2017年10月31日

「決断力のリーダーシップ研修」のご案内。決断力はトレーニングできます。

P&G創始者のウイリアム・プロクターは、次のような言葉を残しています。

「私が今まで見てきた人たちの中で、リーダーシップを発揮できるようになった人々は、共通して次の5つの要素を持っていた。彼らは一様に積極的で、献身的で、勇敢で、決断力があり、その上、決断したことは必ずやり遂げる。これら5つの特徴のうち、特に最後の「決断力」が大切だが、どれひとつ欠けても、リーダーシップを充分に発揮できる人にはなれないだろう。換言すれば、これらの5つの要素をそなえている人は、大いにリーダーシップを発揮し、まちがいなく成功していくことだろう。」

【研修のねらい】
1.決断力はトレーニングできるプロセスであることを理解する
2.決断力の8つ原則を理解する
3.最高ランクのコミットメントを獲得する手法を理解する
  
【研修の効果】
1.リーダーが日々直面する決断を戦略的に効率よく下せるようになる
2.間違った決断をなくすことにより効率的にビジネス目標が達成できる
3.リーダーの決断力が向上することで組織力の強化が達成できる
  
【1クラスの受講人数】 24名
【研修日数】 1日
  
【カリキュラム例(1日の場合)】
1.オリエンテーション(自己紹介、研修の目的)

2.決断力はトレーニングできるプロセスである
 ・ビジネス上効果的に決断力を実行する4つのプロセス
 ・決断力の振り返り(ワークショップ) 
  「日頃のビジネス上の決断はどのようにしていますか?」
  「その決断は正しく良い結果になることが多いですか?それともうまく結果につながらず後悔することもありますか?」
  4名のグループで15分ほど対話・発表。講師によるワンポイントアドバイス

3.決断力の8つの原則を理解する
 (原則1)具測達一の原則で目標を設定する
 (原則2)決断する事柄に関する有効な情報をできるだけ多く集める
 (原則3)会社方針と一貫性のある正しい決断を下す
 (原則4)長期的なビジネスに焦点をあてて決断する
 (原則5)本当に決断すべきことに焦点をあてる
 (原則6)決断したことは必ずやり遂げるという強いコミットメントを持つ
 (原則7)目的思考を常に持つ
 (原則8)すべてはお客様のために
 ※各原則の講義の後、ワークショップもしくは、ワークショップ(コーチング)を実施

4.まとめ
 ・リーダーは会社方針に則り、常に目的意識を持ち、すべての有効な情報を収集分析し、長期的なビジネスに焦点をあてて決断すること
 ・そして本当に決断すべきことに焦点をしぼり、決断したことは必ずやり遂げるという強いコミットメント(決意)を持つこと
 
「決断力のリーダーシップ」研修(かんき出版教育部)
https://kanki-pub.co.jp/edu/training/?p=633

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)決断力のマネジメント  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

一般参加可能なリーダーシップ研修をダブルヘッダーで開催します。

ビジネスリーダーの皆さんへ

一般参加可能なリーダーシップ研修をダブルヘッダーで開催します。

下記の詳細ページをご覧ください。

「管理職リーダーシップ入門」
12月14日午前(SMBCコンサルティング東京)

「チームが成果を出し目標達成する5つのステップ」
12月14日午後(SMBCコンサルティング東京)

午前がリーダーシップ研修、午後がマネジメント研修です。

チームを率いるリーダーは、リーダーシップとマネジメントの両方のスキルが必要です。

研修は講義に加えワークショップを多く取り入れた参加型で楽しく開催します。

[画像:d8c540b8-s.jpg]

多くのビジネスリーダーの皆さんの参加を期待しています。


2017年10月26日

新刊書籍「仕事のできる人はなぜ決断力があるのか」(生産性出版)のカバーデザインが決まりました。

新刊書籍「仕事のできる人はなぜ決断力があるのか」(生産性出版)のカバーデザインが決まりました。

[画像:87afacd2-s.jpg]

出版は今回が4冊目となりますが、顔写真を入れてもらうのは初めてです。

書店で並べてもらうと結構めだつのではと思います。発売日は11月28日くらいから書店に並ぶ予定です。

企業の「決断力のリーダーシップ」研修テキスト書籍としても活用いただけるようワークシートも書籍に加えました。

また似顔絵白黒部門世界チャンピオンのケンイチさんに描いてもらったストーリーマップも書籍に入っています。

[画像:673f2dd6-s.jpg]

多くのビジネスリーダーが本書のスキルを実践し決断力のあるエクセレントリーダーとして活躍いただきたいと思います。

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)決断力のマネジメント本の紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年10月20日

本日は「マネジメントスキル」研修、「部下育成OJT 」研修をダブルヘッダーで実施しました。 (SMBC コンサルティング東京主催)

本日は「マネジメントスキル」研修、「部下育成OJT 」研修をダブルヘッダーで実施しました。
(SMBC コンサルティング東京主催)

[画像:144f214d-s.jpg]

この研修は一般参加可能な研修で午前3時間、午後3時間で片方だけの参加もOK です。

ストーリーマップ(研修内容を1枚の面白い漫画で表した手法で楽しく学べ記憶効果に優れている)を使い、理論と実践例を多く紹介、ワークショップも取り入れた参加型研修で実施しました。

参加者の皆さんの積極的な受講態度のお陰で効果的な研修にできたと判断します。

マネジメント、部下育成OJT には手法(スキル)があります。

その手法を学んでから実践してもらったほうが成功の可能性がアップすると思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

11月、12月の研修予定です。
お気軽にご参加ください。

「スベらない段取りの技術」
11月2日午前(SMBCコンサルティング東京)

「スベらない商談の技術」
11月2日午後(SMBCコンサルティング東京)

「管理職リーダーシップ入門」
12月14日午前(SMBCコンサルティング東京)

「チームが成果を出し目標達成する5つのステップ」
12月14日午後(SMBCコンサルティング東京)

当日研修会場でお会いできるのを楽しみにしています。


2017年10月15日

管理職研修「決断力のマネジメント」の紹介 12月12日開催、大阪府工業協会主催

管理職研修「決断力のマネジメント」の紹介
12月12日開催、大阪府工業協会主催
https://drive.google.com/file/d/0B3pBWAAh-JQhanJVcS0xVnFGclU/view?usp=drivesdk

会社あるいはチームのリーダーとして、組織を目標達成に導くうえで重要な仕事の1つは、「正しい決断を下すこと」です。

それゆえ、リーダーが『私は優柔不断だから…』と悩んだり、『できるだけ判断は先延ばししよう』と億劫になっていると、組織や部下の生産性や目標達成へと向かうモチベーションは上がりません。

当セミナーでは、「目標設定」や「情報収集」、スピード感のある決断に欠かせない「長期的視野」、そして決断したことをやり遂げる「強い決意」の表し方といった『決断力の8原則』を通じ、組織に大きな成果をもたらすための「決断力」の鍛え方をお伝えします。

ビジネスの現場では日々、得意先、社内のあらゆる方面で数えきれない決断が下されていることでしょう。中には誤った決断もあったかもしれません。

しかし、リーダーが成功を目指して“決断力”を発揮し続けなければ、組織の継続的な発展はありえません。ぜひご参加いただき、部下と組織を牽引する強いリーダーへの一歩を踏み出しましょう。

原則1 目標設定は「具測達一」の原則で立案する
・重要なポイントは  峩饌療」、◆崑定可能」、「達成可能」、ぁ岼豐喟」・目標には、数字・期限・固有名詞を入れて具体性を持たせる

原則2 決断する事柄の有効な情報を多く集めるために
・決断するエリアの全体像を把握する
・成功事例を見つけるための「FACT(事実)」「MATH(数字)」「LOGIC(論理)」の3要素

原則3 会社方針と一貫性のある正しい決断を下す
・自分や部下の仕事上の行動と会社の目指す方向にズレはないか
・「Do The Right Thing!(正しいことをする)」という当たり前の価値観を

原則4 長期的なビジネスに焦点をあてて決断するために
・短期的な利益のために、どのくらい長期的な成果を犠牲にしていますか
・「自分の軸」を持つことが、スピーディで正しい決断に繋がる

原則5 「本当に決断すべきこと」に焦点をあてる
・それは、本当にあなたが決断すべきことなのか
・部下に役割を権限移譲していくための『OGSM』手法

原則6 決断したことは必ずやり遂げるという強い決意を持つ
・自分の心に収めておかず、強い決意を部下に示すために
・必ず結果を出すという強い行動力が決断の成果に結びつく

原則7 目的思考を常に持つ
・「目的はなに?」を部下に問い続ける
・自分の行動と思考にも「目的はなにか」を問い続ける

原則8 すべてはお客様のために
・誰のための仕事なのか? 誰のために仕事をしているのか?

管理職研修「決断力のマネジメント」の紹介
12月12日開催、大阪府工業協会主催
https://drive.google.com/file/d/0B3pBWAAh-JQhanJVcS0xVnFGclU/view?usp=drivesdk

当日研修会場でお会いできるのを楽しみにしています。

大阪府工業協会


小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)決断力のマネジメント  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年10月12日

書籍「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)東京駅構内のHINT INDEX BOOK ecuteTOKYO でランキングに入りました。

[画像:25742f72-s.jpg]

今日はSMBC コンサルティング東京で「スベらない商談力」研修です。

書籍「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)東京駅構内のHINT INDEX BOOK ecuteTOKYO でランキングに入りました。

企業のリーダーシップ研修テキスト書籍として継続して活用いただいてます。

タイトルはリーダー3年目となっていますが、若手リーダーから経営者まで参考にしていただける内容です。

多くのビジネスリーダーに読んでいただけると幸いです。

HINT INDEX BOOK ecuteTOKYO 
http://www.ecute.jp/tokyo/shop/386.html


小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)リーダーシップとは?本の紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年10月11日

本日は「チームを動かすための管理職塾2017」を開催しました。今年で6年連続開催です。

本日は「チームを動かすための管理職塾2017」を開催しました。今年で6年連続開催です。

[画像:d94a967c-s.jpg]

3年間で結果を出せないリーダーは、その後も良きリーダーになる可能性低いと言います。

リーダーの役割は.蝓璽澄璽轡奪廚糧揮、▲瓮鵐弌爾琉蘋、チームのマネジメントです。そのための「信頼関係」はなくてはならないものてあり、このための「コミュニケーション能力」は非常に重要です。

本研修では、その3つの役割を書籍「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)を使い、理論とワークショップで実践的に学んでもらいます。

[画像:389a9b9e-s.jpg]

本日は23名のビジネスリーダーが参加いただき、熱心に受講いただきました。

今月から月1回、合計6回(半年間)のインタバル研修です。

[画像:abc55dab-s.jpg]

この管理職塾から優秀なビジネスリーダーが多く輩出されることを楽しみにしています。

大阪中小企業投資育成株式会社
https://www.sbic-wj.co.jp/sp/


2017年10月08日

信頼関係構築の10のポイント、ビジネスリーダーの皆さんへ

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日は「信頼関係構築の10のポイント」を紹介します。

ビジネスリーダーにとってチームメンバーとの信頼関係は最も重要なものです。

では信頼関係を構築するポイントは何でしょう?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
信頼関係構築の10のポイント

1) メンバーの個人的情報を把握する
グループ活動はチームビルディングに効果的で個人コミュニケーションは信頼関係構築に有効である

2) 一貫性
あなたを驚かす人との信頼関係構築は困難である。
チームの方針を変更する場合は、オープンマインドで論理的な説明をすることが重要である。

3) 現状を正しく把握しているか確認すること(正確性)

4) 他人の前で部下のコーチングをしないこと

5) 上長は部下にできるだけ「与える」ことが必要である
決して評価を取ろうとしてはならない。

6) 部下の役割と期待値は明確に伝えることが重要である
明確な役割がなければ、すべての行動は信頼関係の欠けたものになるであろう

7) 常にオープンで誠実であること
あなたの誠実さと自信がメンバーとの信頼関係構築をもたらす

8)ミーティングと個人カウンセリングで意見に一貫性を持たせること

9)上長は部下のヘルプサインを見逃さず話を聞くこと、そして素早く対処法を実施すること
  部下の小さなヘルプサインに気付かなければ、それが大きな問題としてあらわれ信頼を失うことになる

10)上長が成功することに個人的な興味を持ち部下はそれをサポートすること

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以上です。今日から実践してください。


2017年10月07日

W&DP(Work & Development)の業績評価面談とは?P&Gでの面談方法

W&DP面談(上長と部下の業績評価面談)の紹介

マネジメントのステップの3番目に「目標と戦略の途中経過をレビューする」があります
このレビューを3月に1度、営業本部長と支店長、支店長と課長、課長と課員がフォーマットをもとに面談することが重要です。これをP&G時代にW&DP(Work & Development)と呼びました。

営業組織力を強化し売上目標を達成するには上長と部下との個人面談は重要です。

しかし個人面談の目的と内容が共通理解されていないと効果的な面談になりません。

今日はP&G時代に実施していたW&DPという手法を紹介します。

W&DP面談の目的

1) ビジネスの達成
売上目標達成には明確な目標と戦略が必要です。
上長と部下で目標と戦略、アクションプランを確認します

2) 組織力構築
強い営業組織を構築するには個々メンバーが組織力構築にコミットメントすることです。
例えば新人の育成、メンバーの長所短所を考慮した役割分担(データ分析の得意な人が商談用データの資料を作成しメンバー全員で共有する等)を決定して協力体制をとることです 

3) 業績評価
評価は公平かつ一貫性が重要です。上長は部下への期待値と評価の結果を部下が納得するよう説明しなければなりません。現在のパフォーマンスが評価の観点からどうなのかを話し合うことは重要です

4) キャリアインタレスト
この会社でどのようなキャリアをつみたいのか?希望する部署はあるか?家庭の事情で転勤等の希望はあるか?を上司が聞くことが重要である

5) トレーニング
売上目標を達成し、希望のキャリアを歩むためにどのようなトレーニングニーズがあるか?会社の研修で何を受講したいか?長所短所は何か?を上司が部下と話し合うことは重要です

以上が上司部下で定期面談できることが重要です。

以下のフォーマットが見本ですが、これを実施することで上司部下の信頼関係構築にプラスになります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
W&DP面談シート(3ケ月に1度実施)
(上長と部下がこのシートで面談する)

氏名    田中太郎                組織    ○○支店 ○課               
上司    山本次郎                日時    平成29年10月30日               

1)ビジネス、組織力構築の全体評価(上長が記入)

ビジネス)‥鎮罎気鵑蓮○ドラッグにて売上3億円、前年比150%、シェア40%を達成

□あぅ后璽僉爾砲討眷箴紕臆円、前年比180%、シェア50%を達成

組織力)新人の小林さんを自ら同行、アドバイスを行い、小林さんの会議でのベスプラ発表のフォローも実施した。田中さんのOJTの成果で新人の小林さんのやる気は高く売上目標も順調である
田中さんは営業としての売上達成、後輩育成の両面で素晴らしいパフォーマンスを発揮している

2)ビジネス、組織力強化のレビュー(本人が記入)

○○ドラッグの売上アップのポイントは、
.丱ぅ筺爾悗離灰鵐織ト回数を増やしチラシ枠を年々から3枠プラスで獲得したこと、
∋拇皇垢龍力のもと商品部長へのアプローチが成功し信頼関係が構築できたこと、
E絞涵γ未鮴儷謀に実施、大型店でフェアを実施したことで店長の信頼関係が構築できたことにある

新人の小林さんは、毎週金曜日に30分時間をとり商談力のアドバイスとロールプレイを実施、バイヤーのクレーム商談には同行で見本を見せることができた。商談資料の作成もデータを盛り込むことをアドバイス、クロージングに結びついた。

3)年間目標(期中であれば本年の目標修正、期末であれば次年度目標:本人が記入)

来期目標は○○ドラッグ 売上4億円、前年比130%、シェア45%、

来月得意先社長と本部長の面談を設定、支店長、卸も巻き込み、来社での特別商談を実施
来期も1名新人が配属予定なので、基本トレーニングと商談力のアドバイスを担当する

4)キャリアインタレスト(今後の希望するポジション、部署:本人が記入)

支店最大のドラッグ ◎◎ドラッグを担当したい。そこでのビジネスをアップして、2年後はマーケティング部への配属を希望する。〜〜の仕事をすることで新製品の成功に貢献したい。

3年後には課長代理、5年後には課長をめざしたい。

5)トレーニングニーズ(上長が記入)

売上達成の実績からも田中さんは商談力のスキル、得意先との信頼関係構築のスキルに優れている。
希望するマーケティング部で活躍するには、データベースセリング、問題解決力、交渉力のスキルをより磨いてほしい。上記スキルは12月に研修を予定しているので自ら手をあげて参加してほしい。

新人の育成もしっかりとしてくれている。同行時のOJTのトレーニングサイクル(特に最後の話し合い)で新人の話をしっかりと聞くポイントができればより効果的なOJTになると思います。

サイン(日時)
課員   ○○  (10/30)    課長  ○○ (10/30)  支店長                

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以上です。今日から実践してください。


小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

相手の「心の窓」を開き、本音を聞きだす6つの話法、スベらない商談力より

営業の皆さんへ

今日は「スベらない商談力」より相手の心の窓を開く6つの話法を紹介します。

良好な人間関係を構築するには、

相手の「心の窓」を開き、その開かれた「心の窓」の状態をできるだけ長く維持すること

1)言葉はそれを発する人に最も強く作用する。

2)最後のかっこいい言葉は、相手にあげる。

3)人は自分の話を良く聴いてくれ、自分を理解してくれた人に心の窓を開く。


image


相手の「心の窓」を開き、本音を聞きだす6つの話法
(ストーリーマップの1〜6)

1)リード(誘導) 話の内容は何でも良いから相手に話続けてもらう。
    「といいますと」「なるほど」「そうですか」「いいですね〜」「すごいですね」
     私は、あなたの話が聞きたいのです。どうぞ次の言葉を出してください。 

2)アイコンタクト(沈黙) やさしいアイコンタクトで相手を見つけてあげること
     沈黙は、相手に破ってもらうこと。最後のフレーズが強調される。

3)ミラー(繰り返し) 相手の言ったことをそのまま繰り返す。目的は強調。
      相手は、繰り返された言葉について深く話してくれる可能性が高い
     「他にないですか?」(話題転換)とペアーで使うと効果大。

4)心地よい質問 (相手を褒めて質問) 
      「そのネクタイ良くお似合いですよ。どこの店でお買いになったのですか?」

5)立ち入った質問 (本音を聞きだす。相手にとって答えにくい質問)
      「そのネクタイ、お値段は、いくらで買われたのですか?」

6)解釈 (今まで聞きだした内容のまとめをする。)
     私は、あなたの話を〜〜〜と理解したのですが、それでよろしいですか?
     「他にないですか?」を最後に使うと効果的
     相手の本音と自分が聞き出した内容が合致しているかどうかを確認 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
以上が6つの話法です。

今日から実践してみてください。




小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ