2015年01月12日

建設的な評価方法、効果的フィードバックの与え方とは?

マネージャーの皆さんへ

皆さんの重要な仕事の一つは、部下に対して建設的な評価、フィードバックを与えることですよね。

では効果的フィードバック(部下の仕事を振り返ること、評価の理由を説明すること)のポイントとは何でしょう?

建設的フィードバックを実施するには、フィードバックを受けるプロセスと与えるプロセスの2つがあります。

フィードバックを受けるプロセスでは、自分の仕事のやり方、結果に対して他者がどう考えているかについての情報を得て、自分の考えと何が同じで何が違うのかについて知ることが目的です。

またフィードバックを与えるプロセスでは、部下の仕事のやり方、考え方を変えるための情報を与えることが目的です。

建設的な評価を実施するには、フィードバックを受ける側(部下)と与える側(上司)の双方が前向きな態度であることが大切です。

受ける側は、自分の行動を改善したいという意欲がないといけません。
また与える側は、熱意を持って相手の話を聞いて、受ける側のニーズに合致することを伝えるように心がけることが大切です。

以上心がまえとして、実践してみてください。



小森コンサルティングオフィス at 23:58コメント(0)トラックバック(0)フィードバック   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ