2010年02月23日

クロージングのポイント 5

効果的に相手を説得して、契約率をアップするには、企画の説明の後の「クロージング」(最後の決めゼリフ)が重要である。

「スベらない商談力」講演で紹介しているが、今日から止めてほしいクロージング話法がある。

それは「いかがですか?」という話法である。

何故ならこの話法は、意味の範囲が広すぎて相手は好きなことを言える。

例えば「もう少し、安くしてよ」「オプションの景品を増やしてほしいな」
「もう少し考えさせてよ」 等である。

クロージングのポイントは、相手のフォーカス(意識の集中)を明確にすることにある。 企画を購入するという方向のフォーカスを集中すること。

これができれば契約率は、格段にアップすることになる。

感謝!

ユーチューブ クロージングの手法(小森康充)
http://www.youtube.com/watch?v=OLK3LPSqYR8




小森コンサルティングオフィス at 07:14コメント(0)トラックバック(0)スベらない商談力   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ