2014年08月11日

産経新聞にノンフィクション作家の神立尚紀(こうだちなおき)氏の記事がありました。

2014-08-10-19-24-49

おはようございます。

昨日の産経新聞にノンフィクション作家の神立尚紀(こうだちなおき)氏の記事がありました。

彼は私の八尾高校の1年後輩です。戦争体験者の取材を通じた執筆をされてます。

著者に「祖父たちの零戦」「零戦 搭乗員たちが見つめた太平洋戦争」(講談社)「特攻の真意 大西龍治郎はなぜ特攻を命じたのか」(文春文庫)等があり、映画「永遠の0」で戦時監修を担当されてます。
NPO法人「零戦の会」会長でもあります。

彼曰く「特攻隊員たちの死は無駄死にどころか、日本を敵の本土上陸から救い、多くの国民に復興と平和をもたらした。」

国際語となっている「カミカゼ」とは何なのか?

彼の著書がその理解を深めることになるでしょう。


小森コンサルティングオフィス at 09:28コメント(0)トラックバック(0)本の紹介   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ