2010年09月27日

正直、誠実な話法とは?

営業力強化コンサルタントの小森康充です

今日は 正直、誠実な態度についてお話します

会話において正直、誠実な話法とはどのようなものでしょう

心の中に感じるものを、正直に相手に伝えること、これが大事だと思います

臨床心理学の言葉に 二重拘束(ダブルバウンド)という言葉があります

これは以下のポイントが含まれる良くない話法です

1)今言った言葉とさっき言った言葉が矛盾する

2)言葉の背後に別の意味を隠す

3)言葉のあとに相手が言葉をだせない 
会話が途切れてしまう

具体的な例を出しましょう

親子の遊園地でのお昼ご飯の会話例です

父「太郎、そろそろお昼ご飯だな。この遊園地にはレストランがたくさんあるけど何が食べたい?何でも言ってごらん」

太郎「うん、お父さん、僕 ラーメンが食べたい」

父「でもインスタントラーメンは家で食べれるだろう」

太郎「、、、、、、、、」


この父のインスタントラーメンのセリフが二重拘束です

楽しい会話が途切れてしまいました 

父がさっき言った「食べたいもの何でも言ってごらん」という言葉と「ラーメンはだめだ」という言葉は矛盾しています

またこのお父さんは、本年を隠しています
ラーメンを食べたくない理由は、家にあることを理由にしていますが、本当の理由は、昨日の夜ラーメンを食べたので今日は食べたくないのです

では どのようにすれば良かったのでしょう? 答えは簡単です お父さんは心の中にあることを正直に言えばよいのです

よい会話例を見てみましょう

父「太郎、そろそろお昼ご飯だな。この遊園地にはレストランがたくさんあるけど何が食べたい?何でも言ってごらん」

太郎「うん、お父さん、僕 ラーメンが食べたい」

父「そうか 実はお父さんは昨日ラーメンたべたんだ。ラーメン意外がいいな」

太郎「そうか お父さん昨日ラーメンたべたんだ。じゃあオムライスにしようか」

父「それはいいな」

太郎「僕ね この遊園地でオムライスの美味しい店知ってるんだ 連れて行ってあげようか」

父「じゃあ連れて行ってくれるか」

はい、これが正直、誠実な話法です

お父さんは 心の中にあることを正直に言いました 

参考にしてください

今日の一言

「会話は正直、誠実、が重要です

心の中にあることを正直に伝えましょう

そうすれば相手のこころの窓が開きます

感謝! 」



小森コンサルティングオフィス at 14:24コメント(0)トラックバック(0)心の窓を開く6つの話法 | 成功は、確率である。  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ