2014年09月27日

正直誠実な態度は、相手の目を見て話をすること。今日から ながらコミュニケーションはやめましょう。

ビジネスマンの皆さんへ

正直誠実な態度は、相手の目を見て話をすること。
ながらコミュニケーションは、やめましょう。

私の失敗例を紹介します。
営業所長時代、急ぎの企画書をパソコンで打ってました。

部下の若い営業が「小森さん、今お話してもよろしいですか?」と私の席に着ました。
私は、パソコンを打ちながら(見ながら)、「何?話していいよ」と言いました。

そのまま30秒ほど話がないので、振り向くと部下は、そこにいませんでした。

後で別のルートから話を聞くと、この部下は大事な話を上司の私にしようと思い準備をして来たそうです。

ところが、私がパソコンを打ちながら、ながらコミュニケーションで話を聞こうとしたため、部下の心の窓が閉じてしまったのです。

これが私の失敗例です。

部下の話を聞くときは、部下の目を見て話をする。

この基本をしっかり実践すること。

これが信頼関係、正直誠実な態度です。

これは、部下に限らずすべての方に実践していただきたいと思います。







小森コンサルティングオフィス at 07:34コメント(0)トラックバック(0)信頼関係を構築する4つのポイント   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ