2012年11月12日

連合艦隊司令長官 山本五十六長官の人材育成の言葉!上司としての心構え

連合艦隊司令長官 山本五十六長官 の人材育成の有名な言葉をよく研修で紹介させていただく。

1)「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば人は育たず。」

2)「やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば人は実らず」

3)「やって見せ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば人は動かじ」

上司とは、部下にこのような心構えで接することが重要である。

上司、部下の関係のみならず、チームメンバー、友人関係も同様であろう。

また親が子供に対する家族間の心構えも同様ではなかろうか?

人材育成とは、部下のやる気をアップさせ、仕事のスキル(技術)を教えること。

その根本には、上司と部下の信頼関係がなくてはならない。部下に感謝の気持ちを持ち、信頼し、話を聴き、褒めてあげる。その重要性を明確に伝達されているすばらしい言葉であると思う。

上司として日々、部下への心構えは、山本五十六長官の3つの言葉を常に心がけることが重要である。

山本五十六長官こそ、すばらしい上司の理想像であると思う。

小森コンサルティングオフィス at 09:53コメント(0)トラックバック(0)人を育てるには | 奉仕の精神  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ