2008年06月09日

ミツバチのお話 5

2008年 アンソニーロビンスのセミナー(DWD)参加者から面白い話を聴いた。

日本人担当トレーナーの「ピーターセージ」の話である。

「ミツバチ」のお話

ミツバチは、毎日、毎日、花から花へと蜜を運ぶ。

来る日も来る日も蜜を運ぶ。

その結果、「お花の受粉が出来、たくさんのお花が咲くことができる。」

しかしミツバチは、その意味を理解しているだろうか?

おそらく意味は、理解していないだろう。

でもミツバチは、一生懸命、今日も、蜜を運ぶ。

人は、よく言う。

「こんな仕事何の意味があるんだ!」

「こんなに努力して、勉強しても、意味がないじゃあないか!」

ミツバチは、そんなことは言わない。

一生懸命 蜜を運ぶだけ。。。。

ピーターは言う。

「一生懸命やることに意味がある。」

「目の前にある、仕事、勉強、を、一生懸命やること。」

「それが大事。意味はわかっていなくても良い。」

「何故なら、今のあなたは、そのままで完璧で、十分愛される存在なんだ」

人はよく、何かを成し遂げないと重要感が満たされない、と考える。

良い結果を出さないと、愛される資格がないと考える。

ピーターは、「その考え方は間違いだ。」と言う。

彼は言った。

No matter what I have done or not done , I'm worthy of love !

(何をしてもしなくても、あなたは愛される存在なんだ!)

今日の一言

「愛されるために努力しなくてもよい。
何故ならあなたは、ここにいるだけで、無条件に愛される存在なのだから」

感謝! 感謝!

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年06月08日

大阪 産業創造館にて講演会! 5

大阪の産業創造館にて「リーダーシップスキル」講演会の講師をする。
http://www.sansokan.jp/(産創館のHP)

紹介しますので、もし当日大阪にいらっしゃる方は、よければ聞きにきてください。

題名 「組織力を高める真のリーダーシップスキルとは?」

講師  小森 康充 

日時 7月3日 18:30〜20:30

参加人数 180名 (産創館が集客してくれますので、満席になる予定です) 

参加費 1000円

講演会の詳細、申し込み
http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=08614
内容 
リーダーシップとは何か?を3つのポイントから説明
サーヴァントリーダー(召使いリーダー)の重要性
感情のコントロール
成功のスパイラル

ビジョナリーカンパニーのP&G時代の18年間のビジネス経験にプラスして世界No1コーチと言われるアンソニーロビンスから学んだ成功マインドのポイントをおりまぜた内容にする予定です。

ご期待ください。
また当日の内容は、この日記にて紹介させていただきます。

感謝! 感謝!

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(4)トラックバック(0)セミナー、講演会  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

6月のセミナーの紹介(7回シリーズ) 5

6月のセミナーを紹介します。

今まで1日セミナーで紹介していた内容のポイントを夜の2時間で、7回に分けて紹介します。
また5名程度の少人数でアットホームに実施します。

どうぞ仕事帰りにご参加ください。
ご興味のあるテーマに申し込みください。

【スケジュールと内容】

第1回 6月18日(水) 19:00-21:00
信頼関係を構築する4つのポイント
(人と人との信頼関係の構築は、すべての人間関係の基本です。良好な関係を構築する4つのポイントを紹介します。全ての方に聞いていただける内容です。)

第2回 6月19日(木) 19:00-21:00
影響力を与える8つの社会的勢力
(人に影響力を与え、自分に協力してもらうには、どのようなポイントがあるのでしょう。8つのポイントを紹介します。管理職の方、リーダーとして活躍されている方にとっては、重要なポイントです。)

第3回 6月20日(金) 19:00-21:00
マネジメントの5つのポイント
(組織のマネジメントのポイントとは、何でしょう?それを紹介します。
部下を持つ管理職の方には、たいへん価値ある内容です。)

第4回 6月21日(土)14:00-16:00
コミュニケーションスキル(相手の「心の窓」を開く話法)
効果的に相手の「心の窓」を開き、相手から好印象を持ってもらう話法とは?気をつけないといけないポイントと、効果的な話法をロールプレイも入れながら紹介します。)

第5回 6月23日(月)19:00-21:00
トレーニングの10原則
(部下を効果的にトレーニング、育成するには、何をポイントにすればよいのでしょう。10の原則を紹介します。人材育成、研修、部下を教育する立場の方には、重要な内容となります。)

第6回 6月24日(火) 19:00-21:00
リーダーシップの3つのポイント
(リーダーシップのポイントとは、何でしょう?サーヴァントリーダーとは?
部下を持たれている管理職、組織でリーダー的な立場の方には、重要な内容となります。)

第7回 6月27日(金)19:00-21:00
成功のスパイラル
(成功する人の考え方とは?成功へのステップとは?アンソニーロビンスから学んだポイントをベースに、実例も交えて、説明していきます。すべての方に聞いていただける内容です。)

【人数】 5名程度(1回) 

【参加費】  5,000円 (1回) 

【場所】  (株)ワンライト
〒107-0061東京都港区北青山2-11-10ー1B(ブラジル大使館横)
(東京メトロ銀座線・外苑前駅より徒歩約5分)
私が借りているオフィスです。

お申し込みはこちらから↓

http://www.giantkevin.com/kojin/index.html#schedule

定員になり次第締め切らせていただきます。
以上 よろしくお願いします

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)セミナー、講演会  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

相手の心の窓を開く6つの話法(まとめ) 5

相手の心の窓を開く手法を紹介している。

1)「誘導」
2)「沈黙」 
3)「繰り返し」 
4)「心地よい質問」 
5)「立ち入った質問」 
6) 「解釈」  の6つを紹介した。

では今日はまとめをしよう。

この6つのスキルは、ゴルフクラブである、と考えてほしい。

相手との会話の内容、相手の心の窓の状態に応じて臨機応変に使ってもらえれば、結構である。

すなわち必ず1番から6番まで順番に使わなくてはいけない、ということではない。

「心の窓」は、初めは閉じている状態から「誘導」で始まり、少しずつ開いていくにしたがって、できれば、2番→6番へと進んでいただくのが理想である。

また相手の話していただく情報の量としては、「誘導」「沈黙」が一番多く、何でも話してもらう。そして「繰り返し」で自分の聞きたい話題に絞込み、「心地よい質問」でその話題の中で、ご機嫌になっていただく。
そして普通では話していただけない質問「立ち会った質問j」に答えていただき、「解釈」でまとめ、よい関係で話を終わる。

これがコミュニケーションスキルの「WINING STORY」である。

最も短時間で効率よく相手の話を聴きだせる。
また相手の「心の窓」を効率よく開くテクニックである。

この話法のテクニックを実践することにより、多くの方の「心の窓」を開けていただきたい。

人間関係が良好になり、皆さんの評判は、上がるはずである。

今日の一言

「人は、自分の話を良く聴いてくれ、自分を理解してくれる人に心の窓を開く。

そして、その後に、今度は相手の話を聴こうという心の準備ができる。」

感謝! 感謝!

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(1)トラックバック(0)心の窓を開く6つの話法  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年06月06日

大阪市 職員人材開発センターにてセミナーを実施! 5

6月5日 大阪市職員人材開発センター( http://www.city.osaka.jp/soumu/action/jinzai/torikumi/ )にて「マネジメントスキル」セミナーを実施した。 

部下を持つ管理職対象のセミナーで、この日は、最も重要な3つのコンテンツを紹介した。

1)「信頼関係を構築する4つのポイント」
 人と人とが信頼関係を構築するには、どのようなポイントがあるのか?

2)「人に影響力を与え、人を動かす8つのスキル」
 人に良い影響を与え、自分の思いどうりに動いてもらうには、どのようなポイントがあるのか? ヒューマンスキル

3)「マネジメントの5つのポイント」
 マネジメントとは何か? 
効率的に組織を管理するには、どのようなポイントがあるのか?

この3つのコンテンツのスキルを身につけると、どの企業でも通用する優秀なビジネスマン(管理職)になれると思う。

たいへん中身の濃い内容であったが、参加者の皆さんは真剣に耳を傾けてくれ、有意義なセミナーであった。

今後大阪市の職員の皆様のトレーニングに、貢献できるよう頑張っていこうと思う。

感謝! 感謝!


小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)セミナー、講演会  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

相手の心の窓を開く6つの話法(その6) 5

相手の心の窓を開く手法を紹介している。

1)「誘導」 2)「沈黙」 3)「繰り返し」 4)「心地よい質問」 5)「立ち入った質問」 の5つの手法を紹介した。

この5つは、必ずこの順番でなければいけない、ということではない。
ただ「心の窓」の状況に応じて、できればこの順番を考慮しながら臨機応変に使っていただければありがたい。

今日は6つ目(最期)の手法を紹介する。

6) 「解釈」  である。

これは、「今までいろいろなお話を聞かせていただき、ありがとうございました。まとめると、私は、あなたのお話を〜〜〜〜〜〜〜と理解しました。それでよろしいでしょうか?他にないですか?」

と最期にまとめをすることである。

自分が聞いて理解した内容と、相手の考えが合致しているかどうかを確認することである。

よくこの解釈をしないと、ミスコミュニケーションがおこる。

「聞いてない。」とか「言ったじゃないですか?」とかいうやりとりを聞いたことはあるであろう。

相手の考えと自分の理解を確認する。それが「解釈」である。
この重要性を理解してほしい。

そのときのキーワードは、「他にないですか?」である。 

この「他にないですか?」をタイミングよく使える営業マンは、優秀である。

もし何かあれば、答えてくれる。

今日の一言
「相手の話を聞き終わった時に、解釈でまとめをしよう。
ここで自分が聞いた内容と、相手の考えが合致しているかどうか、を確認することができる。」

感謝! 感謝!

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)心の窓を開く6つの話法  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

名刺セミナー(お勧め)の紹介! 5

友人が名刺のセミナーをします。
別の友人が、この名刺に変えてビジネスの契約に結びついたそうです。
私も勉強のため参加します。
紹介させていただきます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ビジネスは名刺から始まるのに なぜ、名刺を工夫しないのですか?
        話ベタな営業マンでも初対面でストレスなく
          仕事がとれる瞬間伝達名刺セミナー
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

セールトークを磨く前にしなければいけないこと
それは、名刺を工夫することです。

聞く耳のない相手にいくら言葉をまくし立てても効果は半減します。
話ベタな講師だからできた、話さずに相手に自分を知ってもらい、
名刺交換をビジネスにつなげる方法です。

名刺交換をするだけで「あなたに仕事を頼みたい」と依頼されたり、
後日オファーの電話やメールがやってきたり、
古くからの友人のように、その場でグッと踏み込んだ人間関係を構築できる
「瞬間伝達名刺」の秘密を大公開します。

瞬間伝達名刺にしたとたん
・出版が決まった
・50万円のコンサルが決まった
・商談がスムーズにいった
・マスコミに掲載された
・セミナー講師として依頼を受けた
     ・
     ・
     ・
などなど、ビジネスに結びつく効果を発揮しています。

セミナーを受講すると
〔昌匹慮果効能がわかります
∋纏に結びつくオリジナルの名刺が完成します
L斉から使える名刺術を習得できます

<セミナーの内容>
・仕事に結ぶつく名刺の効果
・瞬間伝達名刺のマーケティング戦略とは
・名刺が持つ7つの機能を最大限発揮させる法
・USPだけでは相手の心はつかめない
・会社の名刺を変更せずに、その場で売れる名刺にする方法
・名刺作りワーク

※パソコンは使用せず、雛形をもとに名刺を作成します

内容詳細はコチラから↓
http://www.shunkan-dentatsu.com/

日時 6月12日 13:00~17:00 
場所 恵比寿

【講師プロフィール】
こんにちは
瞬間伝達営業法の福田剛大です。

データベースマーケティング会社、ダイレクトマーケティング専門広告代理店などで、インターネット集客プロモーション、イベント集客企画、広告デザイン、コピーライティングを担当。100社以上のDMやパンフレット、チラシ、FAXDM、ホームページなどの営業ツールを企画・制作しています。現在、営業ツール開発を行う『大福』代表。
ランディングページ発想により、話ベタな営業パーソン、個人事業主、士業などを中心に「瞬間伝達名刺」を武器に、ストレスのない新規獲得営業と自己ブランドの確立をサポートしています。
使命を伝える「ビジョン・ストーリー・ライティング」を開発し、販売促進活動に新しい流れを生みだしています。

最新情報がわかるホームページ http://www.shunkan-dentatsu.com


<活動実績>
●ダイヤモンドビジョナリーにて「話ベタな営業マンでも初対面でストレスなくポンポン仕事が取れる『瞬間伝達営業法』」執筆中
http://www.diamond-biz.co.jp/new/index.html
●ビッグローブのビジネスタウンにて「福をよぶホームページのコツ」コラム執筆
●自己ブランディング大学講師
●元プロレスラー・ザ・グレート・カブキさん公認
 瞬間伝達勉強会「カブキ塾」開催中
 ・2008年5月16日 女性経営者限定 仕事も恋も思ううがまま! ジュエリーで魅せる7つの方法
 ・2008年4月11日 ホームページ制作会社も行っていない、seo対策後にすべき3つのこと
 ・2008年2月28日 名刺づくりで必要な、使命を見つけてどう表現するのか
 ・2008年1月26日 売れるランディングページの作り方
 ・2007年11月22日 名刺づくりプレセミナー

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(1)トラックバック(0)セミナー、講演会  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

お勧めセミナー(英会話)! 5

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
        幻のセミナーが1年ぶりに復活!
〜 中級英語を6ヶ月でマスターして海外ビジネスを作る方法 〜
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「英語ビギナーでも、たった半年で中級英語をマスターし、
1年後には海外ビジネスができるようになる!」と聞いたら
あなたはどう思われるでしょうか?

「そんなことはあり得ない」と思うでしょうか?
いえいえ。これは十分現実的な話なのです。

多くの方がつまずく、辛くてつまらない学習法ではなく、
楽しみながら短期間で英語をマスターし、さらに外国人と
親友のように仲良くなってしまう方法があるのです。

【多くの英語学習法では決して結果は出ない】

なぜ多くの方が英会話学校などで膨大な費用と時間を
かけながら、欲しい結果が得られないのでしょうか?

それは多くの英語学習法には致命的な問題があるからです。
ほとんどの方が大きな投資に見合うだけのリターンを
得られないという状況には、明確な理由が存在します。

本セミナーでは、そのような辛くて投資効果が低い学習法
ではなく、楽しくて短期間で結果を出せる方法をお伝えします。

どうしてこのセミナーでお伝えする<特別な方法>を使うと、
信じられないほど短期間で成果がでるのでしょうか?

その秘密はこちらのページで紹介しています。
→ http://www.speed-change.jp/english
(注)★「紹介者」を「小森康充」と書いて下さい。割引になります。

【本セミナー開催の経緯】

このセミナーは日米コーチング交流協会の代表/堀江が、
周囲からの強い要望にお応えして、2007年4月に
一回だけ開催したスペシャルセミナーでした。

その際は告知後2週間で70名の方にお申込いただき、
大変ご好評をいただくことができました。

当時は身近な友人たちへの貢献を目的に開催していたため、
1回のみの開催で、再開催する予定はありませんでした。
しかし、多くの皆様から再開催のご要望をいただいたので、
1年間ぶりに復活することとしました。

去年は2時間のショートセミナーでしたが、参加者からの
「1日かけてじっくり学びたい」という声にもお応えし、
今回は時間を3倍にして「1日集中セミナー」としました。

内容詳細はこちらまで
http://www.speed-change.jp/english
(注)★「紹介者」を「小森康充」と書いて下さい。割引になります。

【講師について】

講師は日米コーチング交流協会の代表/堀江が務めます。

堀江は中学の最初に<ある方法>を1ヶ月学んだことで、
学校では常にトップの成績を収め、高校3年間の英語の授業は、
つまらなすぎて、いつも読書、お絵描き、または昼寝(笑)

2年前より海外ビジネスに取り組み、開始後数ヶ月で
月収7桁を越え、わずか2年間で億単位のビジネスに
育て上げました。次期の業績も数倍になる見通しです。

堀江はよく「英語は楽しくないと続かない」と言います。

そして、「異なる文化をつなぐ架け橋となること」を
ライフワークとして、海外のビジネスパートナーたちと
深い信頼関係を築きながら、現在も楽しくビジネスを
成功させています。

堀江が最初に学んだ<ある方法>とは何だったのか?
そして、海外ビジネスを成功させてきた要因は何か?

その秘訣はこちらからご覧いただけます。
http://www.speed-change.jp/english
(注)★「紹介者」を「小森康充」と書いて下さい。割引になります。

あなたがたとえ英語初級者であっても関係ありません。
半年後には中級英語をマスターし、世界中で親友を作り、
1年後には楽しく充実した海外ビジネスを作ることは
実際に可能なのです!

あなたの成功を心より応援いたします。

With Love & Passion

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
日米コーチング交流協会 運営事務局
http://www.speed-change.jp/english (英語&海外ビジネスセミナー)
http://www.speed-change.jp/seminar (達成の科学セミナー)
〒135-0004 東京都江東区森下4-17-4
info@speed-change.jp
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)セミナー、講演会  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

相手の心の窓を開く6つの話法(その5) 5

相手の「心の窓」を開く話法を紹介している。

1)「誘導」、 2)「沈黙」 3)「繰り返し」 4)「心地よい質問」という話法を紹介した。
「誘導」、「沈黙」は、初対面で相手が「心の窓」を開いていない状態の時に、有効な話法である。
「繰り返し」は、相手の心の窓が、半分くらい開いてきたときに有効な話法である。
「心地よい質問」は、相手の心の窓が、半分以上開いてきたときに、ほとんど全開にしていくときに有効である。

今日は、5つ目を紹介する。

5) 「立ち入った質問」 という話法である。

これは4)「心地よい質問」とペアーの質問の手法であるが、かなり心を開いている状態でないと答えてくれない、答えにくい質問のことである。

例えば、
「そのスーツよくお似合いですよ。どこでお買いになったのですか?」 は、心地よい質問に入る。

それに対して
「そのスーツよくお似合いですよ。いくらの価格でお買いになったのですか?」 は、立ち入った質問になる。

どの店で買ったのかは、抵抗なく答えてくれるだろう。
ただ値段を聞かれると、常識的には、躊躇することが多い。
親しい間柄であれば、答えやすいが、初対面の相手にこの質問をされると、場合によっては、失礼にあたることもある。

ただここでのポイントは、ビジネス上、この「立ち入った質問」に対する答えを聞き出すことができれば、たいへん有利にビジネスを導くことができる。

同業他社の知らない得意先の情報を持っている営業マンは、優秀である。
そのキーポイントの質問が、「立ち入った質問」である。

手法としては、心地よい質問を先にして、心の窓をできるだけ開いてもらう。
その後に、立ち入った質問をして、答えてもらうのがポイントである。

今日の一言
「コミュニケーションスキルの重要な手法として、「立ち入った質問」がある。
この質問に答えてもらうことにより、ビジネス上の重要な情報を得ることができる。 ポイントは、相手の心の窓が開いていることである。」

感謝! 感謝!

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)心の窓を開く6つの話法  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年06月04日

相手の心の窓を開く6つの話法(その4) 5

相手の「心の窓」を開く話法を紹介している。

1)「誘導」、 2)「沈黙」 3)「繰り返し」という話法を紹介した。
「誘導」、「沈黙」は、初対面で相手が「心も窓」を開いていない状態の時に、有効な話法である。
「繰り返し」は、相手の心の窓が、半分くらい上がってきたときに有効な話法である。

今日は、4つ目を紹介する。

4) 「心地よい質問」 という話法である。

質問のテクニックは、コミュニケーションの本に多く紹介されている。

今日のポイントは、「相手の心の窓」が半分以上、開いたとき、この「心地よい質問で一揆に開いていこう、という目的である。

例えば、「きれいな服ですね。良くお似合いですよ。どこでお買いになったのですか?」

「店長、先月売り上げ達成したそうですね。すごいですね。成功のポイントは何でしょうか?」

という質問である。 相手の良い点をほめて、心地よくなっていただき、聴きたい質問をする。

日本人は、あまり相手を褒めることをしない。

アメリカ人は、すごく褒める。 

特にP&Gのマネージメントは、褒め上手であった。

部下を褒め上手な上司は、ビジネスマンとしも優秀である。

相手に何かを聞く、ビジネスの契約を結ぶ、ために、信頼関係を構築する必要がある。
そのためには、相手を褒めることは、必要であると思う。

日本のカルチャーとしては、なじまないかもしれないが、相手が心地よくなるような質問をどんどんしたら良いと思う。

今日の一言

「相手の心の窓を開くために、心地よい質問をしよう。

そしてそのあとに、聴きたい質問をしよう。

相手は、喜んで答えてくれるだろう。」

感謝! 感謝!

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)心の窓を開く6つの話法  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ