する)
がエクセレントにできる人のことを「Good Listener(聞き上手)」という。

皆さんはGood Listener になってください。

image






小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)心の窓を開く6つの話法スベらない商談力  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年04月17日

「決断力はトレーニングできるプロセスである」ビジネスリーダーの皆さんがリーダーシップを発揮するために

「決断力はトレーニングできるプロセスである」
〜ビジネスリーダーがリーダーシップを発揮するために〜

決断力はトレーニングで鍛えることができるのでしょうか?私は昨年11月に「仕事ができる人はなぜ決断力があるのか」(生産性出版)を上梓し「決断力のリーダーシップ」研修を開催しています。

決断力とは「えいや〜」と物事を決めることではなく、決めた物事をチームを巻き込み、協力体制を構築し目標達成の結果を出すことです。これがビジネスリーダーの皆さんに求められていることです。

決断力には4つのプロセスがあります。

決断力の4つのプロセスとは、

‐霾鷦集→⊆分の軸を持つ→情報伝達→ぅ▲ション

決断力を鍛えるには‐霾鷦集ー決断するエリアの情報をできるだけ多く集めることです。同じような決断を過去にした人が必ずいるはずです。その人はどのような決断をしてどのような結果になったのかを知ることは貴重な情報になるでしょう。

⊆分の軸を持つー明確な決断をするには「自分は何者か?」に答えないといけません。
例えば「自分はチャレンジャーである」「自分は正直誠実である」「自分はトップセールスである」「自分は後輩育成をする人である」「自分は貢献の人である」

「自分は何者か?」これを知るには、この半年自分は何をインプット(本を読む、話を聞く、観察する、メールを読む等)、アウトプット(話す、行動する、メールを送る、書く、手紙を出す等)してきたか?
これを分析すると見えてきます。

情報伝達−決断したことをチームメンバーに伝達してコミットメント(目標達成の決意)を獲得することです。ビジネスの現場では定期的に会議をしていますが、会議の目的はチームの目標と戦略を伝達しメンバーが理解することが重要です。

ぅ▲ションー決断力とは物事を決めて終わるのではなく、決めたことをエクセレントに実行し結果を出すことが重要です。このアクションを成果の出るものにするためには、上記‐霾鷦集、⊆分の軸を持つ、情報伝達の3つが重要になるのです。

「決断力はトレーニングできるプロセスである」

今日から実践してください。

「決断力のリーダーシップ」研修 かんき出版教育事業部
https://kanki-pub.co.jp/edu/training/?p=633 





小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)決断力のマネジメント成功  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年04月13日

投資育成ビジネススクールの後継者交流コース『新輪会』(6回連続開催)で小森が第4回目12月に講師をします。

『決断力』の講演を開催します。
〜決断力はトレーニングできるプロセスである〜

投資育成ビジネススクールの後継者交流コース『新輪会』(6回連続開催)で小森が第4回目12月に講師をします。

『新輪会』後継者交流コースの紹介
(大阪中小企業投資育成株式会社主催)


『新輪会2018』講師パンフレット 
12月『決断力』講演が小森の担当です

テキスト書籍には『仕事ができる人はなぜ決断力があるのか』(生産性出版)を使います。

KIMG0384

またストーリーマップという面白い漫画を使い、楽しく、参加型で実施します。


決断力ストーリーマップ

『決断力はトレーニングできるプロセスである』ことを学んでもらうことで、ビジネスリーダーの皆さんの決断力はアップします。
そして日々のビジネス課題に正しい決断をすることで会社の業績は拡大することでしょう。

多くの次世代経営者の皆さんの参加を期待しています。

以下紹介文です。~~~~~~~~~

社長には後継者の悩みは十分には理解できません。
なぜなら、世代の違う後継者のかかえる悩みや課題、重圧は、すでに社長になって久しい社長には、時代の違う遠い認識だからです。

過去の参加者を見ていると、そんな社長に対する自分の立ち位置にとまどう傾向が見られます。
投資育成Rでは、同じ立場の後継者同士が、
それは自分一人のとまどいではないことに気付いていただくため、「教育」より「相互啓発」に重点をおいた啓発交流プログラムをご提供しています。

「20年後でもつき合っていられる仲間づくり」を目的とし、毎回、後継者に弱点を気付いていただくための「勉強会」と、腹を割った情報交換を目指す「交流会」とを組み合わせ、全く新しいタイプの後継者教育・啓発交流の「場」としています。

地域・業種を越えた後継者達が集まった過去8回のシリーズ参加者の傾向を踏まえ、今年度は、特に、多くの後継者が悩む「後継者としての必要な自覚」に焦点を当ててまいります。~~~~~~~~~

12月7日、研修会場でお会いできるのを楽しみにしています。

『新輪会』後継者交流コースの紹介


『新輪会2018』講師パンフレット 
12月『決断力』講演が小森の担当です


小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)決断力のマネジメントセミナー大阪  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年04月11日

一般参加可能な営業研修をダブルヘッダーで開催します。5月15日、SMBC コンサルティング東京主催

一般参加可能な営業研修をダブルヘッダーで開催します。

トップ営業を達成し得意先と信頼関係を構築するには手法があります。その手法を学んで営業活動をした方が効果的に売上アップが実現できます。

本研修は講義とワークショップの参加型研修で実践的に楽しく学べます。

初めての方もお気軽にご参加ください。


KIMG0553

「スベらない段取りの技術」
5月15日(火)10時〜13時
書籍『トップセールスの段取り仕事術』の内容

「スベらない商談の技術」
5月15日(火)14時から17時
書籍『スベらない商談力』の内容

(SMBC コンサルティング東京主催)

研修会場でお会いできるのを楽しみにしています。


小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トップセールスの段取り仕事術スベらない商談力  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年04月10日

友人である似顔絵セラピーのケンイチさんを紹介します。彼は似顔絵白黒部門世界チャンピオンです。

友人である似顔絵セラピーのケンイチさんを紹介します。

彼は似顔絵白黒部門世界チャンピオンです。

最近は新聞、TVによく出てますのでご存知の方も多いかと思います。

KIMG1516

ケンイチさんは病院の患者さんにカウンセリングをしながら似顔絵を描き、患者さんに元気になってもらう活動を主にしています。

病院のベットに寝ている患者さんではなく、その方が人生で一番輝いている時はいつなのか?何をしていたのか?をヒアリングしながらそれを描きます。

例えば高校時代野球部でキャプテンをしていた方であれば、ユニフォームを着てバッターボックスでホームランを打っている時の漫画を描くのです。

また企業のビジョンを社員に浸透させるための漫画、ストーリーマップという研修スキルも漫画で描いてくれます。

KIMG1519

私の研修のストーリーマップもすべてケンイチさんに描いてもらってます。

ストーリーマップは研修記憶効果に優れ、楽しく学べ、復習にも最適です。

決断力ストーリーマップ

これは『決断力のリーダーシップ』研修ストーリーマップです。

ケンイチさんのストーリーマップのお陰で楽しく研修ができ感謝です。

どうぞケンイチさんのHP をご覧ください。

似顔絵セラピーのケンイチさん


小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)決断力のマネジメント  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年04月09日

本日は講演依頼.com (株式会社ペルソン)さんを訪問しました。受付書棚に『スベらない商談力』が陳列されてました。

本日は講演依頼.com (株式会社ペルソン)さんを訪問しました。

受付書棚に『スベらない商談力』(かんき出版)が陳列されてました。

KIMG1193

訪問する講師の著書を受付に並べていただけることは嬉しいですね。素晴らしいホスピタリティだと思います。

ぺルソンさんは講演紹介実績年間2500回、登録講師7500名という規模の会社です。

今日の訪問目的は次回開催予定の『スベらない商談力』研修打ち合わせです。研修講師はエージェント(研修企画をクライアントに紹介する会社)とクライアント(研修企画を実施する会社)との信頼関係が重要です。

そして講演成功にはクライアントを深く理解し、講演内容にそのニーズを盛り込んでいくことがポイントです。

次回開催『スベらない商談力』研修を盛り上げていきたいと思います。

講演依頼.com(株式会社ペルソン)

小森康充の紹介ページ


小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)スベらない商談力会社、団体紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年04月06日

営業力強化研修の紹介~売上を最大化する営業スキルとは~「営業の基本 顧客と信頼関係を築く商談の進め方」

営業力強化研修の紹介
~売上を最大化する営業スキルとは~

「営業の基本 顧客と信頼関係を築く商談の進め方」
(SMBC コンサルティング東京主催)
5月10日(木)10時〜17時

売上を最大化するには得意先との信頼関係が最も重要です。では初対面の得意先と効率的に信頼関係を構築するにはどうすればよいのでしょう。

本研修では信頼関係構築を『心の窓を開く』というわかりやすい説明で講義とロールプレイで信頼関係構築のスキルを習得できます。

またストーリーマップという面白い漫画を使って楽しく学んでもらいます。

KIMG0205

この『スベらない商談力』ストーリーマップは似顔絵白黒部門世界チャンピオンのケンイチさんに画いてもらいました。記憶効果、復習効果に優れた画期的な研修手法です。

どうぞ一般参加可能な研修ですのでお気軽にお申し込みください。

「営業の基本 顧客と信頼関係を築く商談の進め方」
(SMBC コンサルティング東京主催)
5月10日(木)10時〜17時





小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)心の窓を開く6つの話法スベらない商談力  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

「決断力のリーダーシップ研修」の紹介。決断力はトレーニングできる。P&G創始者のウイリアム・プロクターの言葉とは。

「決断力のリーダーシップ」研修の紹介

 

P&G創始者のウイリアム・プロクター曰く

「私が今まで見てきた人たちの中で、リーダーシップを発揮できるようになった人々は、共通して次の5つの要素を持っていた。彼らは一様に、積極的で、献身的で、勇敢で、決断力があり、その上、決断したことは必ずやり遂げるという決意を持っていた。」



150115_小森康充氏_333

 

1)決断力の4つのプロセス

1) OBTAIN 目標達成のために必要な情報収集をしてベストプラクティスを分析

2) VERIFY 分析結果を解釈し、自分の軸を明確に持ち目標と戦略を決定

3) TRANSMIT チームメンバーに目標と戦略を伝達しコミットメントを獲得

4) ACTION 行動変革によりチームの目標達成


決断力のスキルを向上するには、上記1の情報収集をすることです。必要な情報を収集せずに「えいや〜」で決断したことは、たいてい後で後悔します。しかし情報収集もやりだすと時間ばかりかかりきりがありません。ここでのポイントは、ベストプラクティスを見つけることです。自分の置かれている状況に似ている過去の決断を分析しますが、成功例を分析したほうが失敗例を分析するより効率的です。

その先行事例をもとに上記¬槁犬叛鑪を立案、決定します。

そしてその目標と戦略を上記メンバーに伝達しますが、ここで「自分の軸を持つ」ことがポイントです。リーダーの自分は何者か。我々のチームはどんなチームか。ここが明確でなければメンバーから不平不満が出ることがあります。また様々な意見が出てまとまらないことにもなります。

「軸を持つ」ことは、例えば「我々のチームは全国No1の営業成績を達成するチャンピオンである」

という軸を持ったとします。そうするとリーダーとチームメンバーは「全国No1の営業成績を達成するメンバーとしての言動をすることになります」これが「軸」です。

ここでメンバーの心が一つになり、行動変革ができると結果としての目標達成(全国No1の成績)に結び付くのです。

決断力を向上するには「自分の軸を持つ」「自分は何者か」を決めることが重要です。

また決断力向上の8つの原則を以下に紹介します。


「決断力の8原則」

原則1 目標設定は「具測達一」の原則で立案する


原則2 決断する事柄に関する有効な情報をできるだけ多く集める


原則3 会社方針と一貫性のある正しい決断を下す


原則4 長期的なビジネスに焦点をあてて決断する


原則5 本当に決断すべきことに焦点をあてる


原則6 決断したことは必ずやり遂げるという強いコミットメントを持つ


原則7 目的思考を常に常に持つ


原則8 すべてはお客様のために

「決断力のリーダーシップ」研修 
https://kanki-pub.co.jp/edu/training/?p=633

詳細に興味のある方は書籍をご覧いただければ幸いです。





小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)決断力のマネジメントトレーニングスキル  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ