2014年08月16日

効果的な上長に対するレポートの3つのポイントとは?営業マンの皆さんへ

2014-05-13-11-00-32

ビジネスマンの皆さんへ

皆さんは、日々上長にレポート(報告書類)を提出されていることでしょう。

では、基本に戻ってレポートの目的とは何でしょう。今日はそれを紹介します。

レポートの3つの目的

1)ベストプラクティス(自己アピール)

自身の商談成功例、担当営業のOJT実践成功例の報告。

営業マンの自分は、この1月でこのような売上目標を達成した。OJTで部下をこのように指導し部下が育った。部下が商談成功した、という報告です。

営業は、一人で活動することが多いと思います。日頃このように営業活動してこのように良い成果を出している、というものについて、数字、レポートで上長にしっかりレポートしましょう。

2)報告事項

商談力実践のプログレスチェック表を作成。
分析するとこのようなデータが出た。
これをもとに、商談企画書を作成した。また競合他社情報をこのように収集。チームに共有しるフォーマットを作成した。
というビジネスの大きな成果ではないが、組織力強化に貢献できる活動内容の報告。

3)相談事項、承認事項

○○の活動を実施したいので上長の了解が欲しい。予算の承認がほしい。
またビジネスが進まない壁に当たっている。
どのように行動すればよいかアドバイスが欲しい。等

営業マンの皆さんのプライオリティ(優先順位)は、1→2→3。1のベストプラクティスが1番重要です。

もちろん2.3の報告もOKですが、フォーカスは、1においていただければと思います。

また際立った成果がない場合は、「ネクストステップの目標のコミットメントを報告する。」というやり方はあります。

例えば、「得意先に大きな企画提案をしましたが、○○の理由で断られました。ただ可能性はあると思います。反対意見の対処の手法を使ってこの1月で〜のアプローチをしてクロージングにもっていきます。来月成功例を発表します。」等です。

上長は、このようにやる気の高い営業に好印象を持つでしょう。他のメンバーにもアグレッシブな良い影響力を与えます。

「今月は特に成功例は、ないのですが、、」と言うのとは、大きな違いがあります。

レポートの3つの目的を意識して上長への報告をしていただくと効果的なレポートになるでしょう。

今日から実践してみてください。

小森コンサルティングオフィス at 22:44コメント(0)トラックバック(0)トップセールスの段取り仕事術 | プレゼンテーション  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ