2018年08月09日

ビジネスリーダーの皆さんは決断力がありますか。

ビジネスリーダーの皆さんへ

皆さんはビジネス上の決断力がありますか。

そもそも決断力のポイントとは何なのでしょう。

中小企業庁のビジネス応援サイトのミラサポで『決断力向上の秘訣』記事が人気サイトになっているそうです。

『決断力向上の秘訣』ミラサポの記事

また大阪でデモセミナーを開催します。

『決断力のリーダーシップ』デモセミナー
参加者募集中です。どうぞご参加ください。(大阪中小企業投資育成株式会社主催)

KIMG1943

当日研修会場でお会いできるのを楽しみにしています。


小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)決断力のマネジメント  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年08月07日

八尾高校水泳部OB OG 会主催の第2回就職ガイダンスを8月5日開催しました(8/5 於ゆうかりホール)!


八尾高校水泳部OB OG 会主催の第2回就職ガイダンスを開催しました

(8/5 於ゆうかりホール)!


これから就職を目指す若手OBOGのための就職ガイダンス第2弾、民間企業編を開催しました。銀行も含む国内企業3社と外資系企業2社の計5社(うち3社は年間売り上げ1兆円超の大企業)での経験を持つ水泳部OBからそれぞれの仕事の内容、就職活動に必要なことがレポートされました。


KIMG2044

とくに興味を引いたのは外資系企業と日本企業との企業文化の違いであり、社員に対する期待感の違いです。前者では上司は社員に権限を委ねる(もちろん責任も負わねばならないが)とともにトレーニングと情報を提供し業績を上げさせるやり方で、日本の企業が採っている方法(上司に権限が集中し部下へは命令)とは真逆のものです。


従って就職にあたっては、自分に何ができるのかという自己分析や自己価値を高めることが重要なポイントとなるとのことでした。


参加された年配のOBからも「今日のガイダンスはお金を払って参加するセミナー並みの面白さだ」との声ももれました。今後、グローバル化そして不確実性が増すと言われるビジネスの世界に対して、就職していく若いOBOGにはきっと示唆に富んだ内容になったと思われます。


このような機会をもっと多くのOBOGに伝えていけるよう、方法なども含めて今後の就職ガイダンスを改めて検討していきたいと思います。

(文責 西山会長)







小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)リクルーティング  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

大阪府立八尾高校水泳部OB OG 総会を開催しました。午前中はプールでOB 対現役対抗リレーをやりました。

八尾高校水泳部OB対現役対抗リレーやりました 

総会前プール開放で

 OB対 現役対抗リレーは、OB 萬谷さん、山下さん、小野さん、田邉さん、小森さんの5名と現役18名の合計23名が参加。


KIMG2029

メドレーリレー、平泳ぎリレー等で競い合って大変盛り上がりました。あるOBから「張りきりすぎて脚の筋肉が変!」との声もでるほどでした。


水泳部OBOG会平成30年度総会を開きました


29年度にお亡くなりになった20期北川一郎氏、4期田中紀久男氏の人となりをお聞きしたのちに黙とうを捧げ総会に入りました。

行事の報告では新OBOG歓迎会の実施、就職ガイダンスの報告、近畿新人水泳大会に出場した山下・山本両君への表彰、現役部員への贈答品など精一杯の取組や新しい取組を参加者全員で確認しOBOG会のより発展を誓いました。


その後、表彰状の授与では9cmもあるクリスタルメダルに驚きの声も上がり、副賞のスイミングスヌーピー貯金箱には「お金をいっぱい貯めます」との元気な返事が返ってきました。


現役部員への贈答品の授与の後、恒例の懇親食事会では真剣なまなざしで先輩たちの声を聴く部員たちの姿が印象的でした。今後とも現役部員たちを支援していきたいと思いますので会費の納入などご協力をよろしくお願いします。(文責 西山会長)


八尾高校水泳部OB OG 会のFace book 

https://m.facebook.com/ysc.obog/?locale2=ja_JP



小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)人を育てるには会社、団体紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年08月04日

オープン参加可能な営業研修を紹介します。年間を通してSMBC コンサルティング主催で研修を実施しています。

営業リーダーの皆さんへ

オープン参加可能な営業研修を紹介します。

年間を通してSMBC コンサルティング主催で研修を実施しています。会場は日本橋(東京)です。

参加人数40名くらいで各社から1名〜4名参加のイメージです。6名島形式でワークショップを多く取り入れ参加型で行います。

下記1)9月18日と 2)11月2日が「トップセールスの段取り仕事術」(新書)の内容が午前中3時間、「スベらない商談力」の内容が午後3時間のダブルヘッダーで行います。片方だけの受講もOKです。

KIMG0205

午後の「スベらない商談の技術」は上記研修内容を面白い漫画であらわしたストーリーマップを使います。

3)11月7日は「スベらない商談力」の内容を10時〜17時まで1日かけて行います。

1)9月18日(午前3時間、午後3時間のダブルヘッダーです。両方の申し込みをお薦めします。)

「スベらない段取りの技術」10時〜13時
(トップセールスの段取り仕事術の内容です。)

「スベらない商談の技術」14時〜17時
(スベらない商談力の内容です)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2)11月2日(午前3時間、午後3時間のダブルヘッダーです。 両方の申し込みをお薦めします。 )

「スベらない段取りの技術」10時〜13時
(トップセールスの段取り仕事術の内容です。)

「スベらない商談の技術」14時〜17時
(スベらない商談力の内容です)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

3)11月7日
「営業の基本 顧客と信頼関係を築く商談の進め方」10時〜17時
(スベらない商談力の内容の1日研修です)

多くの営業の参加を期待しています。では、当日は研修会場でお会いしましょう。


小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)スベらない商談力トップセールスの段取り仕事術  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年08月03日

「スベらない商談力」(かんき出版)本日の日経産業新聞11面のビジネス書ベストセラーランキング第6位です。

「スベらない商談力」(かんき出版)本日の日経産業新聞11面のビジネス書ベストセラーランキング第6位です。企業の営業研修テキスト書籍として活用いただいていることに感謝です。

日経産業

-8-3日経産業新聞2018

実績データは紀伊国屋書店梅田本店(7月16日〜29日)です。

得意先との信頼関係構築のポイントは相手の心の窓を開くことにあり。

商談力2018

本書は営業の基本である信頼関係構築のポイントをわかりやすい「心の窓」という言葉で紹介したものです。新人営業から営業管理職まで読んでいただける実践的な内容です。

継続して営業のバイブルとして多くの営業に読んでいただければ幸いです。






小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)スベらない商談力本の紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年08月02日

P&G10の企業文化とは?なぜP&Gは人材輩出企業と言われるのか?

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日は古巣のP&Gの10の企業文化を紹介したい。企業文化は一言では表せないが私が17年間過ごした中で感じたものを紹介したい。

P&G
企業文化の10のポイント


1)Statement of Purpose(企業理念:上記添付)

2)Consumer is Boss
(お客様がボス)

3)Servant Leader(私はサーバントリーダーだ)     

4)Up or Out(出世するか、さもなくば去れ)

5)Deep Thinker(深く考えろ)

6) Do The Right Thing(正しいことをしろ)

7)Result Oriented(結果にフォーカス)                     

  8)Representative(私は組織の代表だ)

9)Need to have  -  Nice to have                          

  10)Award System (Trend-Action-Result

 

上記具体的企業文化のポイントは日本の企業でもお題目としてよくあるが、P&Gの優れている点は、すべての社員の言動レベルに上記ポイントが浸透していることである。

 

例えばUP or OUT」というのは、P&Gは終身雇用ではなく、UP(出世し続ける)かさもなくばOUT(会社を辞めるか)を選べ。という意味である。業績が3年連続して上がらなければ会社を去る決断をしなければならないことが多い。そのような厳しい会社がなぜ人材輩出企業と言われるのか?

 

それは会社のヴィジョンへの共感、チームの信頼関係、チャレンジングな目標、等が社員を惹きつけているのである。そして何よりもビジネスパーソンとして自分の能力を高めることができることが最大のメリットであると思う。

私のP&G1987年入社は30名ほどいたが、現在P&Gに在籍しているものは数名しかいない。

多くはP&Gを卒業したが転職先の外資系企業の社長、副社長、事業部長クラスで活躍している。
中には弁護士になった同期もいる。まさにP&G学校を卒業して社会で活躍している。

P&Gの人材育成システムこそが社員満足度を高め人材を惹きつけるモティベーションになっているのである。

 

 

 

 

 



小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)P&G人を育てるには  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年08月01日

信頼関係を構築しコミュニケーションを強化する「スベらない商談力」研修ストーリーマップ

信頼関係を構築しコミュニケーションを強化する「スベらない商談力」研修ストーリーマップ

 

下記漫画はストーリーマップといい、私の研修ツールとして座長の村岡ケンイチさんに作成いただいたものである。


ストーリーマップとは、信頼関係構築研修のポイントを1枚の面白い漫画で表したもので、学んだ内容の記憶効果、復習効果に優れ、楽しく学べるという利点がある。

 

image


「スベらない商談力」研修(ストーリーマップ 

 

全体像を説明すると、中央上部の山の絵は「人は好きなもの、欲しいもの、必要なものを買う」という購買の大原則を表している。

それを3つの手のひらが支えている。これが信頼関係構築の3つのポイント\議樟深造並崚戞↓▲灰鵐織ト回数(接触回数を多く持つこと)、A蠎蠅鯤物と思う。

その周りを陸上トラックのような道が丸く囲んでいる。左の青いトラックが相手の話を聞く、心の窓を開く6つの話法、右の赤いトラックが相手を説得する6つの話法である。左の青いトラックに6つのシャッターのような絵がある。これが心の窓で会話の初めの1のフラッグでは相手が警戒心を持ち心の窓が閉じている、それが相手の話をしっかりと聞くことで徐々に心の窓が開いてきて6のフラッグで全開に開いている。

コミュニケーションとは相手の心の窓を開くことである。心の窓が開いた後で赤いトラックで自分のアイデアを相手に伝え説得する。コミュニケーションとは相手の話を聞くことから始まるのである。

以下にワークショップを紹介するので、特定の相手をイメージして5段階自己評価を付けてほしい。
 

 

信頼関係の構築の4つのポイント(ワークショップ)

  (1:全くできてない、2:どちらかというとできてない、3:平均、4ある程度できている、5:よくできている)

 

1)  正直、誠実な態度で接する               (1, 2, 3, 4, 5)

(挨拶、時間を守る。約束を守る。良識ある行動。感謝の気持ち、公平性)

 

2)  相手の話をよく聞く                    (1, 2, 3, 4, 5)

(自分の意見を言う前に相手を理解する。相手の話を先に聞く。話を遮らない)

 

3)  コンタクト回数を多く持つ                (1, 2, 3, 4, 5)

(挨拶をしっかりする。会話の回数を多く持つ。メールよりも会う、電話を使う)

 

4)  相手を宝物と思う                     (1, 2, 3, 4, 5)

(相手を尊重する。将来すばらしいパートナーになれると信じる。自分を信じる)

平均点                              (1, 2, 3, 4, 5)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今日から活用してほしい。



小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)スベらない商談力  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年07月27日

P&Gが人材輩出企業と言われる5つのポイントとは?

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日は古巣のP&Gの優秀さの話をしよう。

 プロクター・アンド・ギャンブル(P& G)は、米国本社の世界最大の消費財メーカーで1837年に設立され世界180カ国以上で事業展開し世界でも収益性の優れた企業として知られる。

マーケティングに極めて強い企業として社内ブランド・マネジャー相互の競争はきわめて激しい。

ビジネス誌フォーチュンにて、「社員の能力」が業種を超えて世界ランキング第1位に選ばれており、人材輩出企業としても評価が高い。P&Gのブランド戦略は、MBAのケーススタディとしてもよく取り上げられる。

日本の女性管理職比率は30%以上である。



image

 

P&Gが優秀な5つのポイント

私のP&Gで過ごした17年間の経験からP&Gが優れていると思うポイントは

1)若い社員に権限を与える     

2)トレーニングが優れている(上司がトレーナーである)


3)社員を大切にするが実力主義  

4)ダイバーシティに優れている(男女平等、国籍、出身大学関係なし)


5)目的思考、戦略思考に優れている

例えば30年前の1987年私はP&G営業本部に配属され入社半年(6ケ月)で和歌山県(人口110万人)全域のエリアマネージャーになった。和歌山県の責任者つまり、P&Gの代表である。
 当時競合の花王は和歌山に30人(販社含む)、ライオンは5人、ユニ・チャームは3人であった。それに対しP&Gは新入社員の私1人である。

右も左もわからない新人に和歌山県をなぜ任せられたのか?

それはトレーニングシステムが充実しているからである。課長がトレーナーであり、専任のトレーナーからも指導をしてもらった。またブランド戦略が明確なため、何をどう売り込むのかも明確であった。

売上目標もチャレンジングであり、得意先との共同企画、卸店の企画等も稟議書により認められる、まさに結果にフォーカスした販売企画のシステムがあったのである。

その稟議書には目的思考、戦略思考が求められる。

何を目的にそのプロモーションをするのか?その戦略は目的達成に最も有効なものか?その理由は何か?
等、ロジックを求められるのである。

自然と仕事をするうえで「目的は何か?」を常に考える目的思考が身に付いてくるのである。

そのようなP&Gの実力主義のカルチャーの中で17年間を過ごした私は、チャレンジングな売上目標を達成する営業スキルを自然と身に付けていったのであった。P&Gで学んだスキルや様々な経験は書籍やこのブログにて紹介しているのでよければご覧いただきたい。

P&G
https://jp.pg.com/













小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)P&G  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年07月26日

紀伊國屋書店梅田本店の小森コーナーに4冊の書籍を継続ディスプレイしています。

紀伊國屋書店梅田本店の小森コーナーに4冊の書籍を継続ディスプレイしています。

KIMG1952

ビジネス書籍営業棚の左コーナースペースですが、ボード、DVD 付きで小森の研修の声が常時流れてます。

KIMG1954

通常のビジネス書籍は2週間〜1月平積みになり売れなければ直ぐに平積みがなくなります。

それが年間常設ディスプレイしてもらっているのはありがたいです。

KIMG1953

企業研修テキスト書籍としても多くの企業が継続して活用いただいてます。

書籍は
 悒好戮蕕覆ぞγ摸蓮(かんき出版)
◆悒蝓璽澄3年目からの教科書』(かんき出版)、
『トップセールスの段取り仕事術』(PHP ビジネス新書)、
ぁ愡纏のできる人はなぜ決断力があるのか』(生産性出版)

KIMG1943

また10月11日(木)18時〜紀伊國屋書店梅田本店主催で講演会を予定してます。
詳細は9月に連絡しますので楽しみにしてください。

ご都合があえば、紀伊國屋書店梅田本店の小森コーナーに、どうぞお立ち寄りください。

紀伊國屋書店梅田本店


小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)本の紹介会社、団体紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年07月25日

クライアント企業にて「スベらない商談力」研修を実施しました。営業には手法があります。

クライアント企業にて「スベらない商談力」研修を実施しました。

ストーリーマップ(研修内容を1枚の面白い漫画に描いた研修手法)を使って得意先との信頼関係を構築して売上を最大化する手法を紹介しました。

この「スベらない商談力」研修はこの10年間、多くのクライアントで連続開催していますが、「購買の大原則」が根本になっています。

そもそもクライアントはなぜ商品を買うのか?
それは「その商品が、好きだから、欲しいから、必要だから」のどれかに合致した時に商品を買うのです。

KIMG0205

その購買の大原則を3つの手のひらが支えているという漫画です。これが信頼関係を構築する3つのポイントです。\議樟深造並崚戞↓▲灰鵐織ト回数、A蠎蠅鯤物と思う

そして相手の心の窓を開く6つの話法(漫画の左側の青いトラック)と説得的販売の5つの話法(漫画の右側の赤いトラック)の説明に続きます。

営業には手法があります。

その手法を学んでもらって営業活動をしたほうが、効果的に売上目標を達成できます。

「スベらない商談力」多くの営業に読んでもらえれば幸いです。


 

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)スベらない商談力  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ