2008年05月23日

wizli公認ユーザーの浜口直太社長と面談! 5

本日wizliの公認ユーザーである浜口直太社長との面談の機会に恵まれた。

彼は、有名な国際経営コンサルタントであり、ベストセラー作家でもある。

昨日、彼のセミナー「心のギアの変え方」に出席させていただき、大きな学びがあった。

心に響いたポイント

1)お金は、人から感謝されたら集まってくる。

2)素直な気持ちを持つことが、すべての基本。

3)成功することに必要なことは、「行動力」
失敗は良いことだ。 そこから学べる。

4)人間は感情の動物、論理では動かない。

5)毎日日記を書くことが、自分の理解力のトレーニングになる。

6)相手の相談にのること、励ましてあげること。そうすれば人生が変わる。

以上の学びを心を新たに実践したい。

彼のセミナーは、お勧めです。 
継続して実施されているので、下記より浜口社長の会社JCIのHPに入ってご覧ください。

浜口社長の会社JCIのホームページです。↓
http://www.jci-inc.com/
すばらしい出会いに感謝です!

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)インタビュー  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

コミュニケーションの4つの障壁(その4) 5

コミュニケーションの障壁を紹介している。
復習をすると、
1) 「自己主張」
2) 「固執する姿勢」 
3) 「目的の不明瞭さ」 であった。

今日はラストの4つ目を紹介する。

4) 「時間の制約」  である。

時間の制約(プレッシャー)、すなわち、今からコミュニケーションするのに、相手に十分な時間がない時。 またはこちらに、十分な時間がない時。

例えば急に社長に呼ばれて、20分後に行かないといけない。とする。

あなたは不安になる。
「怒られるんだろうか?」「何か問題があったのだろうか?」

そしてアポイントの得意先と今から商談である。

商談ルームに入っても、あなたは、イライラする。

得意先は、一生懸命企画の説明をする。 

あなたは、真剣に得意先のプレゼンを聴いていない。
あなたは、15分で商談を切り上げ、得意先には、「企画は検討するので、また連絡する。」と言って、商談ルームを後にする。

得意先は、企画のどこかがニーズに合わなかったのだろうか?と考える。

以上のような例は、ないであろうか?

ここのポイントは、「時間の制約(プレッシャー)」である。

得意先は悪くない。
でも社長に急遽呼ばれた人は、時間のプレッシャーで「心の窓」は、閉まってしまう。

大事な商談には、得意先、あなた、共に十分な時間をとることが重要である。 
時間を気にしながら、商談するのは、失礼にあたる。

もし急なアポイント、緊急の用事が入った場合、商談相手に事情を説明して、別の日にアポイントを取り直してもらうほうが良い。

今日の一言

「時間のプレッシャーには気をつけよう。

大事な話をする場合、商談相手に時間がない、または自分自身に時間がない時、心の窓は閉まっていく可能性が高い。

そのときは、遠慮せず、別の日にアポイントを取り直そう。」

感謝! 感謝!

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)4つの障壁  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年05月22日

コミュニケーションの4つの障壁(その3) 5

コミュニケーションの4つの障壁は、

1つ目、「自己主張」、 
2つ目、「固執する姿勢」 であった。

今日は、3つ目を紹介する。

3) 「目的の不明瞭さ」 である。

人と人がコミュニケーションするにおいて、相手が何の目的でこの話をしているのかが、わからなかったら、不安になる。

よって「今日の話の目的は〜〜〜である。」ということを、しっかりとお互い理解する必要がある。

たいてい話し手は、自分の目的があって、話をしていることが多い。
ところが聞き手は、相手の最終目的が、何かを理解していないこともある。

せっかっく良い話をしていても、相手が「目的の不明瞭さ」を感じていれば、「心の窓」が閉まってしまうのである。

ミーティングをするにしても、今日のミーティングの目的を、初めにシェアしてくれれば、納得する。
しかし、目的がわからずに、ミーティングが始まったら、参加者は不安になるものである。

この「目的を明確にする。」ことが、重要である。

今日の一言
「コミュニケーション、ミーティング等の目的が、参加者にとって不明瞭であれば、参加者の「心の窓」は閉まっていく。 
常に目的は何なのか?を主催者、話し手は、参加者に伝えることが大事である。」

感謝! 感謝!

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)4つの障壁  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年05月21日

日本のトップ レーシング ライダーとインタビュー 5

9f140f95.jpg日本のTop Racing Rider

「秋吉 耕佑(Akiyoshi Kosuke)」さんと出会いがあった。

日本のトップのレーシングライダーと話をするのは、初めてであった。

彼とのインタビューを紹介する。

「日本のトップを取る、勝利のポイントは何ですか?」 (Kevin)

秋吉さんは、少しの沈黙の後、静かに答えてくれた。

「チームメンバーの信頼関係です。」 (秋吉さん)

「信頼関係とは?」 (Kevin)

「皆が同じ目標を強く持っていること。」 (秋吉さん)

「同じ目標とは?」 (Kevin)

「勝利です。」 (秋吉さん)

静かな言葉の中に、確固とした自信が漲っていた。

彼によると、チームメンバーそれぞれが、プロフェッショナルであること、が重要。何故なら、全面的な信頼をチームメンバーにおけないと、レースでは、勝てない、そうである。

どの世界でもNo1を取る方は、違うと感じた。

とても礼儀正しく、控えめであるが、勝利のポイントを理解している方であると感じた。

秋吉さんをwizli(ハイクラスビジネスパーソンのSNS)に誘った。 

秋吉さんのHPです。↓


すばらしい出会いに感謝したい。

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)インタビュー  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

コミュニケーションの4つの障壁(その2) 4

コミュニケーションの障壁の1つ目、「自己主張」を昨日紹介した。

今日は2つ目を紹介する。

2) 「固執する姿勢」 である。

これは、自分の主義、主張に固執して「何が何でも〜〜だ。」
「私は、意見を変えない。一歩も譲らない。」という言動をすることである。

これは、必要に応じて、心の中で思うことはあるかと思う。
ただストレートに言動に出すのは良くない。

何故なら相手は、その段階で「心の窓」を閉ざしてしまい、コミュニケーションが遮断される可能性があるからである。

コミュニケーションを円滑にしていくポイントは、「自分の意見もあるけれど、あなたの意見も尊重しますので、より良い案を相談しましょう。」
というマインドが、うまく行くポイントである。

どうしてもこのポイントは譲れない。という局面もあるかと思うが、できるだけ相手から見て「この人は、固執している。」と思われないように、話をもっていくことが重要である。

例として夫婦ゲンカ、親子ゲンカ等で「あなたが悪いんでしょう。私は絶対に許さないからね。」というのは、固執する姿勢の代表である。
これを言われた時点で、相手の「心の窓」は閉まり、コミュニケーションは遮断される。

今日の一言
「自分の主義、主張に固執する姿勢をストレートに出してしまうのは良くない。何故ならその時点で、相手の心の窓は閉まり、コミュニケーションが遮断される可能性が高いからである。 常にフレキシブルなマインドで話会いをしよう。」

感謝! 感謝!


小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)4つの障壁  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年05月20日

コミュニケーションの4つの障壁(その1) 5

コミュニケーションの4つの障壁を紹介していく。

会話において相手の「心の窓」が閉まってしまう。 不機嫌になってしまった
経験は誰にでもあると思う。 その主な原因の1つ目は、

1)「自己主張」 である。

会話において「自分の価値観をストレートに相手に述べる」ことである。

「自己主張」するときは、注意が必要である。

例えば 「その赤いネクタイは、君には似合わないよ。」

「そのやり方では、全く契約はとれないと思うよ。」

というものである。

人それぞれ、意見、価値判断は、もっていると思う。
どちらの意見が正しいか、は置いておいて、ここでのポイントは、「自分の意見、価値判断をストレートに述べると、相手の心の窓が閉まってしまう可能性がある。」ということである。

よって言葉を選んで、相手の「心の窓」が閉まらないように、する必要がある。

コミュニケーションの原則は、まず相手の「心の窓」を開けることである。

そしてその後に、自分の提案を述べていく。これが順序である。

初めに「心の窓」を上げていくときには、この「自己主張」は、控えるほうが良い。 そして「心の窓」が上がった後に、自分の提案を伝えていく。
ここでは自己主張は、必要かもしれないが、言葉を選ぶ配慮をするほうが良い。

今日の一言

「自己主張する時は、注意が必要である。 相手の心の窓が下がらないように、言葉を選らんで伝えることがポイントである。」

感謝! 感謝!

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)4つの障壁  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

異業種交流会ドルフィンにてセミナー開催! 5

5月26日(月) 19時〜21時 異業種交流会のドルフィンにて、「コミュニケーションスキル」講演会を開催予定である。 場所は、東京、秋葉原

言うまでもなく、人と人との「コミュニケーション」は、日々の生活において、全ての方にとって重要なポイントであろう。

ところが良好なコミュニケーションのポイントとは?

コミュニケーションの効率的な話法とは?

と聞かれると、明確に答えれらない方も多いのではなかろうか?

そのポイントを、紹介する。

ドルフィンの紹介HP ↓

http://www.takumi-system.biz/infomartion.html

感謝! 感謝!

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)セミナー、講演会  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年05月19日

コミュニケーションの4つの障壁 4

ビジネスマンの皆さんが、

得意先と商談をしている時、相手の「心の窓」が閉じてしまい、商談が成立しなかった経験は、誰もがあるのではないでしょうか?

では、商談(コミュニケーション)時に、相手の心の窓が閉じてしまうのは、どのようなポイントがあるのでしょう。

代表的な4つの「コミュニケーションの障壁」を明日から、1つづつ紹介したいと思います。

このポイントに気をつければ、相手を怒らせてしまったり、信頼関係が壊れてしまったりする可能性が少なくなる重要なポイントです。

どのようなポイントがあると思われますか?

思いをめぐらせていただければ、と思います。

明日から紹介させていただきます。

感謝! 感謝!

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)4つの障壁  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年05月18日

お勧め映画の紹介「最高の人生の見つけ方」 5

ひさしぶりに映画を見に行ったら、感動した。

「最高の人生の見つけ方」

ジャック、ニコルソンとモーガンフリーマンが主役である。

余命いくばくもない癌患者が病室で出会う。

それぞれ、死ぬまでの人生をどうすごすかを、相談しアクションを起こす。

「この人生で何を目標とするのか?そしてアクションするんだ。」

というポイントを再度認識できた。

お勧めの一作である。

http://www.walkerplus.com/tokyo/latestmovie/mo5936.html
感謝! 感謝!

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年05月17日

夢をかなえる口ぐせの法則(本の紹介) 5

お勧め書籍 「夢をかなえる口ぐせの法則」 佐藤富雄 ダイヤモンド社

たいへん面白い。今何度も読み返している。

1)ほめ言葉は、自分に返ってくる。

2)感動したら、人に伝える。

3)夢(ウソ)も、1000回言うと本当になる。

これらの意味を納得して理解できる。

著者の佐藤先生は、医学/農学博士、スピールハーレー大学教授(ルーマニア)、ルーマニア名誉領事である。

人間の言動と脳の働きを論理的かつ実践的に、わかりやすく解説されている。

いかにして「夢」を実現するか? 今日から実施できる簡単な事例を用いておられる。

北海道の別荘、熱海の海の見える書斎を行き来され、ハンティング、ヨット、バイクもされる行動派である。


日本語、英語両方がついており、英語の勉強にもなります。

感謝! 感謝!

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)本の紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ