2014年05月22日

部下との信頼関係構築は、言葉かけのコンタクト回数を増やすこと

営業管理職の皆さんへ

皆さんは、部下との信頼関係が構築できていますか?

胸を張って「すべての部下とできています」と言える人は、少ないのではないでしょうか?

私も部下との信頼関係でたいへん苦労した経験があります。

部下との信頼関係の基本は、難しいものではありません。
ひとつのポイントは、言葉かけのコンタクト回数を上司から増やすことです。

朝会ったら「おはよう」と笑顔で、上司から部下へ挨拶すること。

部下が外勤から帰って来たら「お疲れ様」「商談どうだった?」「外は暑いね」と上司から声かけしてあげること。

そのことで、部下は、「私も上司から気にかけてもらってるんだ」「期待されてるんだ」という気持ちになり、部下の心の窓が開いてくるのです。

そうすると、今度は部下から上司に色々な報告がくるようになります。

これが信頼関係の第一歩です。

上司から部下への暖かい声かけ、今日から始めてみてください。

小森コンサルティングオフィス at 22:25コメント(0)トラックバック(0)信頼関係を構築する4つのポイント   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ