2013年10月20日

評価の3つのポイントは、トレンド→アクション→リザルト(結果)で実施すること

8f99cd18.jpg
部下を持つリーダーの皆さんへ

皆さんは、部下の評価をどのようにされていますか?

今日は、基本的な評価の3つのポイントについて紹介します。

評価とは、
1:トレンド(今までの傾向)→2:アクション(行動)→3:リザルト(結果)

の3つのポイントで行います。

簡単な例で説明します。

あなたは小学校3年生のお子さんの親御さんだと思ってください。

お子さんが算数のテストで50点をとってきました。親御さんのあなたは、どのようにお子さんにアドバイスしますか?

褒めますか? 叱りますか? 何のアドバイスをしますか?

よくやってしまう失敗は、50点というリザルト(結果)だけで叱ってしまうことです。
3つのポイントで見てみましょう。

添付写真A君の場合

1:トレンド(今までの傾向)
先月は30点でした。

→2:アクション(行動)
この1月は一生懸命勉強してました

→3:リザルト(結果)
その結果50点に点数が上がりました。

このA君は先月の30点から、一生懸命勉強して50点にアップしています。20点上がりました。この場合 「よくやったね。」と褒めてあげていいでしょう。

次にB君を見ましょう。
1:トレンド(今までの傾向)
先月は80点でした。

→2:アクション(行動)
この1月はテレビゲームばかりして勉強はしてません。

→3:リザルト(結果)
今月のテストは50点でした。

この場合のB君は、80点とる力はあったのです。しかし勉強しなかったため今月は50点。30点もトレンドがマイナスになっています。

この場合は、B君を叱った方がいいという判断です。

またB君のケースで以下の場合もあるでしょう。
先月の80点から50点に点数は下がりました。しかしこの2週間B君はインフルエンザにかかってしまい、熱を出して家で寝てました。治ってすぐのテストで前日頑張って勉強してなんとか50点とりました。

この場合は、結果は50点に下がりましたが、頑張ったアクション(行動)を考慮すれば、叱る必要はないでしょう。

以上が、1:トレンド(今までの傾向)→2:アクション(行動)→3:リザルト(結果)
です。

リーダーの皆さんは、結果のみで部下を褒めたり、叱ったりせず、今までのトレンド、部下が頑張ったアクション(行動)、そしてリザルト(結果)の3点セットで判断してください。

これが評価のポイントです。

参考にしてください。
小森康充


小森コンサルティングオフィス at 00:17コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ