2013年11月27日

信頼関係の基本、相手の名前を呼ぶことで相手の心の窓が開いてくる。

d2852e73.jpg
営業マンの皆さんへ

効果的に顧客の心の窓を開くポイントを紹介します。

たいへん簡単な、そして重要なポイントです。

それは「顧客の名前」を商談の中で言うことです。

人は自分の名前を呼ばれると嬉しいものです。

印象よく名前を呼ばれることで人は心の窓が開くのです。

顧客のみならず、上司、部下、パートナー、家族、友人、ご近所さん、すべてそうです。

例1)アポイントをいただく

「次回のアポイントをいただきたいのですが、いつがよろしいですか?」

→「次回のアポイントをいただきたいのですが、鈴木さんのご予定は、いつがよろしいですか?」

例2)ニーズを聞く

「今お困りのことは何ですか?」

→「山田さんにとって、今お困りのことは何でしょうか?」

例3)クロージング(注文をもらう)

「プランAとプランBがありますが、どちらがよろしいですか?」

→「プランAとプランBがありますが、田中さんとしましては、どちらがよろしいですか?」

例4)同僚に意見を求めるとき

「すみません。お忙しいときに。企画の件ですが、少しお時間よろしいでしょうか?」

→「田中さん、すみません、お忙しいときに、企画の件で少し田中さんのご意見をいただきたいのですが、よろしいでしょうか?」

例5)忙しい得意先を呼び止め話がしたいとき(得意先が廊下を歩いてくる)

「部長、すみません。少しお時間よろしいでしょうか?」

→「山田部長、すみません。少しお時間よろしいでしょうか?」

以上 今日から実践してみてください。

大きな効果に驚かれることでしょう。

日々、愚直な実践がポイントです。

感謝!
小森康充


小森コンサルティングオフィス at 19:57コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ