2013年06月19日

コミュニケーションの原則は、相手の心の窓を開くこと。そのためには、自分自身の心の窓を開くことが重要です。

99b03b05.jpg
営業マンの皆さんへ

コミュニケーションで最も重要なことは、相手の心の窓を開くことです。

添付写真のホワイトボードに、心の窓の絵が4枚書かれています。

営業マンのあなたの心の中には窓があると想像してください。お客様の心の中にも窓があります。

心の中の窓は、朝起きてから夜寝るまで、開いたり閉じたりしています。

嬉しいこと、楽しいことがあれば、心の窓は開きます。悲しいこと、辛いことがあれば心の窓は閉じていきます。

仲の良い人と会話をしていると、心の窓は開きます。嫌いな人と話をしないといけないと思うと、心の窓は閉じていきます。

ホワイトボードの1番の心の窓は、閉じてます。相手に警戒心を持っている状態。不機嫌な状態です。

2番の心の窓は3分の1開いてます。少し警戒心がとけた状態で会話も少しずつ進んでいきます。

3番の心の窓は、かなりリラックスして楽しく会話ができつつある状態です。
話も弾んできます。

4番の心の窓は全開です。最高に楽しい、本音をどんどん言ってしまう状態で笑顔になっています。
警戒心は完全に解けています。

これが心の窓の4つの段階です。


では、相手の心の窓を開くにはどうすれば良いのでしょう。
詳しくは書籍「スベらない商談力」で信頼関係構築のポイントとして書きましたが、4つのポイントがあります。

1)正直、誠実な態度で接すること

2)相手の話を良く聞くこと

3)会話の回数(コンタクト回数)を増やすこと

4)相手を宝物と思うこと

以上の4つのポイントを実践することが相手との信頼関係構築に重要です。

またもうひとつ重要なポイントは、営業マンのあなた自身の心の窓を開くことです。

営業マンのあなた自身がお客様に対して心の窓を開き、お客様の心の窓が開くのをリードするのです。

日々自問自答してください。

「自分のお客様に対する心の窓は開いているだろうか?」

「お客様の心の窓は開いているだろうか?」

コミュニケーションの原則は、相手の心の窓を開くこと。

今日から意識してみてください。
小森康充


小森コンサルティングオフィス at 21:59コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ