2017年08月29日

「チームを動かすための管理職塾2017(第6期)」(大阪中小企業投資育成株式会社主催)のご紹介。参加者募集中です。

「チームを動かすための管理職塾2017(第6期)」(大阪中小企業投資育成株式会社主催)
を開催します。参加者募集中です。

詳細、申し込みページ
https://www.sbic-wj.co.jp/school/?seq=2751

書籍「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)をテキストで使用します。

image


「チームを動かすための管理職塾2017(第6期)」

「3年間で結果を出せないリーダーは、その後も良きリーダーになる可能性は低い。」
と言われます。

リーダーの役割は、.蝓璽澄璽轡奪廖↓⊃佑魄蕕討襦↓マネジメントです。
そのためにはメンバーとの「信頼関係」はなくてはならないものであり、このための
コミュニケーション能力は非常に重要です。

image


この基本的なことをおさえていないリーダーは、空回りし、チームを動かし成果を上
げることが難しいと言えます。

企業の多くは、プレーヤーとして成果を上げてきた人材を管理職に登用しています。
しかし、そのような人材が必ずしもチームとして成果が上げられるとは限りません。
むしろ昇格した後、部下を使いこなせずパフォーマンスが落ちる人も見られます。

これは、自分と他人が「違う」ことをわかっていないからです。

管理職としてのリーダーの役割で最も重要なことは、部下を育成し、チームを動か
して、会社としての目標を達成することです。

開催日時
2017年10月11日(水)〜2018年3月15日(木)
全6回 10:00〜17:00

開催場所
大阪中小企業投資育成株式会社 セミナールーム
大阪市北区中之島3−3−23 中之島ダイビル 28階

費用
投資先企業 178,000円(1人目   税込・昼食含まず)
  〃   148,000円(2人目以降 税込・昼食含まず)
一般企業  198,000円(1人目   税込・昼食含まず)
  〃   168,000円(2人目以降 税込・昼食含まず)
<東京投資育成、名古屋投資育成の投資先様(関連会社を含む)は
 投資先企業価格になりますので、申込書通信欄にその旨ご記入下さい>

講師
小森 康充 氏(元P&G アジアパシフィック最優秀マネージャー)

お問い合わせ先
大阪中小企業投資育成株式会社 (担当:事業支援部 石田・中川・中島)
〒530-6128 大阪市北区中之島3-3-23 中之島ダイビル28階
TEL 06-6459-1700  FAX 06-6459-1703

「チームを動かすための管理職塾2017(第6期)」(大阪中小企業投資育成株式会社主催)
詳細、申し込みページ
https://www.sbic-wj.co.jp/school/?seq=2751
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
当日研修会場でお会いできるのを楽しみにしています。



2017年08月27日

決断力のマネジメント研修を紹介します。組織力強化のためにビジネスリーダーが正しい決断をすることが重要です。

[画像:9b3a9478-s.jpg]
「決断力のマネジメント」研修を紹介します。

組織力強化のためにはビジネスリーダーが正しい決断をすることが重要です。

上記漫画はストーリーマップと言うもので研修内容を面白い1枚の漫画で表したものです。

ストーリーマップは楽しく学べ、記憶効果にも優れ、復習にも使いやすい画期的な研修手法です。

似顔絵白黒部門世界チャンピオンのケンイチさんに描いてもらいました。このストーリーマップを使い講演、研修を実施します。

以下講演、研修の内容です。

想定する対象者

チームの目標達成にむけてマネジメントスキルを高めたい管理職
「決断力」を高めたいリーダー

提供する価値・伝えたい事

1)決断力はトレーニングできるプロセスであることを理解する
2)決断力の6つの原則を理解する
3)決断したことは必ずやりとげるというコミットメント(決意)の重要性を理解する

内 容

「決断力の6原則」
原則1 会社方針と一貫性のある正しい決断を下す
原則2 目的思考を常に持つ
原則3 決断する事柄に関する有効な情報をできるだけ多く集める
原則4 長期的なビジネスに焦点をあてて決断する
原則5 本当に決断すべきことに焦点をあてる
原則6 決断したことは必ずやり遂げるという強いコミットメントを持つ



講演紹介のシステムブレーンHP 
「決断力のマネジメント」研修紹介ページ
https://www.sbrain.co.jp/theme/T-66427.htm


小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)決断力のマネジメント会社、団体紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年08月25日

「人の上に立つ」ために本当に大切なこと(ジョン・C・マクスウェル著)ダイヤモンド社、オススメ書籍のご紹介

「人の上に立つ」ために本当に大切なこと(ジョン・C・マクスウェル著)ダイヤモンド社、オススメ書籍のご紹介

「人の上に立つ」ために本当に大切なこと
ジョン・C・マクスウェル
ダイヤモンド社
2013-03-01



「人の上に立つ」ために本当に大切なこと(ジョン・C・マクスウェル著)ダイヤモンド社を読んでいる。

オススメ書籍として紹介したい。

著者のジョン・C・マクスウェル氏はリーダーシップの世界的権威、人材育成、組織開発を行うジョイグループを主宰。フォーチュン500社の有力企業、軍、政治、スポーツ等あらゆる分野から絶大な信頼と人気を得ている。70冊以上の著書があり世界で累計1800万部を記録するベストセラー作家である。

本書で私がチェックしたポイントは

_罅垢話狼緇紊砲ける自分たちの存在意義が物質的繁栄にあると考えがちだが、本当は魂の開発にある(ノーベル賞作家ソルジェニーツィン)

我々は何かを選択するたびに、人格を作り上げている

G海┐襪茲Δ幣霰を持てば、人々はあなたが情熱を燃やして活動しているところを喜んで見に来るだろう(18世紀キリスト教伝道者ジョン・ウェスレー)

っ,上げで富を築いた100人の調査で、共通の特徴が1つだけ見つかった。大成功を収めた人々はみな、人間の善なる部分のみを見ている(ジャック・ウィーゼル)

ゥ蝓璽澄爾里△襪戮姿は「希望を売る商人」である(ナポレオン)

ν燭┐蕕譴覆い發里呂垢戮銅困錣譴

Ю功したければ失敗の数を2倍にする

┐燭箸╂気靴ち択であっても時期を逸すると間違った選択になる(リー・アイアコッカ)

人間がこの地球上に存在するのは、他の人々のためである

人々とうまく付き合う上での最大の障害は、自分自身とうまく折り合いがついてないことである(フランスの小説家バルザック)

人は何かを得るたびに必ず何かを失う(エマーソン)

収穫がお気に召さないのなら、蒔いている種をチェックしなさい

達成不可能に思えるビジョンは勝者だけを引きつける

以上、「人の上に立つ」ために本当に大切なこと(ジョン・C・マクスウェル著)ダイヤモンド社、多くのビジネスリーダーに読んでいただきたいオススメの書籍である。




小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)本の紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年08月24日

リーダーとして不可欠な決断力を鍛える!『決断力のマネジメント研修』人事・教育部門ご担当者様向け【無料】デモセミナーのご案内

リーダーとして不可欠な決断力を鍛える!『決断力のマネジメント研修』

人事・教育部門ご担当者様向け【無料】デモセミナーのご案内(主催:かんき出版教育部)
詳細、申し込みページ
https://kanki-pub.co.jp/edu/seminar/?p=683

「決断力のマネジメント」とは、単に物事を決定することではなく、
チームメンバーを巻き込み、ビジネス目標達成という結果にコミットメントすることです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●「決断が遅れて、案件を失注してしまった」
●「目的がぶれて部下に伝わってしまい、達成できなかった」
●「リーダー自身に“軸”がなく、伝えることが毎回異なる」
  ↓   ↓   ↓   ↓
これらの原因はリーダーに「決断力」が欠けているためです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

P&G創始者のウイリアム・プロクター曰く・・・
「私が今まで見てきた人たちの中で、リーダーシップを発揮していた人々は、
積極的で、献身的で、勇敢で、決断力があり、
決断したことは必ずやり遂げるという決意を持っていた。」
  ↓   ↓   ↓   ↓
リーダーに必要な要素の一つである「決断力」を高め、
組織力の強化が達成できるようになります!

▼POINT
☆会社方針と一貫性のある正しい決断を下す!
☆目的思考を常に持つ!
☆長期的なビジネスに焦点をあてる!
☆必ずやり遂げるという強いコミットメントを持つ!


当セミナーでは、決断力を鍛えるヒントをお伝えします。
この機会に、ぜひご体験ください。

本セミナーは、人事・部門教育ご担当者様向けとなっております。
※研修会社及び自己啓発目的による個人の方の参加はご遠慮願います。
※応募者多数を見込んでいるため抽選とさせていただきます。
(申込受領後3営業日以内に当選結果のご案内をいたします)

開催日時
2017年10月3日(火)18:30〜20:30  
※受付開始(開場)は、18:00です。

会場
かんき出版 セミナールーム
東京都千代田区麹町4-1-4西脇ビル3階 

対象者
人事・部門教育ご担当者様向け
※研修会社及び自己啓発目的による個人の方の参加はご遠慮願います。
※応募者多数を見込んでいるため抽選とさせていただきます。(申込受領後3営業日以内に当選結果のご案内をいたします)

受講料  無料

講師  小森康充 (小森コンサルティングオフィス代表)

定員  24名 ※定員に達し次第締め切らせていただきます。

受付期間 〜2017年10月2日(月)まで

お問い合わせ
株式会社かんき出版 教育事業部 【セミナー事務局】
電話:03-3262-8014    eメール:doujou@kanki-pub.co.jp
詳細、申し込みページ
https://kanki-pub.co.jp/edu/seminar/?p=683
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
当日会場でお会いできるのを楽しみにしています。


小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)決断力のマネジメントセミナー東京  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年08月23日

本日は「マネジメント」研修、「部下育成OJT 」研修をダブルヘッダーで開催しました。 (SMBC コンサルティング東京主催)

本日は「マネジメント」研修、「部下育成OJT 」研修をダブルヘッダーで開催しました。
(SMBC コンサルティング東京主催)

[画像:28d77027-s.jpg]

ストーリーマップという研修内容を面白い1枚の漫画で表したものを活用し実践的に楽しく学んでもらいました。

組織管理のマネジメントスキル、部下育成OJT スキルには手法があります、

そのスキルを学び身につけてもらったほうが効率的にビジネスの成果に結びつきます。

本研修では、体系的にスキルを学んでもらいます。

本日は参加者の皆さんの積極的な受講態度のお陰で効果的な研修にできたと判断しています。

次回の研修予定です。
(SMBC コンサルティング東京主催)

「スベらない段取りの技術」
9月14日午前

「スベらない商談の技術」
9月14日午後

以上、研修会場でお会い出来るのを楽しみにしています。


小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)OJT人材育成トレーニングスキル  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年08月22日

ディシジョンマッピング(DM)とは得意先組織のキーマンの役割を把握し、目的に応じて臨機応変に最適な相手と商談できるマルチレベルコンタクト手法である

営業本部長の皆さんへ

今日は得意先とのビジネス開発に大きな影響力のあるディシジョンマッピング(DM)の手法について紹介します。

得意先との信頼関係を構築して長期的にビジネスをアップさせるためには得意先幹部との良好な関係が重要です。

では得意先の幹部はどのように意思決定をするのでしょう。1つのモデルパターンを紹介します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ディシジョンマッピング(DM)の手法(マルチレベルコンタクト)

得意先組織のキーマンの役割を把握し、目的に応じて臨機応変に最適な相手と商談できるマルチレベルコンタクト手法。マッピングとは、得意先が決断を下す所へ辿り着くために準備された道しるべのことである。

得意先の3つの決断
過去に下された決断
現在、決断していること
将来、下さなければならない決断

DMの指す決断とは
得意先の企業戦略に影響を与える決断のことである

DMの価値
得意先との組織化されたマルチレベルのチームアプローチ
得意先ビジネスの分析、プラン作成の援助をする
ブレイクスルーな目標とアイデアの提案をする

DMにおける得意先の3者の役割

Owner(経営者、社長、取締役)   ⇔営業部長(当社)

Evaluater(評価者、部長、課長)   ⇔営業課長(〃)

Implementer(実施者、バイヤー)  ⇔営業マン(〃)

得意先の決断に影響を与える6つの要素

得意先のニーズ(メーカー、当社に求めているもの)

ファンド資金(得意先、当社の使える資金、販促金、キャンペーン費用)

ビジネスの一貫性(企業方針、戦略の一貫性と相違点)

製品、サービスの合致性(得意先MD方針と当社MDの合致点と協力体制)

得意先との関係(3者との信頼関係、友好関係のレベル)

競合(当社の競合メーカーと得意先との取り組み、競合の予想される提案)

DMのアプローチ

事前に提案するアイデアの内容によって最適な得意先キーマンを選定し、彼が興味を引く材料をプレゼン内容に組み入れたアプローチをすること

3者のニーズの違い
          Owner 、  Evaluater、 Implementer 
           (社長)      (部長)       (バイヤー)
ヴィジョン      長期的       中期的       短期的
モティベーション  イメージ、斬新、 客観性、ポリシー  現実性、実施可能 
パワーの源     ポジション     インフォメーション  スキル
メリット       競合優位性    売上、利益達成   売上達成
関心         コンセプト     データ、価値観、   価格、協賛金
行動         決断、指示    アドバイス、評価   実施、サポート
アプローチ      方向付け      参加的         説得的、訪問を期待         

.螢機璽繊       ―          〇           〇
▲灰鵐札廛函      察           〇      ―
実践方法      ― 〇           〇
し菽如        〇         〇           〇
ゼ損棔        ―         〇           〇
ι床繊         察       〇           ―

(O:社長)はコンセプトにより決断し、評価する
(E:部長)はすべてのステップに関係するキーマン
(I:バイヤー)はEと共に実践方法を考え実践する
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以上、今日から実践してください。

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)営業の秘訣トレーニングスキル  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

営業管理職の皆さんへ、得意先とのビジネス開発の4つの重要ポイントを紹介します。

営業管理職の皆さんへ

今日は「得意先とのビジネス開発の4つの重要ポイント」を紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
得意先とのビジネス開発の4つの重要ポイントとは

得意先で達成すべき結果(目標)、得意先のニーズを明確に理解することができる。

得意先からあなたの取り扱い商品に対する知識は専門家的(エキスパート)と思われている。

得意先と当社のシステムを、双方にとって利益のある、WIN−WINのビジネス結果が得られるように統合し、有効活用できている。

得意先と互いに信頼、理解、協力、尊敬しあうことによって、強力なビジネス関係及び
個人的な友好関係を構築している。

具体的な営業活動にて重要な4つのポイントは

1) 知っておくべき得意先情報

ビジネス状況、
得意先の組織、キーマンは誰か
キーマンの物の見方、考え方、
担当者の業績評価基準

2) 相互に信頼を確立する

常に正直である
自分ができること、できないことを得意先に対して明確にする
短期的な人気を得ることより、長期的に尊敬されるよう専念する
信念を貫き勇敢さを示す

3) 得意先に対しビジネスのエキスパート的存在になる

定期的にビジネスレビューを実施する
得意先のビジネス状況を常に把握している
自社取扱い製品カテゴリーについて深い知識を有している
競合他社状況を含めて業界の情報について精通している

4) その得意先を訪問しているメーカーセールスで1番有名になる

得意先の主要人物の名前を全部知っている
あなたの名前と社名を得意先の多くの人が知っている
得意先担当者とビジネス以外の話ができる
得意先から会社名ではなく名前で呼ばれる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以上今日から実践してください。


小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)トップセールスの段取り仕事術  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

「商談力習得セミナー&リーダーシップセミナー」を9月6日、7日に鳥取市雇用促進協議会主催で開催します。

「商談力習得セミナー&リーダーシップセミナー」を9月6日、7日に鳥取市雇用促進協議会主催で開催します。

参加者募集中です。

鳥取市雇用促進協議会のセミナーページ
http://www.city.tottori.lg.jp/www/contents/1502168096536/index.html


営業トップをめざせ!!お客様に信頼されるスベらない商談力習得セミナー

 

【開催日時】
 平成29年9月6日(水) 9時30分から16時30分まで


部下を育てる!!部下の心に火をつけるリーダーシップセミナー
 
【開催日時】
 平成29年9月7日(木) 9時30分から16時30分まで
 
【開催会場】
 とりぎん文化会館 第4会議室
 

セミナーは講義に加えワークショップを多く取り入れ参加型で実施します。


[画像:0dfb01c9-s.jpg]

またストーリーマップ(研修内容を1枚の面白い漫画で表したもの)を使い楽しく学んでもらいます。

初めての方もお気軽にご参加ください。

鳥取市雇用促進協議会のセミナーページ
http://www.city.tottori.lg.jp/www/contents/1502168096536/index.html

当日研修会場でお会いできるのを楽しみにしています。

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)OJT人材育成スベらない商談力  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年08月21日

「チームを動かすための管理職塾(第6期)」(大阪中小企業投資育成株式会社主催)を開催します。参加者募集中です。

「チームを動かすための管理職塾(第6期)」(大阪中小企業投資育成株式会社主催)を開催します。参加者募集中です。

「チームを動かすための管理職塾(第6期)」
https://www.sbic-wj.co.jp/sp/allseminar/?seq=2751
[画像:eb15549b-s.jpg]


「3年間で結果を出せないリーダーは、その後も良きリーダーになる可能性は低い。」
と言われます。

リーダーの役割は、.蝓璽澄璽轡奪廖↓⊃佑魄蕕討襦↓マネジメントです。
そのためにはメンバーとの「信頼関係」はなくてはならないものであり、このための
コミュニケーション能力は非常に重要です。

この基本的なことをおさえていないリーダーは、空回りし、チームを動かし成果を上
げることが難しいと言えます。

企業の多くは、プレーヤーとして成果を上げてきた人材を管理職に登用しています。
しかし、そのような人材が必ずしもチームとして成果が上げられるとは限りません。
むしろ昇格した後、部下を使いこなせずパフォーマンスが落ちる人も見られます。

これは、自分と他人が「違う」ことをわかっていないからです。

管理職としてのリーダーの役割で最も重要なことは、部下を育成し、チームを動か
して、会社としての目標を達成することです。

「チームを動かすための管理職塾(第6期)」
https://www.sbic-wj.co.jp/sp/allseminar/?seq=2751

講義はワークショップを多く取り入れ参加型で実践的に行います。

多くの管理職の方の参加を期待しています。

「スベらない商談力」(かんき出版)先週の文教堂書店浜松町本店のビジネス書ランキング第5位です。

「スベらない商談力」(かんき出版)先週の文教堂書店浜松町本店のビジネス書ランキング第5位です。

期間:8月13日〜19日

文教堂書店浜松町本店ビジネス書ランキング
http://www.bunkyodo.co.jp/danhp/hama/007-004-04.htm

企業の営業研修テキスト書籍として継続活用いただいていることに感謝です。

[画像:6805a97a-s.jpg]

営業で最も重要なことは得意先との信頼関係構築です。本書では信頼関係の度合いを心の窓を開くという言葉でわかりやすく紹介しています。

得意先に加えて社内の人間関係、家族のコミュニケーションでも実践できるスキル、話法です。

多くの若き営業に読んでもらえると幸いです。

小森コンサルティングオフィス | Permalinkコメント(0)スベらない商談力本の紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ