2013年11月10日

信頼関係の構築。会話のゴールデン比率は7:3で聞き役に回ること

5a8d0e66.jpg
「リーダー3年目からの教科書」に書きましたが、部下との信頼関係構築のための会話比率です。

信頼関係を構築するための会話比率は、7:3を目標にしてください。相手に7割話してもらいます。

そのことで相手の心の窓を開くのです。

何故、会話比率が、7:3かというと、「リーダー3年目からの教科書」の33ページにありますが、8:2以上相手が話すことになると、ほとんど相手が一方的に話している状況になります。

よって会話のコントロールが困難になる可能性が出てきます。

「スベらない商談力」で紹介しました、会話の話法、誘導、沈黙、繰り返し、心地よい質問、立ち入った質問、解釈、の6つの話法を織り混ぜながら、相手の話をコントロールできるのは、7:3がベストかと思います。

リーダーは、聞き役に回って部下の話を聞くこと。

そのことで、部下が何を考えているのか? 部下のものの見方、考え方は何なのか? この部下をよい方向にもっていくには、リーダーの私はどんなアドバイスをすればいいのか?
が見えてくるのです。

そして部下の心の窓が開いた後は、リーダーのあなたが、指示、命令する番です。

この手法を実践してみてください。

小森康充


小森コンサルティングオフィス at 23:00コメント(0)トラックバック(0)心の窓を開く6つの話法 | リーダーシップとは?  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ