2014年08月17日

外資系トップ営業が大切にしている6つの習慣と41の言葉」高野孝之著 かんき出版 お勧め書籍の紹介




「外資系トップ営業が大切にしている6つの習慣と41の言葉」高野孝之著 かんき出版 を読んでいる。

営業マンには、たいへん面白い勉強になる書籍です。

著者の高野孝之さんは、慶応大学卒業、日本アイ・ビー・エム株式会社入社。
IBMゴールデンサークル、IBM Japanセールス・オフィサーを受賞のトップ営業マン。その後、株式会社ピープルワールドを設立 代表取締役社長、IBMアジア太平洋地域責任者を歴任。
現在は、スマートライン株式会社社長。

トップ営業の6つの習慣とは、

1)お客様との信頼関係を築く習慣
2)社内の人間関係を育む習慣
3)自分を変える習慣
4)結果を出し続ける習慣
5)自分に投資して学び続ける習慣
6)お客様を説得する力を磨く習慣

私が勉強になったポイントは、

1)営業マンは、意識して自分から回答期限を決めて、早めに回答することが大事

2)「エミットの法則」
仕事を先延ばしにすることは、倍の時間とエネルギーを要することになる

3)営業日報こそ、上司との最も効果的なコミュニケーションツールになる

4)年下の友人をつくることが、未来の人間関係を築く

5)トップ営業マンは、自ら高い売上目標を設定する。達成できない場合もあるが、会社から与えられた目標は必ず達成する

6)「一万時間の法則」
ある能力に熟達するには、一万時間の練習が必要である

7)お客様は、論理的なイエスより、感情的なノーを優先する

8)予算、決裁者、必要性、購入時期の4点を確認して、売れるかどうか見極める

以上、著者の高野さんの実体験からの内容には、説得力がある。

「外資系トップ営業が大切にしている6つの習慣と41の言葉」高野孝之著 かんき出版 多くの営業マンに読んでいただきたいお勧めの書籍です。


小森コンサルティングオフィス at 00:16コメント(0)トラックバック(0)営業の秘訣 | 本の紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ