2008年03月15日

目標達成の法則(その3) 4

目標達成のポイントは、1)紙に目標を具体的に書くこと。

2)その目標を声に出して言うこと、の重要性を紹介した。

今日は3つめ、それは「感謝の気持ちを持つこと。」である。

目標が、将来のある時点で見事達成した。 

その時の嬉しい気持ち、わくわくする気持ち、飛び上がって喜ぶその体の感覚。 

それを今、感謝する。 

とても楽しい。 嬉しい。

この感覚を楽しむこと。

ここで1つのマインドセットが必要である。

普通、人は、こう考える。

将来の目標達成は、するかどうかわからない。

「達成したらいいな〜」「でも難しいだろうな〜」「私には無理かな〜」

と考えているのではないだろうか?

それを止めて、先に「達成した喜びを感じ、達成したことを感謝するのである。」 ここがポイントである。

将来達成するのである。

達成したときの姿を見て、感じて、喜ぶ、それが「クリエイティビティ」である。

人は一度に2つの感情を持てない。

「楽しい」感情を持ちながら「悲しむ」ことはできない。

よって「感謝の気持ち」を持ちながら「不安、不満」の気持ちは持てないのである。

いかに感謝の気持ちを持つことができるか? が重要である。

今日の一言

「成功のポイントは、成功したときの姿を思い描き、その達成に感謝の気持ちを持つことである。 

感謝の気持ちは、達成の前に感じることが重要である。」

感謝! 感謝! 感謝!

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(2)トラックバック(0)目標設定の重要性  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

目標達成の法則(その2)

目標達成のために、その目標を具体的に「紙に書く」ことを昨日紹介した。

今日は、(その2) である。

それは、「声に出して言う。」ことである。

目標を思い浮かべたとき、普通あなたならどうしますか?
一瞬考えて、「やっぱり自分には無理だろう。」と判断していませんか?

その目標(願望)を、すなおに、思い浮かべ、

1)紙に具体的に書く。これができたとします。

その次は、2)声に出して言う。 です。

「〜〜〜ができたらいいな〜。」と言うだけでOKです。

そのあと何も考えないこと。 何も判断しないこと。これが大事です。
「やはり無理だろう。」「願望なんて、かなうはずないよ。」とか考えないでください。
せっかっく願って、紙に書いて、口で言ったことが台無しになります。

素直に信じて声に出す。 このシンプルなことができればOKです。

過去 私は確率的には、かなうはずのない願望がいくつかかなえました。

共通点は、口に出して言ったことです。
「このようなきれいなオフィスで仕事ができればいいな〜〜。」
「この百貨店を得意先に持ちたいな〜〜。」

この2つは、数ケ月後と、1年後に達成しました。

今日の一言

「目標達成のポイントは、紙に書くことの次に、口に出して言う、ことが重要です。 素直な気持ちで、達成したい状況を口にすると、達成の可能性は、格段に大きくなります。」

感謝! 感謝!

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)目標設定の重要性  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年03月13日

コミュニケーションスキルセミナー(東京) 4

3月18日 東京にて、3月28日 大阪にて、「コミュニケーションスキルセミナー」を開催する。

人と、人との信頼関係とは? 良好な「コミュニケーション」の原則、話法とは?という最も基本的かつ重要なポイントにつき、勉強をしています。

そのスキルを多くの方に紹介したいと思います。

詳細は、HPをご覧ください。

http://www.giantkevin.com

1月より、セミナーを定期的に開催している。

参加いただけけ方がいらっしゃって、其の方同士で仲良くなっていただけるのも、セミナーの重要なポイントであると思う。

セミナー詳細は、HPをご覧ください。

http://www.giantkevin.com

今日の一言

「一回の出会いに感謝し、多くの方に出会うことは、重要である。」

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)セミナー、講演会  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年03月12日

目標は、紙に書くこと! 5

「目標は、紙に書くことが重要である。」
それもあたかも達成したかのように。

正月より、目標設定の「具測達一」の原則を紹介した。
今日は、目標を紙に書くことの重要性についてお話しする。

目標は、具体的に設定しなければならない。
何故なら、結果は具体的に出るからである。
行動は、具体的だからである。

また目標を具体的に、紙に書いた瞬間、何かが回りだす。

頭の中の希望から具体的な、達成の可能性をひめたプランに変化して、この世に出るのである。

不思議な体験を1つ紹介する。
20代の営業マン時代、毎月会社の目標売上を達成していた。
私は、毎月の目標を結果管理シートに、すでに1ケ月後の成績が達成されたかのように、紙に書いていた。

そうすると、不思議と、結果達成するのである。

皆さんも実践してみてほしい。

今日の一言
「目標は、具体的に紙に書くことが、重要である。
何故なら、紙に書けば、達成するからである。」

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(2)トラックバック(0)目標設定の重要性  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

「Everything in your life begins with decisions ! 」 4

「Everything in your life begins with decisions ! 」

人生のすべては、決断から始まる。

多くの方は、長い間迷っています。

チャレンジすべきか否か?

そして多くの方は、チャレンジしないそうです。
何故なら、失敗が怖いからです。

しかし、成功のスパイラルを理解すれば怖いものは、ありません。
成功に対する自信を持ち、果敢にチャレンジ、行動すれば良いのです。

決断は一瞬でできます。

ある人は、10年間悩んでいます。 
その後、勇気を持ってチャレンジしようと、決断したとします。

しかし、決断したのは、一瞬なのです。

そこから人生に新しい道が開けます。

今日の一言

「すべての人生は、決断から始まる。そして決断に要する時間は一瞬である。」

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)トレーニングスキル  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

お勧めセミナー(友人です) 4

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
        幻のセミナーが1年ぶりに復活!
〜 中級英語を6ヶ月でマスターして海外ビジネスを作る方法 〜
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「英語ビギナーでも、たった半年で中級英語をマスターし、
1年後には海外ビジネスができるようになる!」と聞いたら
あなたはどう思われるでしょうか?

「そんなことはあり得ない」と思うでしょうか?
いえいえ。これは十分現実的な話なのです。

多くの方がつまずく、辛くてつまらない学習法ではなく、
楽しみながら短期間で英語をマスターし、さらに外国人と
親友のように仲良くなってしまう方法があるのです。

【多くの英語学習法では決して結果は出ない】

なぜ多くの方が英会話学校などで膨大な費用と時間を
かけながら、欲しい結果が得られないのでしょうか?

それは多くの英語学習法には致命的な問題があるからです。
ほとんどの方が大きな投資に見合うだけのリターンを
得られないという状況には、明確な理由が存在します。

本セミナーでは、そのような辛くて投資効果が低い学習法
ではなく、楽しくて短期間で結果を出せる方法をお伝えします。

どうしてこのセミナーでお伝えする<特別な方法>を使うと、
信じられないほど短期間で成果がでるのでしょうか?

その秘密はこちらのページで紹介しています。
→ http://www.speed-change.jp/english
【本セミナー開催の経緯】

このセミナーは日米コーチング交流協会の代表/堀江が、
周囲からの強い要望にお応えして、2007年4月に
一回だけ開催したスペシャルセミナーでした。

その際は告知後2週間で70名の方にお申込いただき、
大変ご好評をいただくことができました。

当時は身近な友人たちへの貢献を目的に開催していたため、
1回のみの開催で、再開催する予定はありませんでした。
しかし、多くの皆様から再開催のご要望をいただいたので、
1年間ぶりに復活することとしました。

前回は2時間のショートセミナーでしたが、参加者からの
「1日かけてじっくり学びたい」という声にもお応えし、
今回は時間を3倍にして「1日集中セミナー」としました。

内容詳細はこちらまで
http://www.speed-change.jp/english
【講師について】

講師は日米コーチング交流協会の代表/堀江が務めます。

堀江は中学の最初に<ある方法>を1ヶ月学んだことで、
学校では常にトップの成績を収め、高校3年間の英語の授業は、
つまらなすぎて、いつも読書、お絵描き、または昼寝(笑)

2年前より海外ビジネスに取り組み、開始後数ヶ月で
月収7桁を越え、わずか2年間で億単位のビジネスに
育て上げました。次期の業績も数倍になる見通しです。

堀江はよく「英語は楽しくないと続かない」と言います。

そして、「異なる文化をつなぐ架け橋となること」を
ライフワークとして、海外のビジネスパートナーたちと
深い信頼関係を築きながら、現在も楽しくビジネスを
成功させています。

堀江が最初に学んだ<ある方法>とは何だったのか?
そして、海外ビジネスを成功させてきた要因は何か?

その秘訣はこちらからご覧いただけます。
→ http://www.speed-change.jp/english

あなたがたとえ英語初級者であっても関係ありません。
半年後には中級英語をマスターし、世界中で親友を作り、
1年後には楽しく充実した海外ビジネスを作ることは
実際に可能なのです!

あなたの成功を心より応援いたします。

With Love & Passion

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
日米コーチング交流協会 運営事務局
http://www.speed-change.jp/english (英語&海外ビジネスセミナー)
http://www.speed-change.jp/seminar (達成の科学セミナー)
〒135-0004 東京都江東区森下4-17-4
info@speed-change.jp
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)セミナー、講演会  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年03月10日

成功のスパイラル!(その4) 4

成功のスパイラルの4つのポイント

1)自信を持つ → 2)可能性が見えてくる → 3)行動を起す。

を紹介した。 今日は4つ目である。

それは「結果」である。

行動を起せば、「結果」が出る。 この結果には、「成功という結果」と「失敗という結果」の二つがある。

「成功」の場合は問題ない。 しかし「失敗」の場合、どうするか?
やり方を変えて、再度挑戦するのである。
結果が、失敗の場合、行動のプロセスのどこかに改善点のあることを、教えてくれる。 そこを訂正して行動を再度実施するのである。

以上をまとめると、成功のスパイラルは、1)自信、2)可能性、 3)行動、 4)結果 の4つである。

この内、1)自信と2)可能性を「感情のマネジメント」と呼ぶ、これは成功体験があろうが、なかろうが、自信を持って、可能性を信じることが重要になる。

また3)行動と4)結果は、「戦略的行動」と呼ぶ。
すなわち、結果が成功しなかった場合、あきらめずに次の行動をとる必要があるが、今と違った行動を取る必要がある。

同じ行動をしてしまうと、同じ結果が出る可能性がある。

今日の一言

「成功のスパイラルとは、自信→可能性→行動→結果、である。

感情のマネジメントにより、自信→可能性を見つけ、戦略的行動により、行

動→結果、をマネージしていくことが、重要である。」

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年03月09日

成功のスパイラル!(その3) 4

成功の4つのポイントは、1)自信を持つこと。そうすれば、2)成功の可能性が見えてくる。その次は?

成功のスパイラルと呼ぼう。
3つ目は、「行動」である。
自信を持ち、可能性が見えてくると、行動を起すことができる。

成功するためには、この「行動」が重要である。

うまくいかなかったにしても、何度も、何度も挑戦すること。
行動を継続すること。が成功のポイントである。

頭の良い人は、考えすぎて、なかなか行動しない人がいる。
しかし、行動をしないことには、見えてこないこともある。

また1回目で成功しよう、は少し贅沢である。
何度も行動を繰り返し、何度目かの挑戦でやっと、成功する。
それが現実であると思う。

その成功の裏には、多くの行動があるのである。

まとめると、成功するためには、まず自信を持つこと→そうすれば可能性が見えてくる。→そうすれば、行動を起すようになる。→(次回のお楽しみ)

となる。

今日の一言
「成功するためには、行動力が重要である。
行動するためには、自信を持ち、成功への可能性を信じ、果敢に行動する。
これが成功へのMapである。」


小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年03月08日

成功のスパイラル!(その2) 4

成功の4つのポイントの第一番は、昨日紹介した「自信」であった。

では第2のポイントは?

「可能性」である。 

「自信」が出来ると、「可能性」が見えてくる。

「自信が持てなかったから、可能性が今まで持ててなかったんだ。」

と聞こえてきそうである。

ここで考えてほしい。

自信がすべての源である。そして自信が着くと、自然と可能性が見えてくる。

今日の一言

「自信」の次に必要なスキル、それは「可能性」である。

自信の次に、成功の可能性が見えてくるはずである。

感謝! 感謝!

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

成功のスパイラル! 4

昨日の日記で「成功は確率である。」と書いた。
もう少しブレイクダウンしよう。

成功にいたるには、4つのポイントがある。

1つ目は、「自信」である。

まず「自信ありき」 自信がなければ何も始まらない。

大学で教鞭をとっているとき、学生から「私は自信がないんです。自信をつけるには、どうすればいいんですか?」という質問を受けた。

「おお〜そうか。自信がないのか?」とはじめてわかった。

私の答えは「自信は持ってください。自身がなければ人生なにもはじまりません。何故なら自信がなければ、行動、挑戦しないからです。」

ではどうすれば自信がつくか? 

「自信」を持つかどうかは、本人が決められる。

自信をどうやって持つか。 簡単である。

1 私は自信がある、と心で念じ決断すること。(成功したヴィジョン)
2 自信があるようなふるまい(体の動き フジオロジー)をすること。
3 口に出すことば(ボキャブラリー)で「私は成功するんだ。大丈夫だ。やるぞ〜〜。」と叫ぶこと。

これで自信はつく。

今日の一言

「成功の第一ステップは、自信を持つことである。」

「自信を持つポイントは、ヴィジョン、フィジオロジー、ボキャブラリー、の3つの実行である。」

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ