2013年02月11日

「NLP ヒーローズジャーニー」ロバート・デュルツ&スティーブン・ギリガン著 春秋社 おすすめ書籍の紹介

NLP ヒーローズ・ジャーニー: NLPとエリクソン催眠による苦境を乗りこえる4日間ワークショップ
NLP ヒーローズ・ジャーニー: NLPとエリクソン催眠による苦境を乗りこえる4日間ワークショップ


「NLP ヒーローズジャーニー」ロバート・デュルツ&スティーブン・ギリガン著 春秋社 を読んでいる。

コーチング界の雄とエリクソン催眠の第一人者によるワークショップセミナーを完全収録

キーワードは、「生成的自己」

たいへん面白い。445ページの中に4日間のワークショップが体験できる。

著者の2人は、神経言語プログラミング(NLP)の創始者リチャード・バンドラー、ジョングリンダーのもとで指導を受け、後に催眠家のミルトン・エリクソンからも指導を受けている。コンサルタント、心理療法家である。

ロバートデュルツは、アップル、IBM、世界銀行をクライアントに持つコンサルタントでもある。

自分自身のマインドセット、心の動きを見直せるよい機会になる本である。

仕事で忙しい平日ではなく、ゆっくりと休める充実にリラックスして目を通す読み方をおすすめする。

私がチェックしたポイントは、

1)パプアニューギニアでは、「知識は、筋肉に入るまではうわさにすぎない」と言われている。

2)事実をありのままに語る言語は、二次言語であり、メタファーや象徴言語が一次言語である。

3)生まれたばかりの赤ちゃんをだっこすると、スピリットの存在を感じて畏敬の念に打たれる。

4)自分のスピリットが最も輝く場、「至福」を感じる場にこそ、この世界で自分がすべきことがある

5)自分自身と自分自身との距離が自分自身と他者の距離を決定する

6)パートナーへの最高の贈り物は、上質の注意である

7)何かを変えるためには、まずそれを変えようとするのを止めること

8)辛い事に出会った時、否定的なことを言われたときに「これはきっと理にかなっている。これにはきっと肯定的な意図がある。それが何かを知りたい」と思うこと

9)モーツアルトは、「わたしは無理やり自分の音楽を生み出すことはできない。私にできるのは、いつでも音楽を受け取れる状態にしておくことであり、そうしておくと、音楽が流れ始めるのだ。」

10)実践に身を入れないでいると、普通は、症状を発現させることによって、無理やり自分に注意を向けるようになる

ーーーーーーーーーーーーーーー 

「NLP ヒーローズジャーニー」ロバート・デュルツ&スティーブン・ギリガン著 春秋社 おすすめの書籍である

小森コンサルティングオフィス at 17:10コメント(0)トラックバック(0)本の紹介   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ