2014年12月07日

「結果は行動の一部である」マネジメントの5ステップのコミットメントの獲得より

2014-06-23-08-47-40


営業管理職の皆さんへ

「結果は行動の一部である」という言葉があります。

私はこの言葉をよく思い出します。

少し厳しい言葉ですが、そのとうりだと思います。
よく「頑張れば結果が出なくてもしようがない」「結果達成は無理でも頑張ればよい」ということを聞きます。
この言葉には、甘えがあります。

つまり結果が達成されないということは、「頑張りが足りなかった」ということです。

例えば、あなたは営業管理職です。
売上目標が100%達成できたということは、100%達成する行動を起こせたということです。

残念ながら90%の達成率で10%目標に足りなかったとします。それは90%の達成率になる行動を起こしたということです。

あくまで100%達成する行動を起こすこと、そこに集中する必要があります。

管理職研修でマネジメントの5ステップ(添付ストーリーマップ)を紹介しています。
その5つ目「部下のコミットメント(決意の度合い)を獲得する」というポイントがあります。

テキスト書籍「リーダー3年目からの教科書」

上司の与えた目標に対し部下が「何がなんでもやってみせる」という気持ちでないとなかなか100%の目標達成はできないかと思います。

コミットメントの段階は5つに分かれます。

最高ランク5:何がなんでもやってみせる
4:努力して頑張るぞ
3:できるかもしれないな。とりあえずやってみよう。
2:できたらいいけど努力はしたくない
1:興味がないのでやらない。

管理職の重要な仕事は、この部下のコミットメント(決意の度合い)を5にもっていくことです。

そのためには、管理職自ら頑張って5のコミットメントをもって仕事にあたる必要があります。

「結果は行動の一部である。」この言葉を参考にしていただき、自らのコミットメントを最高ランクに引き上げていただき、仕事の目標を達成いただきたいと思います。




小森コンサルティングオフィス at 19:27コメント(0)トラックバック(0)マネジメントの5つのポイント   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ