2014年08月20日

プレゼンテーションの時の参加者からの質問への対処の方法とは?

2014-07-22-16-34-06
プレゼンテーションの時の参加者からの質問への対処の方法とは?

皆さんは、会議でプレゼンした時、「質問はありませんか?」と聞いて、質問が出た時にどのように対処してますか?

今日は、4つのステップを紹介します。

質問への対処の方法

ー遡笋瞭睛討鰺解する
必要に応じて確認、解釈する

⊆遡笋紡个垢襯灰瓮鵐箸鬚垢
「ご質問ありがとうございます。良い質問ですね。」「難しい質問ですね。」等

質問の答えを考える
答えがわからないのに、話始めることは避ける。今から自分が答える内容を自分が理解していることが大事

ぜ遡笋謀える
「はい/いいえ/わかりません」
完結に答えること

または事態の現状説明をする
事実、意見によるサポートをもらう
答えを要約して確認すること

以上が、効果的な質問への対処の手法のポイントです。

今日から実践してください。



小森コンサルティングオフィス at 00:03コメント(0)トラックバック(0)プレゼンテーション   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ