2013年07月20日

リーダーの皆さんへ、オープンセミナーのご紹介、管理職リーダーシップ、部下育成OJTスキル(SMBCコンサルティング主催)

リーダーの皆さんへ

部下、後輩に良い影響を与え引っ張っていく必要のあるリーダーの皆さんが必要なスキルとは、何でしょう?

2つのポイントを紹介します。
1つは、部下によい影響を与え、引っ張っていくリーダーシップ、もうひとつは部下を指導、育成する部下育成OJTスキルです。

すばらしいリーダーになるには、部下自らが喜んでついていく影響力と効果的に部下のやる気をアップさせ、部下を育成できる指導力は重要なポイントです。

特にリーダーシップは、「俺についてこい」というトップダウン型リーダーのみならず、「この人についてゆきたい」というサーバント型リーダーというリーダーシップの形態があります。

このサーバント式リーダーになるには、影響力を発揮しないといけません。
例えばそのスキルには、正確性、一貫性、許容、開放性というポイントがあります。
この影響力のスキルを身に付けていただくと部下が上司に影響力を発揮することもできますし、後輩が先輩に、営業マンが得意先に対しても発揮できます。

また部下育成OJTにもスキルがあります。人材育成のポイントは2つです。
部下のやる気を引き上げること。もう一つは部下に効果的に技術伝承することです。簡単に言いますと、仕事に対してやる気満々で、スムーズにすべての業務がこなせるようになる。ということです。

特に重要なことはOJTのサイクルです。人がものを学ぶのは、3つのポイントがあります。聞いて学ぶ、見て学ぶ、やってみて学ぶ、の3つです。
効果的OJTのサイクルとは、この3つを組み合わせたものになります、説明(聞かせる)→見本を見せる→やらせる→話し合い(上司と部下で)、この4つのサイクルを効果的に実施する。これが最も短い時間で効果的に部下を育成できるサイクルになります。

より詳しいポイントを学びたい方には、以下のオープンセミナーがあります。
会社でも個人でも申し込めます。セミナーは、講義に加えワークショップ、を多く取り入れた参加型で楽しく実施します。

7月31日のオープンセミナー(SMBCコンサルティング主催)のご案内です。

管理職リーダーシップ入門 10時〜13時
http://www.smbc-consulting.co.jp/company/seminar/teigaku/tokyo/month/201307/seminar_20131539-01.html

効果的サーバントリーダーシップのスキルを紹介します。

OJT職場の部下指導トレーニング 14時〜17時
http://www.smbc-consulting.co.jp/company/seminar/teigaku/tokyo/month/201307/seminar_20131540-01.html

効果的な部下育成スキル、部下のやる気をアップさせ、指導力を発揮するスキルを紹介します。

当日会場でお会いできるのを楽しみにしています。

小森コンサルティングオフィス at 07:57コメント(0)トラックバック(0)人を育てるには | リーダーシップとは?  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ