2011年04月24日

優先順位の設定方法の4つのステップ

ビジネスマンの皆さんにとって日々忙しく仕事をされていることと思います。

今日は、タイムマネジメント(時間の有効管理)の1つのポイントを紹介します。

それは物事を何から始めるかという場合の「優先順位の設定方法」です。

1日の時間は限られてます。仕事に費やせる時間は、8時間〜10時間くらいでしょう。

ではその時間の中で最大のビジネスの成果を上げるには、どの仕事を実施するか?いくつかの仕事の中で、優先順位をどうつけるか?はたいへん重要なことです。

今日は、「効果的優先順位の設定方法の4つのステップ」を紹介します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「優先順位の設定方法」

1)認知(重要な問題点を認識するために)

現在の仕事の中で最も重要性の高い事項を認識し、その問題解決のために最も効果的な計画を立案する。
そのために常にビジネスの機会を察知し、問題を広い視野でとらえ、事態の進む方向を長期的視野で見る。そして重要な問題点にフォーカスする。

2)調査(問題解決のプランを実行するために)

その問題に関連するすべての事実、情報を集める。そして問題発生の重要人物を知る。
そして具体的な解決方法を自分で立案する。次にその解決方法に沿って、必要な資料の収集、関係者と連絡をとる。

3)評価(最終的な決断を下す前に)

過去の事例を見直し、それに基づいて状況判断し、優先順位を正しく設定する。
問題を分析し、発見したことを過去の良く似た事象と照らし合わせ、「もし〜したらどうなるだろうか?」と自問自答する。
いくつかの代案を考え、過去の慣習や前例にとらわれず、独創的な案を出す。
多くのデータから正しい結論を導き出し、それに対し現実に即した評価をくだす。

4)行動(決断したことの実行のために)

「投資に対する最大の見返り」に基づいて優先順位を設定し行動する。現状に即して最大の見返りとは何かを認識しそこから行動を開始する。
1つのことを行動した後で より優先順位の高い仕事が発生した場合は、速やかに優先順位の設定をしなおす。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以上の4つのステップです。とりあえず朝から即行動で体を動かす人が多いのではないでしょうか?

今週の行動予定、今日の行動予定、今から何の仕事をするか?を決定するとき、上記の ’知→調査→I床羨す堝亜,離好謄奪廚鯑に入れていただき、実行いただければ 今以上に戦略的に仕事の段取りができることでしょう。

このポイントを日々実行いただき、すばらしい仕事の成果を上げられることを期待しています。

感謝!



小森コンサルティングオフィス at 23:40コメント(0)トラックバック(0)タイムマネジメント | 目標設定の重要性  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ