2013年06月11日

男性の皆さんへ、女性の心の窓を開くには。女性への3つの相づち話法。異性間コミュニケーション。

男性ビジネスマンの皆さんへ

皆さんは、奥さん、彼女、職場の女性とのコミュニケーションは、円満にできていますか?

女性の心の窓は開いていますか?

よく男性の方で「女性(奥さん、彼女)とのコミュニケーションがうまくいかない」と悩まれている方がいらっしゃいます。

今日は女性の心の窓を開く3つの話法を紹介します。

その前に女性の会話における3つの代表的ニーズを紹介します。

1)愛とつながり

女性は会話にもとめるものは、愛とつながりの共感をもとめます。

自分の話を聞いてくれるだけでいいのです。

2)プロセス大事

今日誰とあって、何の話をしたか? 何を言われたか? 会話の台詞、人の名前を言うことが女性のコミュニケーションです。

女性は結論ではなくプロセス大事です。

3)直感で話をする

理論、理屈より女性は直感で考え、直感で話始め、直感で行動します。

女性の直感は当たります。

以上の3つのニーズが女性のコミュニケーションです。

簡単に言うと、「話の内容は何でもいいので話続けたい」「共感して私の話を聞いてほしい」のです。

よって男性の皆さんは、今日から女性との会話で以下の3つの話法を使い続けてください。

「わかる」

「そうだね」

「そのとうり」

女性との会話は、この3つでOKです。

男性が下手な理屈を言うからケンカになるのです。

女性は男性の理屈、アドバイスなど求めてないのです。話を聞いてほしいだけなのです。

男性の皆さん、今日から女性との会話で

「わかる」「そうだね」「そのとうり」

を使ってください。

いいですか? 今日から、女性の話がわかっても、わからなくても「わかる」「わかるよ、その話」というのです。

女性の心の窓は開きます。

実践してください。
小森康充


小森コンサルティングオフィス at 09:09コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ