2013年05月06日

もっと気持ちが通じ合う「共感性リスニング」「確実に自分を変えていく法」 マーシーシャイモフ著より

もっと気持ちが通じ合う「共感性リスニング」

コミュニケーションにおいて、相手の心の窓を開き、信頼関係を構築するのに相手と効果的に共感できることは重要です。

では相手と共感しながらコミュニケーションするにはどのようなポイントがあるのでしょう?

「確実に自分を変えていく法」 マーシーシャイモフ著(三笠書房)より引用させていただくと8つのポイントがあります。

1)意識を落ち着かせ相手の話を完全に受け止めます。

2)心臓に息を吹き込むような意識で、自分の核に静かに身を落ち着けます。

3)アイコンタクトとリラックスした姿勢

4)心を開き、相手に集中します

5)沈黙を大切にします

6)相手の感情に即した表情を浮かべます

7)自分の考えや判断が頭をよぎりはじめたら、素直にそれらを認識したあと、解放します

8)相手の気持ちを反射することにみに徹します。

以上 共感性リスニングとは、相手を頂点におき、相手の話をリラックスしてしっかりと聞くスキルであり、純粋に聞くだけにすることがポイントです。

アドバイスしたり、分析したりしないことが重要です。

何故なら、人は心から話を聞いてもらえると、自分の心が開かれるのを感じ、誰かが自分のことを理解してくれている、自分は愛されている、と感じることができるからです。

これが共感性リスニングのポイントです。

スベらない商談力で紹介しましたが、人は自分が話しながら、頭の中で解釈をまとめていくものです。

よって効果的に相手を説得する1つの手法は、相手がリラックスして話続け、あなたの提案を相手の考えとして、話していただくことです。

人は、自分が言ったことはやるものです。

人から言われたことは、やりたくないものです。

共感性を持って相手の話を聞くこと、

今日から実践してください。
小森康充


小森コンサルティングオフィス at 21:26コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ