2009年12月12日

最高の成果を生み出す6つのステップ(お勧め書籍) 5

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
クチコミを見る

最高の成果を生み出す 6つのステップ

最高の成果を生み出す 6つのステップ
クチコミを見る

お勧め書籍の紹介です。

最高の成果を生み出す 6つのステップ 

マーカスバッキンガム 日本経済新聞出版社

著者のマーカスバッキンガム氏は、ケンブリッジ大学卒業後、ギャラップオーガニゼーションで17年間、世界トップレベルの職場やリーダー、マネージャーについての調査にたずさわる。現在は独立して自分の会社を持ち、コンサルティング、研修を行っている。
著書に「まず、ルールを破れ」「さあ、才能に目覚めよう」(日本経済新聞出版社)がある。

この本の見出しに

「人は、もっとも得意な分野でもっとも創造力を発揮し、最高の成果を得ることができる」

「自分を強いと感じさせる行動、それがあなたの強みだ」

私は、積極的な言動が、いかにパワフルか、このポイントを重要性してきた。

バッキンガム氏のポイントは非常に興味深く、ネガティブな考え方、言動に注意を促している。

私、小森康充がマークしたポイントとして、

「もしあなたが熱意あふれるサッカーコーチなら、(中略)子供にいつもの罰則的な、イエローカードやレッドカードを与えるのではなく、「グリーンカード」を与える方法を教える。すぐれたパスやタックルをおこなうことに、子供の注意をより多く向けさせることだ」

ポジティブ心理学という分野がある。

この考え方は、ビジネス、教育、医療、プライベートすべての人生にあてはめることができるものだ。

例えば、「HIVに感染して死亡した患者を研究すれば、この病気が体内の免疫システムをどう破壊するのかという有益な知識を得ることができる。

しかし、HIV陽性で病状が穏やかな数少ない患者に着目して研究すれば、それとはまったく異なるもの

ーすなわち、体がどのようにウイルスを抑制しているかーを学ぶことができる。」

簡単に言うと、「自分の強みにフォーカスする。自分の弱みは忘れてしまう。」ということかと思う。

人生を自分がワクワクすることに費やす。

そのほうが楽しく、成果も出る。

すべてが順調に進んでいく。どんどん個性を伸ばす教育が重要で、日々やりたいことを思いっきりやる。

この単純なことが、できてないのが世界のようである。

今日から実践しよう。

感謝!



小森コンサルティングオフィス at 20:10コメント(2)トラックバック(0)本の紹介   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 三小田 修   2009年12月13日 09:33
自分の強みをみつけることは大事ですね。
見つけ方は簡単なようで、難しいようで、みつけにくい部分もありますが、意外と身近なところにあるのかもしれませんね。
2. Posted by kevinkomo   2009年12月14日 15:23
5 三小田さん
ありがとうございます。
そうですね。意識することからだと思います。
感謝!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

カテゴリー
月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ