2013年12月14日

怒りの感情をマネジメントする手法。アンソニーロビンズから学んだこと

ビジネスマンの皆さんへ

皆さんはふとしたことで、怒りの感情を持ってしまうことはないですか?

私などは、小さなことですぐに怒ってしまうことがあり、日々反省です。

では「怒り」の感情をどのようにマネジメントすればよいのでしょう?

アンソニーロビンズは言いました。

「怒るな。好奇心を持て!」

「怒る権利と怒らない権利は、自分にある」

「あなたは、誰かに自分の感情にどれほど影響を与える権限を与えていますか?」

これらの言葉は、たいへん重要な意味を持っていると思う。

まず理解しないといけないことは、「怒り」の感情は、自分自身が勝手に持っているものであって、誰も強制的にあなたを怒らせることはできない、ということである。

誰にも怒りの感情を引き起こす権限をあなたが与えなければ、誰もあなたを怒らすことはできないのです。

しかし、日々相手の言動に腹をたて、怒りの感情はわいてくることがあると思います。

ここでの注意点はイライラするかどうかは、自分が選択することができるという事実なのです。

それには、冷静になって、どのラインを越えたら怒りの感情を表すかを決めること。

アンソニーロビンズは、言います

「相手に腹が立つと言うだろうが、相手も生まれてずっと、あなたを傷つけようとしているのではないだろう」

「相手も自分のリソースの中でベストをつくしている。あなたの立場から見るとその人の言動は納得できないかもしれないが、その人は、その人なりの考えと立場があり、その言動をしているのです」

しかしとはいえ、人間誰しも怒ることは、あるだろう。問題は怒る時間である。

感情は、コントロールすることが大事である。

5秒間思いっきり怒ったら、冷静になると決めよう。

あまり長い時間怒っていると自分が損をする。

誰かの言動に自分の感情をコントロールさせないことを決めるのである。

自分の感情は、自分でコントロールする。

そして自信のある人は、簡単に怒らないものである。

今日から実践してほしい。

小森康充


小森コンサルティングオフィス at 23:56コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ