2010年05月30日

自信を持つ 5

18c660f7.JPG

過去大学で教鞭をとっていたとき、学生からある質問を受けました。

「僕自信がないんです。自信をつけるには、どうすればよいのでしょうか?」

その学生は、真剣に質問してきました。

「僕、小さい頃から何をしてもだめなんです。勉強もスポーツもダメだったんです。だから自信がないんです」

過去の成功体験がないから自信がない、とこの学生は言ってます。

一見なるほど、と思いたくなりますが、論理的に考えるとこの考え方はおかしいと思います。

何故なら赤ちゃんでこの世に生まれてきたときは、誰もが成功経験はありません。

その後、色々な体験、勉強、努力をしていく過程において、ある人は自信を持ち成功します。

またある人は、自信がない、と言ってチャレンジをあきらめます。

私は、営業マン時代も今のコンサルタント時代も、ともに自信を持って振舞うように心がけています。

自信には、2つのパターンがあります

1)実績、経験にもとづいた自信

2)根拠のない自信

はじめは誰もが2番の根拠のない自信から始まると思います。赤ちゃんで生まれたときは、何の経験もありません。

その道のプロですばらしい実績のある人も、はじめは根拠のない自信から始まっているのです。

よって自信をつけるには、

1)根拠がなくてもよいので「やる」と決める

2)「やる」と決めたことの行動を起こす

3)自信があるように振舞う

この3つであると思います

3)の自信があるように振まう手法を3つ紹介しますと

1)体の扱い(トップセールスマンとして振舞う)
歩き方、身振り、手振り、服装、目つき、笑顔等

2)言葉(積極的なトップセールスマンとしての発言をする)
「よし、やるぞ! 仕事は楽しい! 今日は契約をとるぞ!」等

3)イメージ(商談成功のイメージ、目標数字達成のイメージを常に思い描く)
写真、映画を見るように成功のイメージを思い描くことを習慣にする

この3つを実践するとよいと思います。

私は営業マン時代、常に高い目標を設定し、それを「達成する」と心に決めていました。

今から振り返ると、根拠のない自信でした。 新人営業マン時代は、何の実績も成功体験もなかったのです。

それを繰り返しているうちに少しづつ実績、成功体験が積み重なり、実績に基づいた自信に変化していったのです。

今日からより自信を持って、物事にチャレンジいただければ幸いです。

感謝!



小森コンサルティングオフィス at 20:22コメント(0)トラックバック(0)成功 |   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ