2014年05月28日

タイムマネジメントの実践ポイントは、重要なことからやり始めること。トップセールスの段取り仕事術より



今日は、タイムマネジメントの話をします。

書籍「トップセールスの段取り仕事術」PHPビジネス新書 95ページに紹介しましたが、タイムマネジメントのポイントは、
1 毎日のすることリストを作成する
2 やるべき事の優先順位をつける
3 重要なことからやり始める

特に この重要なことから というポイントが、なかなか出来ないことがあります。
人は、つい好きな仕事からやり始める。
または簡単な仕事からやり始める。ていう傾向があります。

そうではありません。あくまで重要な仕事からです。

また何が重要な仕事で、何が重要でないかは、目的によって変わってきます。
今月の仕事のプライオリティ(優先順位)は、何なのか? これを上司と確認する必要があります。

残業の多い人の傾向は、優先順位の設定が上司の求めているものと一貫性がないことがあります。

Need to have (必要な仕事)と Nice to have (あればいいな)という言葉があります。

仕事は、Need to haveの仕事からやり始めましょう。

Nice to haveの仕事は、やらなくてもいいのです。

多くのビジネスマンは、この二つが、ごっちゃになっていると思います。

この質問を仕事中に自問自答してください。
「今から私がしようとしている仕事は、今日のやるべき重要な仕事だろうか?」
「今から私がしようとしている仕事は、Need to haveの仕事か?Nice to haveの仕事か?」

タイムマネジメントの実践ポイントは、一日の中でタイムマネジメントについてレビューする(振り返る)ことです。

実践してみてください。




小森コンサルティングオフィス at 22:32コメント(0)トラックバック(0)目標設定の重要性 | タイムマネジメント  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ