2011年05月04日

マネジメントの5ステップ(その3:途中経過をレビューする)

マネジメントの5ステップの3つ目を紹介する。

第1ステップで「組織の目標と戦略を決定し、部下全員に伝える」を紹介したが、この目標と戦略が順調にいっているか改善の必要があるかの途中経過をレビューすることである。

マネジメントの第3ステップ 「決定した目標と戦略の進行状況を定期的にレビューする」

例えば会社の年間売上目標を20億円に決定した。1年は、12ケ月あるので、月毎の目標に分割する。
1月:2億円、2月:1.5億円、3月〜〜〜、 その月毎の目標を営業マン別、得意先別に分割した目標を立てる。さらには製品別の目標にも落としこめる。

このように立てた目標を分割して詳細目標に落とし込んでいく。そして毎月、毎週、得意先別、営業マン別に順調に売上が上がっているポイントと目標売上が達成していないポイントを分析する。
順調な製品は何故なのか? 目標未達成の製品は何故なのか?

そして必要であれば当初の目標の修正、戦略の変更、組織、役割分担の変更を実施することが重要である。

そこでこのステップの「決定した目標と戦略の進行状況を定期的にレビューする」であるが、1つのコツを紹介する。

それは「分割した目標は少し高めに設定する。」ことである。

例えば年間売上目標が20億円、これを1年12ケ月に分割するのであるが、この合計が22億円になるように設定する。すなわち10%の2億円のバッファーを見ておくわけである。 これは経営者、営業管理職の皆さんの中でハンドリングされて、部下には目標に余裕があることは言う必要がない。

そうすれば10%進行状況が下回っていても、当初の目標は達成されることになる。

また定期的に部下とビジネスの進行状況を話し合うことは、部下のモティベーションアップにも効果的である。

何故なら「個人の業績に対して、継続的フィードバックが与えられているときに、動機付けは最も効果的になる」、からである。

マネジメントの第3ステップ 「決定した目標と戦略の進行状況を定期的にレビューする」

これを徹底的に実践いただくと組織の売上結果は最大のものとなる。

実践してほしい。

感謝!

小森コンサルティングオフィス at 17:29コメント(0)トラックバック(0)マネジメントの5つのポイント | トレーニングスキル  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ