2009年11月26日

人を効果的に動かすには 5

コミュニケーションの原則は「心の窓」を開くこと。

「スベらない商談力」で何度も紹介しています。

では、人に良い影響力を与え、効果的に人を動かすにはどのようなポイントがあるのでしょう。

上司、部下、同僚、顧客、友人、家族の皆さんに良い影響を与え、効果的に動いてくれたら、どれほどすばらしいでしょう。

今日は3つのポイントを紹介します。

効果的に人を動かす3つのポイント

1)相手を味方と考える

相手の「心の窓」を開くたっめには、自分自身から「心の窓」を開かないといけません。
そのためには、心の中で、「あなたは、私の味方ですよ。」というマインドがなければいけない。

2)相手の世界を理解する

相手のニーズ、ものの見方、考え方、状況、現在の気持ちと事実、等、相手の世界を理解しよう。
自分の思いどうりに動いてほしいと思う前に、相手は誰なのか?を知ることが大切である。
そのことにより、どのような説得をすれば動いてくれるのか?ヒントになる。

3)相手にしてほしい行動を具体的に伝える

これが以外とできてないことが多い。「相手が動かない」と落ち込む前に自問自答しよう。
「私は、相手に期待する行動を具体的に決め手いるだろうか?」
「私は、相手に期待する行動を具体的に伝えているだろうか?」

以上3つのポイントを実践すれば、以外と人は素直に動いてくれるものである。

一度実践してほしい。

成功例を期待している。 感謝!

今日の一言

「相手の心の窓を開こう。

そのためには、相手を味方と考えよう。

それが信頼関係の第1歩である」


小森コンサルティングオフィス at 08:03コメント(2)トラックバック(0)マネジメントの5つのポイント   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 三小田 修   2009年11月26日 21:35
素晴らしいブログありがとうございます。
確かに、部下や上司が自分の思い通りに動いたらどれだけ素晴らしいかいつも考えます。
人間は解釈ひとつで敵にも見方にもなりますが、相手を見方を増やす方法はいつでもポジティブなお話をしたり、声をかけることが第一歩ではないかと思います。
基本は相手を知ることこれにつきますよね。
2. Posted by kevinkomo   2009年11月28日 17:26
5 三小田さん

コメントありがとうございます。

おっしゃるとうりですね。実践で使っていただければ幸いです。

感謝!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ