2013年09月12日

心地よい商談をイメージする。営業マンが心の窓を開くことが成功のポイント

28101924.jpg
心地よい商談をイメージする

先のブログに述べたように、営業マンが初対面のお客様に会うときは、自分の心の窓も閉じていることがあります。それを開くには、相手を宝物だと思うことです。

お客様は買ってくれないかもしれないし、たくさん買ってくれるかもしれない。わからないのなら、すごく買っていただけるんだと思うようにします。

どんなお客様かわからないのだったら、お客様のいいところを見て、好きになるようにします。そして、成功のイメージを描きます。とてもよい雰囲気で商談しているイメージを描くのです。こうして自分の心の窓を開きます。

自分の心の窓を開くには、「基準を落とす」という方法もあります。

真面目で完璧主義の人は、1回目の商談で契約をとろうとか、成功しなければいけないなどと思い込んでしまいがちです。それによって自分の心の窓が閉じてしまうことがあります。

そこで、「会っていただけるだけで幸せ」
「名刺交換していただけるだけでうれしい」
「プレゼンテーションを聞いてもらえるだけでありがたい」というように基準を落とすのです。

お客様に断られても怒られても、落ち込まないことです。

営業マンは、つねに心の窓を開いておくように努める必要があります。

営業マンが自分で自分の心の窓を開くには、自分自身に正直、誠実な態度をとり、自分を信じて、自分を宝物、将来のトップセールスと思うことがポイントです。
小森康充


小森コンサルティングオフィス at 04:06コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ