2009年12月21日

目的は事前に伝える! 5

コミュニケーションの原則は「心の窓」を開くこと。

これは部下育成についても重要なことです。

上司と部下、先輩と後輩、親と子供、先生と生徒、顧客と営業マン、すべての
関係で信頼関係ができていないとコミュニケーションは、うまくいきません。

「相手の話を聞き、相手を理解する」コミュニケーションはここからはじまり
ます。

今日は、効率的なトレーニングの原則の1つをご紹介します。

このポイントは、人材育成のみならず会議の運営、顧客とのアポイントの取り
方にも有効活用できます。

<効果的な人材育成のポイント:その1>

1)トレーニングの目的を事前に伝える

これは部下をトレーニングする際に、トレーニングの実施日の例えば3日前
にトレーニングの目的を本人に伝える、ということです。
 
簡単な例を上げると、先輩のあなたが、ゴルフのトレーニングを後輩にする
場合。

3日後の土曜日にゴルフのトレーニングを後輩にすることに決めた。

  トレーニングの伝え方

   先輩から後輩に伝達するケース、今日は水曜日である

    ケース1)「今度の土曜の午後、空けといてね」

    ケース2)「今度の土曜の午後にゴルフのトレーニングするからね」

    ケース3)「今度の土曜日の午後、ゴルフのトレーニングをしよう。
       特にグリップの握り方を目的にしようと思うので、よろしくね」

以上の3つの伝え方があります。

ケース1では、土曜日の時間を空けておくことのみ伝えている。後輩は先輩と
何をするのかこの段階ではわからない。後輩は少し不安になるかもしれない。

ケース2では、ゴルフのトレーニングをするという目的は伝えている。後輩は
ゴルフ全般についての心構え、準備はできるでしょう。

ケース3では、具体的にゴルフの「グリップの握り方」という目的を後輩に伝
えている。

さてお勧めは3番の「トレーニングの目的を事前に伝える。できれば具体的に」
というポイントです。

何故か?

後輩の立場で感じてほしい。

あなたは先輩から「3日後にゴルフのグリップの握り方のトレーニングをする
ね」と水曜日に伝えられた。あなたはどのような行動をするでしょう。

水曜日の夜、寝る前にお風呂の中で、先輩の言葉を思い出すかもしれない。

「(一人言で)そうそう、先輩が3日後の土曜日にゴルフのトレーニングをし
てくれるんだよな。グリップの握り方が目的だって言ってたな。 グリップの
握り方ってそんなに大事なのかな?今までは自分は、こう握ってたな(実際に
手を動かす)。他の握り方もあるのかな? こんな質問もしてみようかな?」

後輩は自分自身で頭の中で、グリップの握り方について思いをめぐらせている。

もうお気づきでしょう。
先輩のトレーニングは土曜日です。

しかし後輩が水曜日の夜、頭の中でグリップの握り方について思いをめぐらせ
た。

ゴルフのトレーニングは、水曜日の夜、お風呂の中から始まっているのです。

これがトレーニングの目的を事前に知らせる重要性です。

ケース1,2,3では、土曜日のグリップの握り方のトレーニングの効果は、
始まるまえから違ったものになるでしょう。

これは、会議、商談、家族との会話、すべてに応用できます。

成功例を期待しています。感謝!


小森コンサルティングオフィス at 16:24コメント(0)トラックバック(0)トレーニングスキル   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ