2014年07月22日

「言葉は、それを発する人に最も強く作用する」書籍 「スベらない商談力」より





「言葉は、それを発する人に最も強く作用する」書籍 「スベらない商談力」より

コミュニケーションとは、聞きてと話してで成り立っている。

言葉というものは、それを聞いている人よりも、それを発する人に最も強く作用する。という性質がある。

例えば、あなたが営業課長だとしよう。

部下の営業マンに今月は1000万円の売上目標を達成してほしい。

営業課長のAさんは、部下の田中さんに一方的に話まくります。

「田中くん、わかっているだろうね。今月の売上目標は1000万円だ。絶対達成だ。頼んだよ。」

営業課長のBさんは、部下の田中さんに質問をし、田中さんに話させます。

課長「田中くん、今月の売上目標は、いくらで考えてくれているかな?」

田中「そうですね。900万円くらいでいきましょうか?」

課長「900万円の根拠は何かな?」

田中「昨年が800万円ですから、これくらいかと」

課長「なるほど。しかし今月は、大型新製品があるので、積極的な目標を出すように支店長から言われているんだ。チャレンジングな目標は、どれくらいになるかな?」

田中「そうですね。1000万円くらいでいきますか?」

課長「そうだね。それでいこうか?またサポートさせてもらうからね。」

以上、どうでしょうか?
この場合は、営業課長のBさんにアドバイスされた営業マンのほうが、モティベーションがアップします。

何故なら、営業マンがキーワードをたくさん話しているからです。
課長は、質問者役に徹して、部下にキーワードを言ってもらいます。

結果的には、課長と部下が信頼関係を構築し、良好なコミュニケーションスキルを身につけていく必要があるということです。

以上参考にしてください。










小森コンサルティングオフィス at 23:27コメント(0)トラックバック(0)スベらない商談力 | 信頼関係を構築する4つのポイント  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ