2017年04月26日

「営業の基本 顧客と信頼関係を築く商談の進め方」 のオープン研修をSMBCコンサルティング東京主催で開催しました。

売上を最大化する「最強の営業手法」とは?

「営業の基本 顧客と信頼関係を築く商談の進め方」

〜論理的・実践的で今日から使える成功のテクニック〜
のオープン研修をSMBCコンサルティング東京主催で開催しました。

書籍「スベらない商談力」(かんき出版)をテキストに、顧客と信頼関係を構築する手法を理論と実践ロールプレイで習得いただきました。

ストーリーマップ(研修内容を1枚の面白い漫画であらわした手法)を使い、楽しく記憶効果にすぐれた研修手法で実施しました。

image


参加者の皆さんの積極的な受講態度のお蔭で質問も多く出て効果的な研修であったと判断します。

KIMG1836


今回参加いただいた営業の皆さんがトップセールスを達成されることを期待しています。

次回の5月、6月のSMBCコンサルティング東京の研修日程は、以下となります。

「管理職 リーダーシップ入門」
5月11日午前(SMBCコンサルティング東京)
https://goo.gl/oRF7Y2

「管理職 決断力のマネジメント」
5月11日午後(SMBCコンサルティング東京)
https://goo.gl/lOe6Xd

「スベらない段取りの技術」
5月22日午前(SMBCコンサルティング東京)
https://goo.gl/EWLLTy

「スベらない商談の技術」
5月22日午後(SMBCコンサルティング東京)
https://goo.gl/dP9rmL

「スベらない段取りの技術」
6月2日午前(SMBCコンサルティング東京)
https://goo.gl/Ow09hD

「スベらない商談の技術」
6月2日午後(SMBCコンサルティング東京)
https://goo.gl/dP9rmL

では当日研修会場でお会いできるのを楽しみにしています。


2017年04月24日

「営業力強化セミナー、スベらない商談力」を開催!参加者募集中(堺商工会議所主催)

「営業力強化セミナー、スベらない商談力」を開催!参加者募集中(堺商工会議所主催)

https://drive.google.com/file/d/0B3pBWAAh-JQhN0ZKWHZVemROdzVIN2RoM05XZl83QWxaeUhZ/view

営業成績の向上には、コミュニケーションスキルが鍵となります。

「コミュニケーション」でとても重要なのが、相手の「心の窓」を開けること。

その原理を理解し、実践すれば人間関係・ 営業成績は格段に向上します。

このセミナーでは、コミュニケーション力を高め、顧客・相手が満足する商談・会話の進め方を習得し、どのような顧客・ 相手に対しても好感をもたれる対応力を身につけます。ぜひ、ご参加ください。

また、「ものづくりマッチング商談会in堺」(下記参照)での出展企業へのアプローチ対策としても、役立つ内容となっています。

【開催日時】平成29年5月17日(水)14:00〜16:00

【開催場所】堺商工会議所 本所3階中会議室

【受講料】2,160円(当所会員)/3,240円(一般)
※テキストとして「スベらない商談力(かんき出版)」を進呈。

image


【定員】30名

【対象】大阪府内の中小企業の経営者、営業責任者等

【講師】小森コンサルティングオフィス 代表 小森 康充氏

【申込方法】下記のいずれかの方法でお申し込みください。

_宍申込書に記入してFAX 072-258-5580で申込み

▲瓠璽襯侫ーム から申込み

http://www.sakaicci.or.jp/entry15.html

【振 込 先】 紀陽銀行堺支店(普)176240
       三菱東京UFJ銀行堺支店(普)0071217
       堺商工会議所 専務理事 野口 徹

【お問合先】堺商工会議所 中小企業振興部 地域振興課

TEL 072-258-5581 FAX 072-258-5580

☆☆☆ プログラム ☆☆☆

■購買の大原則とは?

■顧客と信頼関係を構築する3つのスキルとは?

■顧客の心の窓を開く6つの話法 他

■質疑応答

ストーリーマップという研修内容を面白い漫画で表したものを使い楽しく学んでもらいます。
image


当日研修会場でお会いできるのを楽しみにしています。

「営業力強化セミナー、スベらない商談力」を開催!参加者募集中(堺商工会議所主催)
https://drive.google.com/file/d/0B3pBWAAh-JQhN0ZKWHZVemROdzVIN2RoM05XZl83QWxaeUhZ/view


「決断力向上の6つのポイント」ビジネスリーダーの皆さんへ

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日は「決断力向上の6つのポイント」について紹介します。

ビジネス上の決断をする際に以下のポイントを押さえてもらうと効果的な決断ができると思います。

「決断力のマネジメント」研修で紹介している内容です。

箇条書きですが参考にしてください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「決断力向上の6つのポイント」

〜ビジネスリーダーとしてチームを成功に導くために〜

企業方針と一貫性のある正しい決断をくだす。

「Do The Right Thing!」(正しいことをしろ!)

レポートと事実に一貫性を持たせる。

目的思考を常に持つ Objective Mind !  

目標は不可能と思えるくらいのものがよい。

「具測達一」の原則を徹底する!「具体的」「測定可能」「達成可能」「一貫性」

ベストプラクティス(成功事例)を3点セットで分析

必要な情報はすべて揃えること。
情報源は1)会社が保存している資料、2)上司、同僚、得意先からのインプット、3)業界誌、書籍、インターネット情報

「FACT(事実)」「MATH(数字)」「LOGIC(論理)」の3点セットで分析

長期的なビジネスに焦点をあてる

「決断のための自分の軸を持つ」

自分は何者か?自分は日々何をインプット、アウトプットしているか?
1) 自分は何を知って何を知らないか?
2) 自分は何を成し遂げようとしているか?
3) 目標達成のために何をするか?

本当に決断すべき事柄に焦点をあてる

Need to have と Nice to have の違いを確認。Need to have の仕事に集中する

OGSMの目標設定 (目標と戦略を明確にする)
Objective(目的を言葉で)    Goal(目標、数字)
Strategy(戦略:目標達成の方法を3つ)   Measurement(戦略の途中経過の測定)

決断したことは必ず最後までやり遂げる

「Vision(ヴィジョン)を明確にする」
コミットメント(決断)の5つのレベル
1)したくない、
2)結果は達成したいが努力はいやだ、
3)できるかもしれない
4)最善の努力をする、
5)何が何でもやってみせる →このコミットメントで仕事をする

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
以上今日から実践してください。



小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)トレーニングスキル  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年04月23日

「チームを動かすための管理職塾2017(第6期)」(大阪中小企業投資育成株式会社主催)を開催します。参加者募集中です。

ビジネスリーダーの皆さんへ

6年連続で開催している大阪のリーダー塾の紹介です。

この塾はビジネスリーダーを対象に「チームを動かすために重要な3つのスキル」、.蝓璽澄璽轡奪廛好ル、部下育成OJTスキル、マネジメントスキル、の3つをを習得するため、6回連続インターバル形式で開催するものです。

研修は講義に加え、ワークショップ、発表を多く取り入れ参加型、実践的に実施します。

以下ご案内です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「チームを動かすための管理職塾2017(第6期)」 (2017.10〜2018.03) 参加者募集中!
(大阪中小企業投資育成株式会社主催)

投資育成会社のHP
https://www.sbic-wj.co.jp/school/?seq=2751

管理職塾2017のPDFダウンロードページ
https://www.sbic-wj.co.jp/data/files/seminar/00002751.pdf

「3年間で結果を出せないリーダーは、その後も良きリーダーになる可能性は低い。」と言います。

リーダーの役割は、.蝓璽澄璽轡奪廖↓⊃佑魄蕕討襦↓マネジメントです。そのためにはメンバーとの「信頼関係」はなくてはならないものであり、このためのコミュニケーション能力は非常に重要です。

この基本的なことをおさえていないリーダーは、空回りし、チームを動かし成果を上げることが難しいと言えます。

企業の多くは、プレーヤーとして成果を上げてきた人材を管理職に登用しています。しかし、そのような人材が必ずしもチームとして成果が上げられるとは限りません。むしろ昇格した後、部下を使いこなせずパフォーマンスが落ちる人も見られます。

自分と他人が「違う」ことをわかっていないからです。

管理職としてのリーダーの役割で最も重要なことは、部下を育成し、チームを動かして、会社としての目標を達成することです。

開催日時
2017年10月11日(水)〜2018年3月15日(木) 全6回 10:00〜17:00

開催場所
大阪中小企業投資育成株式会社 セミナールーム
大阪市北区中之島3−3−23 中之島ダイビル 28階
(京阪中之島線「渡辺橋駅」2番出口より徒歩1分)

費用
投資先企業価格 178,000円(1人目    消費税込・昼食含まず)
   〃    148,000円(2人目以降 消費税込・昼食含まず)
一般企業価格   198,000円(1人目    消費税込・昼食含まず)
   〃    168,000円(2人目以降 消費税込・昼食含まず)
<東京投資育成、名古屋投資育成の投資先様(関連会社を含む)は投資先企業価格になりますので、申込書通信欄にその旨ご記入下さい>

講師
小森 康充 氏(元P&G アジアパシフィック最優秀マネージャー)

お問い合わせ先
大阪中小企業投資育成株式会社 (担当:事業支援部 石田・中川・中島)
〒530-6128 大阪市北区中之島3-3-23 中之島ダイビル28階
TEL 06−6459−1700  FAX 06−6459−1703

投資育成会社のHP
https://www.sbic-wj.co.jp/school/?seq=2751

管理職塾2017のPDFダウンロードページ
https://www.sbic-wj.co.jp/data/files/seminar/00002751.pdf

当日研修会場でお会いできるのを楽しみにしています。





「思考力、問題解決能力とは?」 問題解決の3つのステップを紹介します。

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日は「思考力、問題解決能力」のスキルのポイントについて紹介します。

以下箇条書きですが、研修で紹介するポイントです。参考にしてください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「思考力、問題解決能力」とは

1) 勘と様々な資料から得たデータを組み合わせ、確固たる論理に裏付けされた結論を導き、
そこから問題解決のための確実なプランを導き出すことができる。
2) 過去の成功例、失敗例を参考に、より良い方法で問題解決にあたることができる。
3) 発生しかけている問題を認識し、その都度適切に処理している。

「問題解決の3つのステップ」

問題を明確にする
問題への対処方法を決定する
具体的解決策(アクションプラン)を決定する

問題を明確にする

「問題」とは何か
わからないこと      ⇒    疑問、質問
困っていること      ⇒    困惑、当惑
変わっていること     ⇒    異常、逸脱
意見が分かれること    ⇒    争点、論点
差し障りのあること    ⇒    障害、支障
どうにもならないこと   ⇒    拘束、不条理
つじつまが合わないこと  ⇒    矛盾、対立
見通しがたたないこと   ⇒    予測不可能

「問題の把握」
どこで起こっているのか?(自分の回りだけ、他のところでも)
どの分野で起こっているのか?(領域、段階、エリア)
どのような形であらわれているのか?
新しい問題なのか?(初めての、未経験の)
今後、また起こり得る(継続して起こる)問題なのか?
何故、そういった問題が起こるのか?
誰にとって1番問題なのか?
放置しておくとどうなるのか?
自分1人で解決できるものか?

「問題の確認」
この問題は今までも取り上げられたことがあるか?
その時には、どのような形で取り上げられたか?
その時の結果はどうだったか?
以前に、それと似た問題はなかったか?
以前にも似た問題が起こっていたにも拘らず誰も気づかなかったのか?


「取り組むべき問題なのか?」
その問題を、なぜ、今取り上げなければならないのか?
今、取り上げないと、どういうことになるのか?
今、取り上げて手を打っておくと、どのようなプラス面があるか?


「問題の広さ、深さ、重さのチェック」
それは誰にとっての問題なのか?
職場にとってはどうなのか?
会社にとってはどうなのか?
業界にとってはどうなのか?
消費者にとってはどうなのか?
地域の住人にとってはどうなのか?


「問題解決の行動を起こす前に」
その問題を解決するとどうなるのか、解決しないとどうなるのか?
その問題を解決すると誰が一番利益を得るか、誰と誰が喜ぶか?
その問題を解決しないと、誰が一番被害を受けるか、誰と誰が困るのか?
その問題を解決しても、得にも損にもならないのは誰か?
その問題を解決することに対して反対(抵抗)しそうなのは誰か?
その問題を解決することに対して賛成(支持)しそうなのは誰か?

問題への対処方法を決定する

「問題への対処の6つの方法」
意思決定を行う
個別に何人かと話し合う
何人かのグループに相談する
他者による意思決定を促進する
問題を誰かに任せる
問題を無視する(回避する)


具体的解決策(アクションプラン)を決定する

「具体的解決策(アクションプラン)を決定する」
解決策に複数の選択肢を用意する
選択肢を評価する
成功の可能性を考慮して意思決定を行う

問題に対する2つの対処の方法
今起こっている緊急の問題に対処する
その問題の根本原因は何かを明確にし、次回起こらないように対処する

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
以上、今日から実践してください。


小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)トレーニングスキル  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年04月21日

No1営業マンを育てる営業部門強化研修の紹介 参加者募集中(大阪府工業協会主催)

No1営業マンを育てる営業部門強化研修の紹介
参加者募集中(大阪府工業協会主催)
https://goo.gl/Lg2Cxp

本研修はトップ営業マンを育成することと、御社の営業組織力を強化することを目的に開催します。

ポイントは営業マン個人の営業力強化をAコース、Bコースで紹介し、営業管理職対象のマネジメント研修をCコースで紹介します。

各コース2日研修になっており、ABC全コース受講で6日間になります。

全コース受講をオススメしますが、もちろん1コースのみの受講もOK です。

研修は講義に加えワークショップ、ロールプレイを多く取り入れ実践的、楽しく実施します。

積極的にご参加いただければ幸いです。

参加者募集中(大阪府工業協会主催)
https://goo.gl/Lg2Cxp

以下が申込み先のURLです。

Aコース 「スベらない商談力研修」
(5/18・6/22):http://www.opmia.or.jp/seminar/2669

Bコース 「トップセールスの段取り仕事術研修」
(7/13・8/8):http://www.opmia.or.jp/seminar/2671

Cコース 「営業マネジメント研修」
(9/5・10/10):http://www.opmia.or.jp/seminar/2672

では当日研修会場でお会いできるのを楽しみにしています。

プレゼンテーションの語源はプレゼント(贈り物)である!自慢話になってはいけない。

プレゼンテーションの語源はプレゼント(贈り物)である!自慢話になってはいけない。

ビジネスリーダーの皆さんは、得意先、社内でプレゼンテーションをする機会は多いのではないでしょうか?

研修で紹介するプレゼンの基本の3つのポイントを紹介します。

プレゼンテーションンの3つのポイント

.廛譽璽鵐董璽轡腑鵑慮豸擦魯廛譽璽鵐函並り物)です。

「聴衆のために」という気持ちが大事。

そのためには聴衆は誰か?をよく知ることが重要です。聴衆は何を聞きたいと思っているか?

聴衆のわかりやすい言葉は何か?これを準備することです。

▲廛譽璽鵐董璽轡腑鵑量榲と到達点を明確にすること

目的は何か?は最も重要です。

プレゼンの目的は、大きく分けて2つあります。

1)アクション・オブジェクティブ(相手に行動を求める) これには3ステップがあります。

(1)提案する、(2)同意を求める、(3)行動を起こさせる

2)インフォメーション・オブジェクティブ(情報提供する) 以下の3つのポイントがあります。

(1)分析結果を報告する、(2)特定事項に関する状況を報告する、(3)知識や経験を要約し報告する

重要なことはプレゼンの目的がどちらかを明確にすることです。

ポイントを3つにまとめる

海兵隊の研究で命令を3つにすると兵士が従いやすいというデータがあるようです。

私が講演でポイントを3つにまとめるメリットは、]辰啓蠅話しやすいこと、∧垢手が覚えやすいこと、O辰鯤垢海Δ箸いδ阿手のモティベーションがアップすることがあります。

以上がプレゼンの基本の3つのポイントです。

今日から実践してください。






小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)プレゼンテーション  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

「営業の基本 顧客と信頼関係を築く商談の進め方」研修を開催!(4月25日開催、参加者募集中)

一般参加可能な営業研修を東京で開催します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
売上を最大化する「最強の営業手法」とは?

「営業の基本 顧客と信頼関係を築く商談の進め方」研修を開催!(参加者募集中)
〜論理的・実践的で今日から使える成功のテクニック〜
詳細、申し込みページ(SMBCコンサルティング東京主催)
https://goo.gl/F6FwRw

研修日時:2017年04月25日(火) 10:00〜 17:00

概要*近年のお客様は、法人・個人を問わず製品知識や購買経験が豊富で、常に多忙を極めています。このため、自分の役に立ちそうもない営業担当者と会うことはありません。
これからの営業活動は、お客様の意思決定のプロセスをしっかり理解し、論理と心に訴える商談を展開していかないと成果は得られません。
本セミナーでは、お客様の購買決定のメカニズムを心の扉で表現し、各段階にあった適切な商談の進め方を学んで頂きます。
新任〜中堅の営業担当の方の積極的なご参加をお待ちしております。

※配布書籍:『スベらない商談力』(かんき出版)
image


研修のメリット
◎顧客と信頼関係を築くための、営業の心構えと商談の進め方が理解できる
◎顧客の本当のニーズ・ウォンツを引き出すコミュニケーションスキルが身につく
◎クロージングに強くなり成約率がアップする

プログラム
1.はじめに
  1)商談は、お客様の心の窓を開くことから始まる
  2)心の窓が閉じているときに商品をアピールしても、商談はスベるだけ
  3)お客様と信頼関係を深め、心の窓を全開にする

2.購買の大原則
  1)お客様は、なぜその商品を買うのか?
  2)お客様は営業が売りたいモノを買うのではない

3.お客様と信頼関係を築くには
  1)正直で誠実な態度で接する
    ●あいさつをしっかりする
    ●約束を守る
    ●公平に接する
    ●感謝の気持ちを持つ
  2)お客様の話をしっかり聴く
    ●お客様より自分の方が話していないか?
    ●人は、自分の話をよく聴いてくれた人に心の窓を開く
    ●心の窓が大きく開いているときこそ、商品を売り込む絶好のタイミング!
  3)コンタクト回数の法則 
    ●会う回数をとにかく増やす 
    ●会話の回数を増やし、心の窓を少しずつ開いていく
  4)買ってくれないお客様は将来の宝物
    ●今、買ってくれないお客様は、将来のお客様候補
    ●お客様を宝物と思えれば、将来の結果は見事に違ってくる

4.お客様の“本音”を引き出す 6つのテクニック 
  1)「この商品売ってよ」とお客様に言わせる 〜「リスニング」のテクニック〜
  2)話をどんどん引き出す 〜「誘導」のテクニック〜
  3)目は口ほどにモノを言う 〜「アイコンタクト」のテクニック〜
  4)沈黙は金 〜「ポーズ(沈黙)」のテクニック〜
  5)相手の話をもっと深める 〜「ミラー」のテクニック〜
  6)他にないですか? 〜「話題変換」のテクニック〜

5.お客様の“買った!”を引き出す 5つのステップ
  1)お客様のニーズ(条件)を確認する
  2)アイデアを提案する
  3)アイデアを具体的に説明する 
  4)利点を強調する
  5)お客様の同意を得る

6.お客様の“イエス”を引き出す クロージングの決めゼリフ
  1)ストレートに注文を聞く
  2)二者択一してもらう
  3)相手に答えてもらう
  4)次の行動を述べる
  5)沈黙する

7.おわりに
  できる営業は、目標も高く、成功を信じる力も高い
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
研修はロールプレイを多く取り入れ参加型、実践的に行います。
初めての方もお気軽に参加ください。

「営業の基本 顧客と信頼関係を築く商談の進め方」研修を開催!(参加者募集中)
〜論理的・実践的で今日から使える成功のテクニック〜
詳細、申し込みページ(SMBCコンサルティング東京主催)
https://goo.gl/F6FwRw

当日会場でお会いできるのを楽しみにしています。

2017年04月20日

「トップセールスの段取り仕事術」(PHP ビジネス新書)、先週の文教堂書店浜松町本店の教養新書ランキング16位に入りました。

「トップセールスの段取り仕事術」(PHP ビジネス新書)、先週の文教堂書店浜松町本店の教養新書ランキング16位に入りました。

image


トップセールスを達成するには手法があります。

本書は、目標設定の重要性「具測達一の原則」(具体的、測定可能、達成可能、一貫性)

営業のアピールポイント、効果的な訪問計画、タイムマネジメント、新規開拓の成功例、営業に必要な各種チェックシート等を紹介しています。

今後も多くの若き営業に読んでいただければ幸いです。

文教堂書店浜松町本店、教養新書ランキング
4月9日〜15日、
http://www.bunkyodo.co.jp/danhp/hama/007-004-05.htm

「営業研修はアクションラーニングで定着化する」人材育成は繰り返しが重要です

「営業研修はアクションラーニングで定着化する」

人材育成は繰り返しが重要です。

「OJT部下育成研修」でいつも紹介しますが、

トレーニングの3ステップは、|亮陰▲好ル→習慣化(ハビット)、です。

つまりトレーニングとは、仕事上の|亮韻魍个─△修譴鮖箸い海覆擦覘▲好ルを身に着け、
毎日、すべての仕事でスキルが使いこなせる習慣化までいくことが重要です。

営業研修も1回で終わってしまうのではなく、2回目、3回目のフォロー研修をすることで学んだ知識を覚え、
研修のスキルを実践で使った成功例のベストプラクティスをで発表し、それを習慣化するまでトレーニングを継続することが重要です。

2回目以降のフォロー研修では、1)初回研修の復習、2)実践例発表(ベストプラクティス)、3)上級スキルの紹介、の3ポイントを実施します。

3回目以降も同様です。営業研修はできれば1年を通じたプログラムにすることが理想ですが、最低3回連続研修をオススメしています。

3回やるとほとんどの参加者が知識を覚え、実践スキルをベストプラクティス発表で理解し、自らスキルを実践できるところまでいきます。

つまり研修の成果が実際の成功例として見える化できるのです。

実践営業研修のアクションラーニングに興味のある方は以下のHPをご覧願います。

「営業研修はアクションラーニングで定着化する」システムブレーンHPより
https://www.sbrain.co.jp/cc/corporation/cor-support/cor-support-planning/6687

小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ