2013年12月18日

コミュニケーションは、直接会って話をすること。アイコンタクトが重要です。メールは最小限にしましょう。

5831cdea.jpg
ビジネスマンの皆さんへ

相手と信頼関係を構築するにはコンタクト回数が重要です。

そこで研修でよく質問をいただきます。

質問「メールはコンタクト回数に入るのですか?」

私の答えは、「入りません」と答えます。

信頼関係構築のポイントの会う回数は、

1:直接会って話をする

2:電話で話をする

3:手書きの手紙

4:メール

の順であると紹介しています。

何故なら 相手との信頼関係とは、相手の心の窓を開くことです。

相手の心の窓が開いているか閉じているか? で話法を変えていく必要があります。

直接会う、電話では、相手の心の窓の開き具合を読むことができます。

ところがメールのやりとりでは、相手の心の窓の状態がわからないのです。

メールは便利なツールですので、確認事項等に使ってもらうのはOKです。

しかしメールだけで相手と信頼関係を構築し、相手を説得することは難しい、と思います。

よってメール社会に逆行しますが、相手に影響力を発揮し、相手を説得しようとするなら、直接会って話をすることです。

アイコンタクトで相手の表情を読むことで、話の展開を変えていきます。

それができなければ、電話で話をすることです。

これが信頼関係のコミュニケーションのポイントです。

今日からメールを減らして、相手の心の窓を開くことを実行してください。


小森康充


小森コンサルティングオフィス at 12:54コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ