2011年11月10日

目的思考の重要性

商談力伝道師の小森康充です。

今日は、「目的思考」を常に持つ、ことの重要性についてお話します。

P&Gの営業マン時代、常に上司からされた質問 それは

「目的は、何?」 というものであった。

仕事の例を出しましょう。 あなたは、ある会社の営業マンである。朝会社に出社した。
まず何をしますか?

答)まずはコーヒーを飲んでゆっくりする。ーーそれもいいでしょう。

しかし、目標設定の重要性を理解しているあなたは、思考が違います。
日々の生活の実践スキルとして考えてほしい。

「今日の目的は、何だろう?」 (コーヒーを飲みながらで結構)

「月の売上目標を週に落とし込み、今週の売上目標を日別に落とし込もう。」

11時から会議だ。−−「会議の目的は何だろう?私はどんな役割、発言ができるだろう」

「14時に○○商事を訪問する。目的は、何にしよう? どうすれば売上達成に貢献できるだろう。」

このように常に「目的思考;Objective mind」を持ってほしい。

今月のあなたの目標が、売上¥1000万円達成、としよう。
それは、日々の積み重ね、である。

今日の○○商事での商談結果、今日の会議での決定事項、今日の企画書の作成内容。そのすべてが、月の売上目標の結果に影響してくる。

「今から1時間、私は何をするんだ。目的は? その目的は、具測達一(具体的、測定可能、達成可能、一貫性)の目標設定になっているか?」

常にそのことを意識してほしい。

はじめは、たいへんかもしれない。 その目的思考を強く持っている営業マン(営業にかぎらないが)とそうでない営業マンでは、仕事の成果、売上がかなり違ってくるはずである。

あなたが経営者、営業管理職であれば、部下に常に下記質問をしてください。

「今日の会議の目的は何?」

「今日の1日の訪問目的は?」

「今から訪問する得意先の目的は?」

「今作成しているレポートの目的は何?」

この質問が上司と部下との会話の質を左右します。

使ってみてください。

今晩友人と飲みに行く。 「目的は?」 「ストレス解消!」 それでいい。

感謝!

小森コンサルティングオフィス at 09:29コメント(0)トラックバック(0)目標設定の重要性   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ