2013年11月18日

緊張するのは良いことだ。緊張感が出てきたら喜んでください。

3ca627de.jpg
ビジネスマンの皆さんへ

今日は「緊張すること」についてお話しします。

よく研修の参加者からの質問で、「人前でプレゼンテーションするとき、私は緊張しちゃってダメなんです。緊張しないようにするには、どうすればいいんですか?」という質問を受けます。

多くの人は、「緊張してはいけない」と思い込まれているようです。

私は「緊張するのは良いことです」といつも答えます。

何故なら、緊張するということは、

1:「うまくやろう。」という目標を持っている。

2:それができる能力がある。

以上の2つのポイントがあるからです。

すなわち、まったくやる気がなくて投げている方は、緊張しません。

またそれを達成できる能力のない方も緊張しないのです。

1つ例え話を出しましょう。

皆さんは50メートルを今なら何秒くらいで走りますか? 早い方で7秒、社会人で日頃走ってない方でしたら8秒くらいでしょうか? 仮に全力で走って8秒前後としましょう。

ここは運動場です。私が皆さんに「今から50メートル走をします。8秒以内で走った方は合格、8秒を越えた方は不合格です。では位置についてください。」

というと皆さんは、どうでしょう?
おそらく緊張してスタート地点に着かれると思います。

何故緊張されるかというと、合格したいという意思がある。8秒を切れる可能性もあるからです。

では質問です。次に私が「では50メートル走をしますが、4秒を切った人のみが合格です。では位置についてください。」
というと皆さんは緊張されるでしょうか?

おそらくされないと思います。

何故かというと50メートル走で4秒を切るのは、不可能だからです。

そうです。人は自分の能力的に不可能なことには、緊張しないのです。

今日から、商談で、プレゼンで、緊張することがあったら喜んでください。

「緊張している。私はしっかりとやろうというやる気があるんだ。そしてそれを、うまくやりとげる能力もあるんだ。」

と考えて今日から実践してください。

「緊張することは、良いことです」

感謝!



小森康充


小森コンサルティングオフィス at 01:04コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ