2011年11月03日

「一歩を超える勇気」 栗城史多(くりきのぶかず)著  サンマーク出版(お薦め書籍)

一歩を越える勇気
一歩を越える勇気
クチコミを見る


「一歩を超える勇気」 栗城史多(くりきのぶかず)著  サンマーク出版 を読んだ。

栗城さんは、登山家で、身長162センチ、体重60キロという小柄であるにもかかわらず、6大陸の最高峰に単独登頂し、その後はヒマラヤ8000m峰3座の単独、無酸素登頂を実現した方である。

常に自分を信じてチャレンジする姿勢は、すばらしいものがある。

多くの若きビジネスマン、学生、小中学生にも読んでいただきたい本である。

私のチェックポイントは、

1)夢はかなうかなわないは関係なく、持つことに意味がある。
そして、支え合う仲間ができたとき、夢は必ずかなうのだ。(122ページ)

2)何のために山に登るのか?

「そこに山があるから」 ジョージ マロニー (人類ではじめてエベレストに挑戦し、エベレストで亡くなる)

「楽しいから」 エドモンド ヒラリー (エベレストに世界初登頂を果たした登山家)

「希望を持ち続けるため」 栗城史多氏 (134ページ)

3)人間は自然を征服しようとするものだが、僕は一度もそう思ったことがない。僕は、山とお友達になり、山に生かされ、山で生きたい。 (147ページ)

4)当たり前の生活に感謝する 
ヒマラヤでは、水もなく、食事もなく、親しく話しできる人もいない。
山に行けば、いかに日々の生活が幸せか感謝できる。 (159ページ)

5)一生懸命に生きる。弱音を吐かない。
そして最期に「ありがとう」と言える人生を送ること。 (16ページ)

6)苦しみを喜びに変える
「苦しみにありがとう」 苦しいとき1歩を歩きながら言うことば、それは「ありがとう」 
「ありがとう」 この言葉を言いながら山を登ると元気が出る。 (150ページ)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

すばらしい内容であった。 お薦め書籍です。 感謝!

公式サイト
http://kurikiyama.jp/

小森コンサルティングオフィス at 02:46コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ