2009年10月30日

OJTのサイクル! 5

10月28,29日(2日間)、大阪市役所のOJT部下育成研修(管理職対象)を実施した。

大阪天王寺の大阪市人材開発センターでの実施である。

2日目のメインは、「最も効率的に部下を育成できるOJTのサイクル」を紹介した。

これは人がものを学ぶ習得の3つの手法(聞く、見る、やってみる)を効果的に組み合わせ、最後に上司、部下の話し合いを入れるという4つのサイクルである。

〜最も効果的なOJTのサイクル〜

1)説明 (聞く)
今から教えることに対し上司が部下に説明する
 
2)見本を見せる (見る)
説明したとうりに上司が部下に実際にやってみせる

3)部下にやらせる (やってみる)
部下が説明のとうりに、上司の見本を真似してやってみる

4)話し合い (コミュニケーションスキル)
上司と部下が、部下の良くできた点とできなかった点を話し合う
但し部下が主体となって話しをする


以上の4つがOJTのサイクルである。

ここのポイントは2つ

1)人がものを学ぶ3つのポイント、聞いて学ぶ、見て学ぶ、やってみて学ぶ、の3つが順番に入っている点

2)最後の「話しあい」で上司ではなく、部下が主体となって話をする点
このことにより部下自身が、主体的に考える習慣がつき、OJTが終了して部下が1人で仕事をしているときでも、自分自身でOJTのサイクルを回す習慣がつくことである。

このサイクルは私が20年間のビジネスキャリアの中で部下育成をするのに、最も効果があったスキルである。

営業マンの部下を最も効率的に育てるのには、このサイクルを実施することをお勧めする。もちろん営業職以外の方でも有効活用できる。

このOJTの部下育成のサイクルは、2009年度の大阪市役所のOJTマニュアルにも採用されている。

多くの上司の皆さんが、部下との信頼関係をもとに、効果的なOJTを実施いただければ幸いである。

感謝!






小森コンサルティングオフィス at 09:14コメント(0)トラックバック(0)人を育てるには   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ