2009年04月27日

変化適応能力 5

先日レバレッジコンサルティングの本田直之さんの講演に行ってきた。

彼は、「日本人は変化適応能力」が乏しいと言う。

スタンフォード大学の研究データによると、過去ビジネスで成功した人の80%は、予期しない偶然によってキャリアができたそうである。

はじめから目標としていたキャリアを歩んだ人は、20%で、その他80%は、予期しない出会いから新しいキャリアが構築できたそうである。

時代は変化し、そしてその変化、チャンスを的確にものにしていく能力が重要である。

また彼は、現在は「無名の人の時代」という。
過去のビジネス書をみると、1998年の年間ビジネス書トップ50冊のうち、45冊の90%は、大企業の社長、有名人の著者で企業の話でしめられていたそうである。
たとえば松下幸之助、稲盛和夫、大前研一等が、語るものである。

ところが2008年、昨年は、50冊中40冊の80%は、個人スキルの本をほとんど無名の人が書いている。本田直之さんも勝間和代さんもこの2、3年ほどで有名になっている。

よって誰でもやり方によっては、有名になれる時代である。

また時代は個人スキルのアップに熱心になる傾向にある。

誰でもチャンスはある。これをどう活用するかが勝負である。

感謝!

セミナー案内
http://doujou2.kanki-pub.co.jp/seminar/information/com_skill/smn03.php


小森コンサルティングオフィス at 17:49コメント(0)トラックバック(0)成功   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ