2013年04月13日

リーダーシップのポイント 「リーダー役に立候補すること」

29eccd33.jpg
ビジネスマンの皆さんへ

皆さんは、日々の仕事で組織のリーダーとなることを上司から期待されているのではないでしょうか?

では仕事、プライベートにおいてリーダーシップのスキルを磨くにはどうすればよいのでしょう?

1つのポイントを紹介します。それは「リーダー役に立候補する」というポイントです。

ここで質問です。団体行動においてリーダー役を募集されることがあります。その時、皆さんはどうされていますか?

1)積極的に手をあげて立候補する

2)様子を見て誰も立候補しないようであれば、手をあげる

3)やりたくない。下を向いて目があわないようにする

どうでしょう? 2か3の方が多いのではないでしょうか?
私は20年間外資系の会社で働いてましたが、日本人は欧米の方に比べ、控えめの性格の方が多く、何かに立候補する方が少ないと思います

何故日本人は、立候補する方が少ないのでしょう?

「手をあげるのが恥ずかしい」「自分よりうまくできる人がやればいい」「とりあえず誰が手をあげるか様子をみよう」

このように思われているのではないでしょうか? これではリーダーシップはとれません。

人の嫌がる仕事は進んで引き受けましょう。「誰もやらないことは、私がやる」のです。

うまくできるかどうかはわかりません。
立候補のチャンスがあれば、まず手をあげるのです。

そのことにより、多くの経験ができます。
積極的に手をあげる人は、まわりから一目おかれます。
手をあげたからには、「自分がやってやる」というやる気がアップします。

そのことにより、自分自身が勉強になり、多くのスキル、アドバイス、経験を積むことができます。

この積み重ねが、将来皆さんがリーダーシップを発揮する体験に大きく役立つのです。

積極的にリーダー役に立候補して、何事も積極的にチャレンジする。

このマインドから何かが始まります。

参考にしてください。



小森康充


小森コンサルティングオフィス at 23:12コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ