2013年10月21日

世界経営者会議、ウブロ会長ジャンクロード・ビバー氏のプレゼンテーション

本日の日経フォーラム世界経営者会議のプレゼンの中で、高級腕時計のウブロ会長ジャンクロード・ビバー氏のプレゼンがすばらしかったので紹介したい。

ビバー会長は、1949年ルクセンブルク生まれ。ローザンヌ大学でビジネスを専攻し、オーデマ、ピゲ、オメガ、ブランパン、スウォッチグループを経て2004年HUBLOT SA のCEOに就任。

ビバー就任以来、ウブロは、驚異的な躍進を遂げている。スイス時計界の重鎮である。
プライベートで牧場を経営し、本格的なチーズを作っている。

プレゼンのポイントは、

1:自分はカリスマだと言われるが、全員がカリスマにはなれない。神が与えてくれたもので、感謝している。カリスマは人に教えることができない。

ただ、自信をもって話すこと、心で思ったことをどう相手に伝えるか?等は学ぶことができる。
 
2:経営スタイルは、スイススタイル。
私は良い聞き手である。朝は3時に起きて自宅で仕事は、すべてすませる。
オフィスに8時に行く。部下の話を聞くのである。

私のやり方は、「この方向で行きたい」と自分で決める。その後、関係者全員を集め話をする。大事なことは、彼らに「自分が決めた。これをやりたい」と思ってもらうこと。
どうしたら思ってくれるか? それを知るために普段は相手の話を聞く。

3:成功するために大事なポイントは3つ
健康、愛、フラストレーションをなくすこと
特にフラストレーションは最悪。

4:日本はすばらしい国である。
愛の国、丁寧さ、尊敬の心、おもてなし、親切さ、どれをとっても世界1である。私は日本が大好きである。

5:ビジネスで「失敗とはすばらしい学習の機会である。」私は部下との会議で「失敗共有会議」をしている。
他人の失敗から学ぶことができるからである。そして上司は部下の失敗を許してあげること。ビジネスは、許しの心が大事である。

過ちをおかすのを恐れていては、何も行動することができなくなる。

6:リーダーシップとは、VISION 未来を見ることができること。霧がないこと。
霧があれば、前が見えない。霧とは、疑い、悲観、これを消すことが大事。
明日は今日よりよくなる。と思うこと。

7:「疑い」は、重要。疑いは友人である。
何故ならダブルチェックさせることができるから。決めたあと、「何かおかしいぞ。もう一度確認しよう」という気持ちは疑いの気持ちがあるから。
常に疑いを持つことが大事。

「恐れ」は敵です。恐れはあるとダメ。
動けなくなる。

8:成功する起業家の3つのポイント

チームが大事。1人ではできない。「すごい」と言われる人を引っ張ってきてチームを作ること。

VISIONが大事。方向性を示すこと。
死に絶えた魚になってはいけない。リーダーは諦めないこと。右に行け。左に行け。と方向性を示すこと。

失敗を恐れないこと。あやまちは、自ら認めて、メンバーに伝えること。

エネルギッシュで、すばらしいプレゼンテーションをしていただいたウブロ会長のジャンクロード・ビバー氏に感謝をしたい。

小森康充


小森コンサルティングオフィス at 22:50コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ