2011年10月05日

被災地の気仙沼にてコミュニケーションスキル研修を実施!

がんばろう東北! がんばろう気仙沼!

10月4日 宮城県気仙沼市、お魚市場2F研修会場(気仙沼港前)でスベらない商談力のコミュニケーション研修を実施した。

8月にも実施させていただいた東北で大手水産業、ホテル業を経営されている阿部長商店さんの従業員への研修である。 今回の津波で水産業が大きな被害を受けられたが、高台のホテルは無事であり、そこで社員研修を継続実施されている。

気仙沼港2

気仙沼港は、たいへんおだやかで綺麗な海にもどっていた。研修会場のすぐ前が海である。

研修2

研修風景

約70名のホテル業、水産業の社員さんが受講いただき、購買の大原則、信頼関係の構築、相手の心の窓を開く話法、クロージングの手法、メリットとデメリットの伝え方、ラポールの構築の仕方 のコミュニケーションスキルを紹介した。

講義に加えロールプレイ、ディスカッションも多く取り入れ参加型で実践的に実施させていただいた。

参加者の皆さんの積極的な受講態度のお陰で、効果的な研修にできたことに感謝したい。

お土産で大人気のふかひれスープ
ふかひれスープ


ふかひれスープを前回同様おみやげに購入させていただいた。高級スープがこの値段でお勧めである。

ふかひれスープのご紹介
http://osakana-ichiba.net/

先日の南三陸ホテル観洋に続き今回は、気仙沼プラザホテル観洋に宿泊させていただいた。
海が一望でき、料理、温泉と堪能できるお進めのホテルである。
http://www.kanyo.co.jp/

今回も阿部長商店の阿部社長、役員の菊池室長とも昼食をともにさせていただき、東北復興のモデル企業になるプランを聞かせていただいた。

研修講師の私見であるが、ホテル観洋(南三陸、気仙沼)は、企業の社員研修会場として最適であると感じた。

研修会場、宿泊施設の快適さは、当然のことながら、被災地の状況、復興への企業の取り組み状況、水産工場の見学等も、阿部長商店の協力で実施させていただくことが可能とのことである。

企業の東北復興に対するCSR(社会的責任)のポイントからも、幹部役員研修、営業管理職研修等を被災地の南三陸、気仙沼で実施することは大きな意義のあることであると感じた。

ご興味のある企業の責任者の方は、遠慮なく私小森まで連絡をいただきたい。

研修プランも合わせて相談に乗らせていただく。

今後も継続して、阿部長商店の営業組織力強化のポイントで、貢献させていただく所存である。

東北復興には、多くの人のリーダーシップが必要である。ヴィジョンと実行力でもって多くのリーダーが、復興の強いコミットメントをすること。そこがスタート地点であると思う。

(株)阿部長商店
http://www.abecho.co.jp/

感謝!


小森コンサルティングオフィス at 08:24コメント(0)トラックバック(0)スベらない商談力   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ