2013年10月22日

世界経営者会議、堀場雅夫氏(堀場製作所最高顧問)のプレゼンテーション

70676fc2.jpg
10月21日の日経フォーラム世界経営者会議での堀場雅夫氏(堀場製作所最高顧問)のプレゼンテーションを紹介したい。

堀場雅夫最高顧問は、大正13年京都府生まれ、京都大学理学部在学中に堀場無線研究所を創業。学生ベンチャーの草分けと呼ばれる。

昭和28年堀場製作所設立。昭和36年医学博士号取得。「おもしろ おかしく」を社是として全社一丸となってベンチャービジネスのモデル企業を作り上げる。分析機器のトップメーカーとして業界をリードしている。

著書に「イヤならやめろ!」「やるだけやってみろ」(日本経済新聞出版社)他多数

今年89歳のお年ながら40分の講演を立ったまま行われた。

プレゼンのポイントは、

1:信念を持て

私は「人の話なんか聞くな」という本を出している。これは人の話を聞くときは、「自分の信念、意見を持って聞け」ということです。「私はこう思うが、この人は何を言うのか?」を考えながら聞きなさい。頭を空っぽにして聞いても意味がない。ということです。

2:おもしろ おかしく

堀場製作所の会社の方針は、「Joy&Fun」仕事は楽しくしないと意味がない。職場全体の雰囲気が、楽しくやろう! 俺しかできないことをやる。となることが大事。

棺桶に入るとき、「楽しい人生だった」という気持ちになるか「ひどい人生だった」と思うか? 特に経営者は従業員に影響力がある。従業員が楽しく働けるようにすることが経営のつとめ。

3:人間はすごい

医学を勉強してわかったのは、人間のすごさを理解できたこと。
視覚、味覚、聴覚、嗅覚、体感覚という人間の感覚は、センサーでは作れない。

また人間には第6感というものまである。こうなるとコンピューターでは、どうしようもない。

4:規制をなくせ

今の日本でベンチャーが育たないのは、規制が多すぎるから。アメリカの倍くらいある。例えばある会社が癌の薬を開発したとする。承認まで長い期間が日本では必要。

「こういうリスクがあります。この部分は、実験結果が出てますが、ここは出てませんので、リスクがあります。それを承知で使いますか?」という患者の自己責任において使うか使わないかを決めればよい。

どうせ癌で死ぬのだから、薬を使うかどうか? どの薬を使うかは、患者の自己責任で決めればよい。

規制とは、その選択を遅らせること。

5:健康である。

すぐれたリーダーは、健康でないといけない。病気の99%はストレス。
ストレスをいかになくすかが大事。

ストレスをなくすには、好きにやること。だいたい医者の言うことなど聞くから病気になる。
「これは食べてはダメ。これをやってはダメ」とストレスがたまることばかり言う。

誰が何といおうと、好きなことをやり、好きなものを食べていればストレスはたまらない。

人に迷惑をかけないという条件であれば、好きなことをすればいいのだ。

堀場雅夫氏(堀場製作所最高顧問)のプレゼンテーションは、ご自身の信念と実績に基づいたすばらしいものであった。

すばらしい講演に感謝をしたい。


小森康充


小森コンサルティングオフィス at 07:50コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ