2011年05月21日

「我れ 百倍働けど 悔いなし」伝説の商社マン海部八郎(お勧め書籍)

我れ百倍働けど悔いなし―昭和を駆け抜けた伝説の商社マン海部八郎
我れ百倍働けど悔いなし―昭和を駆け抜けた伝説の商社マン海部八郎
クチコミを見る


「我れ 百倍働けど 悔いなし」 
〜昭和を駆け抜けた伝説の商社マン海部八郎〜 仲俊二朗著 (栄光出版社) 

海部の前に海部なし、海部の後に海部なし!

「三井、三菱を追い抜け」地球上を駆け巡り、世界に通用するビジネスを構築し、空と海を制した伝説の営業マン海部八郎。
社内役員の嫉妬と、マスコミのバッシングに耐え、他社との熾烈な受注競争を勝ち抜いた壮絶な人生。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この書籍は、伝説の商社マンである元日商岩井の副社長 海部八郎氏を描いた本である。

海部八郎氏というとグラマン事件で、責任を負わされた人物で、当時マスコミにバッシングされたことで記憶にある読者諸氏も多いであろう。

当時のマスコミ報道からはダーティーなイメージを持ってしまうが、この本を読むと海部八郎という商社マンがいかにすばらしいビジネスマンで、日商岩井が世界に羽ばたいた功績があることがわかる。
また若い商社マンからも人望が厚く、営業マンとしても外人のトップを説得する力があったのである。

実はご縁があって、著者の仲俊二朗さんと会食をさせていただく機会があった。
著者の仲さんは、元川崎重工業にお勤めでドーバー海峡の海底トンネルの掘削機を受注しプロジェクトを成功させた実績をお持ちの方である。
実際に海部八郎氏とも商談され、業界情報に精通されている方である。

著者の仲さんは、この海部八郎氏の本を書く目的を「多くの方に伝説の商社マン海部八郎の真の姿を伝えたかった」とおっしゃっていた。

この本からは、「営業マンはこうあらねばならぬ」という海部八郎氏の仕事にかけた情熱が伝わってくる。

この本を読んでいただくと当時のマスコミ報道が裏で糸が引かれたもので、いかにピントはずれなものであったかが理解できる。マスコミ報道をうのみにしてはいけない、ということがよく理解できる1冊でもある。

多くの方に読んでいただきたい1冊である。

感謝!


小森コンサルティングオフィス at 11:45コメント(2)トラックバック(0)本の紹介   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 仲俊二郎   2011年05月25日 20:41
拙著を紹介していたでき、有難うございます。営業マンの方たちに、人間関係の重要性、足で稼ぐことの重要性を知っていただけたら有難いです。そして何よりも「やり遂げる信念」だと思っています。
2. Posted by 小森康充   2011年05月29日 11:02
仲俊二朗さん コメントありがとうございます。営業マンにとって見本となるすばらしい内容でした。アポイントを取るまで食らいつく。この精神が重要ですね。感謝!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ