2012年07月24日

心を聴くコミュニケーション(良き聴き手になるために)

心を聴くコミュニケーションのポイントとは、何でしょう。

Good Listener(良き聴き手)になるには、ポイントがあります。

心を聴くコミュニケーションの9のポイント

1)相手の関心のある話題を見つける。
良き聴き手は、その話題から何が自分に関係するのかを考えることのできる人です。
話のはじめは、「自分にとって関係ない話だ。」と思うかもしれません。そこであきらめず、「その話から自分は何を学べるだろう?」という質問を自分にすることが重要です。

2)内容を判断し、話し方を問わない。
相手の話をしっかりと聞くポイントは、「相手が何を言いたいのか?」の内容です。相手の話のうまい、へたではありません。相手の話がうまくないと聞く気をなくす人がたまにいます。それはよくありません。

3)冷静に聞く
相手の話が終わるまで発言は控えることです。よく相手の話が終わってないのに、自分の意見を話はじめる人がいます。それはよくありません。また口論をすぐにはじめるのもよくありません。冷静に話し合いましょう。

4)メモの取り方
相手の話を一所懸命聞いてメモをとるのは良いことです。しかし相手の話の一字一句すべてをメモするのは、効率的ではありません。キーワードのみメモするようにしましょう。

5)知性を鍛える
相手の話が難しいと思っても一生懸命聞きましょう。自分の知性を磨くチャンスだと思うのです。よく相手の話が難しいと聞く気をなくしてしまう人がいます。すべて理解できなくても、「少しでも理解してやろう。自分の知性を鍛えるチャンスだ。」と思ってしっかりと聞いてください。

参考にしてください。


オープンセミナーのご案内 8月8日 (かんき出版主催:東京)
「スベらない商談力セミナー」 〜相手との信頼関係構築のために〜
http://doujou2.kanki-pub.co.jp/seminar/info/12008/

小森コンサルティングオフィス at 06:31コメント(0)トラックバック(0)心の窓を開く6つの話法   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ