2013年09月29日

売上目標達成が難しい経営者、営業管理職の皆さんへ 人材育成の重要性とは

553b207e.jpg
経営者、営業管理職の皆さんへ 

早速ですが、質問です。

ビジネスの売上目標に対して結果が思わしくない場合、どのような考え方、アクションをとられていますか? 

1つの考え方として、売上目標と結果のギャップがあります。このギャップを埋めて売上を達成するには、どうしたらよいのでしょう。

このギャップを埋めるのが、人材育成である。という考え方ができます。

これが組織力強化です。

経営者、営業管理職の皆さんの仕事は、ビジネス目標の達成と人材育成です。

昔の営業本部では、「先輩の背中を見て学べ」「営業は根性だ」「自分で考えろ」でやってきたかもしれません。

しかし今の若い方に、根性だ、と言っても響きません。

私は今年で51歳になりますが、我々の年代は、幼少から巨人の星、柔道一直線、タイガーマスクのアニメを見て育っています。

「根性でやれ」で動いてきた年代です。

しかし今は、しっかりと説明して、よい見本を見せて、やらせてみて、話し合いで褒めてあげないと、若い方のモティベーションがなかなか上がらないのではないでしょうか?

有名な連合艦隊司令長官の山本五十六長官の人材育成の言葉があります。

「やって見せ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ」

まさに社員の人材育成を重要視しないといけない状況であると思います。

私はP&G時代 営業本部の初代ディビジョナルトレーナー(教育担当)として多くのことを学び、経験させていただきました。

このブログでは、そのトレーニングのスキルを紹介させていただいています。

参考にしてください。
小森康充


小森コンサルティングオフィス at 19:13コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ