2017年04月01日

Good News ! 講演紹介実績20万件以上のシステムブレーンの人気講師ランキングでベスト50にランクインしました。

〜「いい日いい出会いをプロデュース」するために〜

講演紹介40年、20万件以上の講演紹介実績のシステムブレーンの人気講師ランキングで
小森康充がベスト50にランキングされました。

人気講師ベスト50 −2016年版−

システムブレーンの2016年の約4,000件の講演会・研修・セミナーにおける講師派遣実績より、講演依頼回数の上位50名を集計しました。

人気講師ベスト50(システムブレーン)
(2016人気講師Vol2をご覧ください)
https://www.sbrain.co.jp/cc/best50

小森康充の紹介ページ
https://www.sbrain.co.jp/keyperson/K-7565.htm

今後もビジネス社会の勝利と成功をサポートするため多くの講演、研修に参加させていただきます。

357A9227


2017年03月27日

営業研修はアクションラーニングで定着化する。営業研修の成果は出ておりますでしょうか?

営業研修はアクションラーニングで定着化する。

営業研修の成果は出ておりますでしょうか?

多くの企業の営業部門で人材開発に取り組まれていますが、なかなか成果が継続しないというご相談はよく頂きます。

研修を受講することで、モチベーションアップやスキルアップが期待できます。

しかし、それらを継続的に保つことは限界があると言われています。

そこで提案させて頂くのは、「アクションラーニングを用いた継続学習のプログラム」です。

スキルを定着させるアクションラーニング

アクションラーニングは、グループで行います。

グループで課題に対処し、その解決策を立案・実施していく過程で生じる実際の行動とそのリフレクション(振り返り)を通じて、個人、そしてグループ・組織の学習する力を養成する学習法です。

研修の場だけでなく常に課題に取り組むので、学習成果を最大化が期待出来ます。

詳細は以下株式会社システムブレーンさんの記事をご覧願います。

https://www.sbrain.co.jp/cc/corporation/cor-presen-jinzai/cor-presen-jinzai-topic/6687

プレゼンテーションは聴衆に対するプレゼント(贈り物)である。話し手の自慢話ではない。

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日は「プレゼンテーションのポイント」についてお話します。

皆さんは日々、会議でプレゼンテーションをする機会は多いのではないでしょうか?

毎回、効果的なプレゼンテーションができてますか?

効果的なプレゼンのポイントは。

「プレゼンテーションは聴衆へのプレゼント(贈り物)である。」です。

プレゼンは誰のためにするのでしょう?それは、話し手の自慢話ではなく、聴衆(聞き手)のためのものです。

プレゼンの主役は話し手ではなく「聴衆」です。

この心構えから効果的プレゼンの準備は始まります。

話し手の言いたいことではなく、「聴衆は何が聞きたいのか?」「聴衆の理解しやすい言葉は何か?」等

聞き手の為の準備ができるでしょう。

聴衆に喜んでもらってはじめてプレゼンは成功となります。

「この話は聞けて良かったな。明日から実行しよう。」と聴衆のやる気を引き出すプレゼンにするには、この心構えが必要です。

「プレゼンテーションは聴衆へのプレゼント(贈り物)である。」

今日から実践してください。



小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)プレゼンテーション  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

「営業の基本 顧客と信頼関係を築く商談の進め方」研修を開催!(参加者募集中:SMBCコンサルティング東京主催)

一般参加可能な営業研修を東京で開催します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
売上を最大化する「最強の営業手法」とは?

「営業の基本 顧客と信頼関係を築く商談の進め方」研修を開催!(参加者募集中)
〜論理的・実践的で今日から使える成功のテクニック〜
詳細、申し込みページ(SMBCコンサルティング東京主催)
https://goo.gl/F6FwRw

研修日時:2017年04月25日(火) 10:00〜 17:00

概要*近年のお客様は、法人・個人を問わず製品知識や購買経験が豊富で、常に多忙を極めています。このため、自分の役に立ちそうもない営業担当者と会うことはありません。
これからの営業活動は、お客様の意思決定のプロセスをしっかり理解し、論理と心に訴える商談を展開していかないと成果は得られません。
本セミナーでは、お客様の購買決定のメカニズムを心の扉で表現し、各段階にあった適切な商談の進め方を学んで頂きます。
新任〜中堅の営業担当の方の積極的なご参加をお待ちしております。

※配布書籍:『スベらない商談力』(かんき出版)
image


研修のメリット
◎顧客と信頼関係を築くための、営業の心構えと商談の進め方が理解できる
◎顧客の本当のニーズ・ウォンツを引き出すコミュニケーションスキルが身につく
◎クロージングに強くなり成約率がアップする

プログラム
1.はじめに
  1)商談は、お客様の心の窓を開くことから始まる
  2)心の窓が閉じているときに商品をアピールしても、商談はスベるだけ
  3)お客様と信頼関係を深め、心の窓を全開にする

2.購買の大原則
  1)お客様は、なぜその商品を買うのか?
  2)お客様は営業が売りたいモノを買うのではない

3.お客様と信頼関係を築くには
  1)正直で誠実な態度で接する
    ●あいさつをしっかりする
    ●約束を守る
    ●公平に接する
    ●感謝の気持ちを持つ
  2)お客様の話をしっかり聴く
    ●お客様より自分の方が話していないか?
    ●人は、自分の話をよく聴いてくれた人に心の窓を開く
    ●心の窓が大きく開いているときこそ、商品を売り込む絶好のタイミング!
  3)コンタクト回数の法則 
    ●会う回数をとにかく増やす 
    ●会話の回数を増やし、心の窓を少しずつ開いていく
  4)買ってくれないお客様は将来の宝物
    ●今、買ってくれないお客様は、将来のお客様候補
    ●お客様を宝物と思えれば、将来の結果は見事に違ってくる

4.お客様の“本音”を引き出す 6つのテクニック 
  1)「この商品売ってよ」とお客様に言わせる 〜「リスニング」のテクニック〜
  2)話をどんどん引き出す 〜「誘導」のテクニック〜
  3)目は口ほどにモノを言う 〜「アイコンタクト」のテクニック〜
  4)沈黙は金 〜「ポーズ(沈黙)」のテクニック〜
  5)相手の話をもっと深める 〜「ミラー」のテクニック〜
  6)他にないですか? 〜「話題変換」のテクニック〜

5.お客様の“買った!”を引き出す 5つのステップ
  1)お客様のニーズ(条件)を確認する
  2)アイデアを提案する
  3)アイデアを具体的に説明する 
  4)利点を強調する
  5)お客様の同意を得る

6.お客様の“イエス”を引き出す クロージングの決めゼリフ
  1)ストレートに注文を聞く
  2)二者択一してもらう
  3)相手に答えてもらう
  4)次の行動を述べる
  5)沈黙する

7.おわりに
  できる営業は、目標も高く、成功を信じる力も高い
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
研修はロールプレイを多く取り入れ参加型、実践的に行います。
初めての方もお気軽に参加ください。

「営業の基本 顧客と信頼関係を築く商談の進め方」研修を開催!(参加者募集中)
〜論理的・実践的で今日から使える成功のテクニック〜
詳細、申し込みページ(SMBCコンサルティング東京主催)
https://goo.gl/F6FwRw

当日会場でお会いできるのを楽しみにしています。

2017年03月24日

得意先が商品の購入を決定する2つの条件はFACT(事実、条件、データ:頭で判断する)とFEELING(気持ち、印象:心で感じる)である。

営業の皆さんへ

得意先が商品の購入を決定するには2つの条件があります。

FACT (ファクト:事実、データ、条件が合致すること、頭で判断する)

FEELING (フィーリング:気持ち、心地よい感情、印象が良いこと、心で感じる)

フィーリングの3つのポイントはヾ覯茵幣ι福法↓会社、1超箸凌祐崟、です。

このFACTとFEELINGの2つの条件が良ければインフォメーションエクスチェンジ(Information Exchange)が起こり商品の購入に結びつく可能性が高まります。

つまり「お客様の心の窓が開く」ということです。

150115_小森康充氏_252


よく営業が勘違いしてしまうのは、

「商品が良かったら必ず得意先は買うはずだ。」

「価格が安かったら必ず得意先は買うはずだ。」

というものです。もちろん商品力は優れていることが重要ですし、価格も安いほうが嬉しいでしょう。

ただこの2つの条件はFACTに関するポイントでFEELINGも要素としてあるのです。

得意先があなたの会社をよく知らなかったら契約しないでしょう。

営業が時間に遅れて来て印象が悪ければ、商品が気に入っても買わないかもしれません。

つまり得意先が「心の窓を開き」商品を買ってくれるのはFACT(条件)とFEELING(印象)の頭での判断と心に感じる好印象の2つが合致したときに最も契約率がアップするのです。

そして得意先からの印象をよくするには、相手の話をよく聞くことが重要です。

スポーツの話でも世間話でも得意先の話を笑顔でしっかりと聞いてあげること。

これが営業の印象を印象を良くし、信頼関係構築に繋がります。

得意先が商品の購入を決定する2つの条件はFACT(事実、条件、データ:頭で判断する)とFEELING(気持ち、印象:心で感じる)である。

今日から実践してください。


小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トラックバック(0)成功営業の秘訣  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年03月23日

最も効果的な商談の3つのステップとは? 〜スベらない商談力より〜

最も効果的な商談の3つのステップとは?
〜スベらない商談力より〜

営業の皆さんへ

今日は「最も効果的な商談の3つのステップ」を紹介します。

image


仝楜劼陵徊勝⊂魴錣鬚茲聞く
(話法:誘導、沈黙、繰り返し、心地よい質問、立ち入った質問、で顧客の心の窓を開き本音の条件を聞き出します) ➡

顧客の要望条件をまとめる
(解釈で聞き出した条件を確認します) ➡

8楜劼離法璽困帽腓Ε廛薀鵑鮴睫世垢
(顧客の利点フォーカスの5話法で説明し、クロージングします)

以上が最も効果的な商談の5ステップです。

多くの営業はプランの説明にフォーカスする人が多いと思います。
 しかし商談で重要なポイントは、仝楜劼陵徊召鬚茲聞く、顧客の要望条件をまとめる、
以上の2つのポイントになります。

商談とは、相手の心の窓を開くこと。

今日から実践してください。




メンバーのやる気を引き上げる手法、1人ひとりの導火線の見つけ方

メンバーのやる気を引き上げる手法

ビジネスリーダーの皆さんへ

前回のブログで「メンバーのやる気を引き上げる3つの秘訣」.廛薀ぅ匹鬚すぐる、競争心を刺激する、チームワークを意識させる、を紹介しました。

皆さんがビジネスの現場で効果的にメンバーのやる気を引き上げるには、この3つの秘訣をうまく組み合わせて使うことが求められます。

プライドをくすぐるとやる気が高まりやすい人もいれば、ライバルと競争することが好きな人もいます。逆にやたらにホメられると気持ちがしらけてしまう人、競争をあおられることを嫌悪する人もいます。

150115_小森康充氏_239


基本的には誰でもやる気を出したいと思っています。よく燃える油は誰の中にも必ずあるものです。

リーダーの役割は、その油につながる導火線を見つけて、そこに火をつけることです。そのために大事なことは、何度も述べているように、メンバー1人ひとりをよく見て、よく話を聞くことです。

メンバー1人ひとり、導火線は違うところにあるでしょう。でも、必ずどこかにあるはず。そう信じていれば導火線は必ず見つかります。

やる気の導火線に火をつけると言うと、何かとても難しいことのように思えるかもしれませんが、あまり難しく考えすぎず、積極的にメンバーに関わればいいのです。そのリーダーの積極的な姿勢がメンバーに火をつけることもあるのですから。

今日から実践してください。



2017年03月22日

やる気を引き上げる3つの秘訣、その人に最適の役割を与える、リーダー3年目からの教科書より

やる気を引き上げる3つの秘訣 その人に最適の役割を与える、

〜リーダー3年目からの教科書より〜

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日は「やる気を引き上げる3つのポイント」の3つめ「その人に最適の役割を与える」を紹介します。

メンバーのやる気を引き上げるためには「チームワークを意識させる」ことが重要です。

自分1人のためだと「これくらいでいいか」と妥協してしまうことでも、チームのため、周りの人たちのためだと思うと妥協せずにがんばれる、ということがあると思います。

そのためには、チームにとって大切な役割をメンバー各自に与えることが大事になります。

それもできるだけ具体的に、できればその人にしかできないような役割であると、なお良いでしょう。

「明日の日曜日、野球の試合があるんだけど1人足りないんだ。出てくれないかな?」

この誘い方では、「誰でもいいから1人来てほしい」と言われているようなものですから、休みの日にわざわざ行こうという気になりません。

「小森さん、明日の日曜日、野球の試合があるんだ。高校時代、野球部だったんだよね。ぜひそのときと同じ、ファーストで5番をお願いできないかな?」

こう誘われれば、せっかくの休みの日でも行く気が出てくるのではないでしょうか?

単なる人数合わせでは、やる気に火がつきませんが、自分のことを調べたうえで、それに相応しい役割を用意して待っていると言われれば、イヤな気はしないはずです。

仕事でも同じことが言えます。

リーダーがメンバーの特徴や嗜好をよくつかんだうえで、それに相応しい役割を与えれば、そのメンバーのやる気が一段と高まるのです。

今日から実践してください。





2017年03月21日

「やる気を引き上げる3つの秘訣、▲薀ぅ丱襪鬚弔る」とは? リーダー3年目からの教科書より

「やる気を引き上げる3つの秘訣、▲薀ぅ丱襪鬚弔る」とは?
リーダー3年目からの教科書より

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日はメンバーのやる気を引き上げる2つめのポイント「ライバルをつくる」を紹介します。

つまり「競争心を刺激する」です。
そのためには競争する相手、ライバルが必要です。それも1つではなく、3つくらいあるといいでしょう。

1つめのライバルが、ライバル会社です。
どの会社にも競争相手となる会社があるものです。その会社をライバル会社に設定して競争心を刺激します。

2つめのライバルが社内の別の課(チーム)です。
社内ライバルをつくるのです。これも営業1課と営業3課などはわかりやすいと思いますが、人事課と経理課がコストダウンを競ってもいいですし、残業時間の削減を競ってもいいのです。リーダーの工夫次第、アイデア次第です。

3つめが、個人のライバルです。
「同期のあいつには負けない」というのでもいいですし、「1年先輩のあの人には1日でも早く追いついてみせる」でもいいでしょう。

こうしたライバルをリーダーがうまく設定して、競争心を刺激するとメンバーのやる気が高まります。

今日から実践してください。


「やる気を引き上げる3つの秘訣、.廛薀ぅ匹鬚すぐる」とは? リーダー3年目からの教科書より

「やる気を引き上げる3つの秘訣」とは?
リーダー3年目からの教科書より

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日はメンバーの「やる気を引き上げる3つの秘訣」を紹介します。

.廛薀ぅ匹鬚すぐる

競争心を刺激する

チームワークを意識させる

以上の3つです。

「プライドをくすぐる」、

これはP&Gで私が一番やってもらつたことです。
P&G のリーダーは、このプライドをくすぐるのがとてもうまいのです。

たとえば、目標を達成したらすかさず「小森さん、さすがだね。小森さんならやってくれると思っていたよ。」などとすぐにホメてくれます。

私がほかの人より高い目標を掲げたら、「そのチャレンジ精神がすばらしい。期待してるよ。」などとおだててくれます。

目標を達成したり、結果が出たときにホメるだけでなく、思わずがんばってしまうような言葉がけがプライドをくすぐります。

3年目のリーダーなら火に油を注ぐような声をかけられるように工夫したいものです。

今日から実践してください。



小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ