2014年08月17日

「たった一度の人生は好きなことだけやればいい」東大卒 ポーカー世界チャンプ 成功の教え 木原直哉著 お勧め書籍の紹介





「たった一度の人生は好きなことだけやればいい」東大卒 ポーカー世界チャンプ 成功の教え 木原直哉著 を読んでいる。

著者の木原直哉さんは、1981年北海道生まれ、プロポーカープレイヤー。
2012年第42回世界ポーカー選手権では日本人として始めて世界選手権に優勝。
世界1のポーカーオンラインサイト「ポーカースターズ」と専属契約。
現在はトーナメントに参加しながら、ポーカーの普及に活動している。

本書のメッセージは、たいへんシンプル、「好きなことをすれば、幸せになれる。」

ポーカー世界選手権のチャンプとして4000万円もの賞金を獲得した努力には、多くの秘訣があり、そのスキルを紹介した内容かと思いきや、まったく違った。

私がチェックしたポイントは、

1)世界で一流になるには、自分に合う分野を見つけること。そして、超一流を目標にすること

2)情報を集める前に動くこと。失敗してもいいので行動を起こすことが大事

3)ポーカーにも人生にもセオリーはない

4)自分の頭で考え抜けるかが勝負を分ける

5)何事もミスなく完璧にこなそうとする必要はない

6)ポーカーで勝つために必要な要素は、観察力、記憶力、運、経験値、論理的思考力

7)トレーニングしなければ、論理的思考力は身につかない

8)ポーカーが上手くなるには、ひたすらポーカーをプレイし経験値を積むこと以外にない

9)明日超えるべきなのは今日の自分自身であってライバルではない

10)ルール外であっても、他人の気持ちを考えて行動する。けれども、他人のルール外の言動に対しては寛容に受け入れる

11)成長実感があると努力が苦痛でなくなる。自分で成長実感を得るには、なんらかの記録をつけるとよい

12)勝つためのマインドセットは、より得意なこと、より好きなことに挑戦すること

13)人生の目的とは、自分が幸せになること

14)真の成功を勝ち取るためには、社会の常識や周囲の声に流されず、自分でしっかり考えて選択すること

15)もっと大きな成功や、一流の世界を目指したいと思っている人なら、勇気をもって常識や世間に背を向け、自分のやりたいことに挑戦すべきだ

以上、著者の木原さんのメッセージは、たいへんわかりやすく明快です。

社会や世間体に囚われて、やりたいことをやらないから充実感を得られないのだ。
他人から何と思われようが、やりたいことをやる。それが人生だ。

「たった一度の人生は好きなことだけやればいい」東大卒 ポーカー世界チャンプ 成功の教え 木原直哉著

多くのビジネスマンに読んでいただきたいお勧めの書籍です。





小森コンサルティングオフィス at 22:24コメント(0)トラックバック(0) | 成功  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ