2014年08月17日

チーム編 「教える技術」石田淳著 かんき出版 お勧め書籍の紹介




書籍 チーム編 「教える技術」石田淳著 (かんき出版)を読んでいる。

この本は、部下を持つリーダー向けに、どのように部下を教えるか?についての手法をアドバイスしている。

「すべての成果は、行動の集積である」という考え方で、いかに部下の行動変革を促すか?というポイントで説明されている。

著者の石田淳さんは、社団法人行動科学マネジメント研究所所長、日本の行動科学マネジメントの第一人者。

現在は、日本全国の人材育成、組織活性化に悩む企業のコンサルティングをはじめ、社内研修を行いビジネスに加え教育、スポーツの分野でも活躍されている。
日経BP「課長塾」の講師でもある。

本書で私がチェックしたポイントは、

1)「望ましい行動」が継続できない2つの理由は、望ましい行動のやり方を知らない、継続の仕方を知らない

2)「行動科学マネジメント」は、人間の行動を科学的に研究する行動分析学をベースにしているマネジメント手法です

3)行動を継続させる手法に「強化」という手法がある。これは、「自分が行動した直後に何かメリットがあると、その行動を自発的に繰り返す」という人間の行動原理を利用した仕組みである

4)上司は部下の長所を見ないといけないが、多くの上司は部下の欠点ばかり見ている

5)部下が上司に本音を言わない理由の第一は、上司が喋りすぎていることである

6)行動の強化は、60秒以内に行うことが理想であるが、大人の場合は、2週間以内であれば有効である

7)若い世代は、「認めて欲しい」という承認要求が非常に高いという特徴がある

8)「信頼するということは、リーダーを好きになることではない。つねに同意できることでもない。リーダーの言うことが真実であると確信を持てることである。
それは、真摯さという誠に古くさいものに対する確信である。」(ピーター・ドラッカー)

チーム編 「教える技術」石田淳著(かんき出版) 部下を持つ多くのリーダーに読んでいただきたいお勧め書籍です。


小森コンサルティングオフィス at 16:33コメント(0)トラックバック(0)人を育てるには | 本の紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ