2014年05月14日

コミュニケーションは、アイコンタクトから。相手の顔を見て話しましょう

コミュニケーションはアイコンタクトからです。
相手の顔を見て話しましょう。

営業の仕事は、得意先と商談することですが、一番大事なことは相手の顔を見て話すことです。

私はあなたの話を聞いてますよ。ということをアイコンタクトで伝えます。

また相手の顔を見ないと、相手が話の内容を興味を持って聞いているのかどうかもわかりません。

相手の心の窓の状態がわからないのです。

このあたりまえのことが、なかなか出来ないものです。

患者の顔を見ないでパソコンばかり見ている医者、顧客の顔を見ないでパンフレットばかり見ている銀行の窓口の女性。
お互いね顔を見ないで会話している夫婦。
これでは、信頼関係はできません。

今日から相手と会話するときは、相手の顔を見て話しましょう。

信頼関係はそこから始まります。



小森コンサルティングオフィス at 12:30コメント(0)トラックバック(0)信頼関係を構築する4つのポイント | 心の窓  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ